クルミド出版のブログ

クルミド出版のブログ

カフェからはじまった出版社
100年読み継がれる本をつくりたい

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
こんにちは。
暑い日が続いていますね。
お変わりありませんか?

さて、今週末、東京・神保町の三井ビルディング&テラススクエアで開催する「活版TOKYO2017」に、クルミド出版・クルミドコーヒーが出店します!

7/14(金)~16(日)の開催期間中、クルミド出版・クルミドコーヒーの出店は、7/15(土)・16(日)です。

今回は3部門に分かれます。

①クルミド出版(神保町三井ビルディング)

{D5FEF3C6-30E7-46FA-842A-20B1681F6A59}

{B16A24A8-E68C-4060-B8F5-A94194E8906F}


クルミド出版の作品のうち、活版・樹脂凸版で印刷をした、作品集『月の光』、『やがて森になる』(小谷ふみ著)を中心に、全タイトルの展示と販売をします。



②クルミドコーヒー(テラススクエア)

クルミドコーヒーの珈琲とジュースを販売します!
ひと休みしたい時にぜひコーヒー




③新作短編集「喫茶の文体」製本コーナー ←NEW!!
(テラススクエア)

今年のテーマ「喫茶店」に合わせた、書き下ろし10タイトルの短編から、好きな作品数編と表紙・見返しをお選びいただきまして、こちらで製本します!

{0243A77B-CB63-4399-8B2E-6694E707DEF0}


~製本までのみちのり~

1)80ページの組み合わせとなるよう、お好きな作品をお選びいただく。

 <8ページ>
 ・『喫茶店の時間』影山知明
 ・『喫茶センチメンタル』みうらゆみ
 ・『喫茶考断片集Ⅰ』今田順
 <16ページ>
 ・『ぐっくり腰』古川誠
 ・『コーヒーで表現すること』髙井智之
 ・『残り香の秘め事』ひなのさき
 <24ページ>
 ・『レモンアイス』文◎小崎彩子 絵◎キセサクラ
 ・『シャッター商店街の小さな奇跡』山口倫可
 ・『珈琲喫茶つばめ』山内たま
 ・『虹の喫茶店』坂本浩史朗

8ページの作品は200円、16ページ・24ページの作品は300円。
単品でお買い求めいただき、そのままお持ち帰りいただくこともできます。

2)選択した作品の順番をお決めいただく。

3)表紙・見返し(各4色)をお選びいただく。

4)製本のお申し込み。(1冊 1000円)
  ※1時間ほどお時間をいただきます。
   背表紙には、活版で印刷したタイトルを貼ります。

5)できあがり。

印刷は藤原印刷さん、当日の製本は本づくり協会・本づくり学校の修了生の方々にもご協力いただくことに。(ありがとうございます!)

初の試み、どうぞお楽しみに!

(クルミド出版・こじま)


テーマ:

―――――――――――――――
 穏やかに進む者は安全に進む
 安全に進む者は遠くまで行く
―――――――――――――――
 
「ともに日々を丁寧に生きていきたい大切な人たちがいるのに、旅に出るのはなぜだろう。思えばエジプトでエゼキエルというマサイの長老と出会ったのは、もう1年以上前のことでした」
 
土と草で覆われるマサイの大地を歩く6日間。その道はかつて130年前、一人のスコットランド人が歩いた道だった。空間と時間を超えて届く、草原からの手紙。読み終わるあなたの胸に去来するのは、愛する人への想い?、それとも冒険心?


 

どうもこんにちは。
クルミド出版の影山です。
 
『10年後、ともに会いに』の発刊から4年
寺井暁子さんの新刊
『草原からの手紙』ができあがりました。
 
今回、そのお披露目のイベントを
紀伊國屋書店 新宿本店さんで
開催させていただけることになりました。
 
著者の寺井さんと
編集・発行の自分(影山)とで
制作秘話、この本にこめる思いなど
お話させていただこうと思います。
 
-------------------------------------------
『草原からの手紙』刊行記念
 寺井暁子✖影山知明トーク・サイン会
-------------------------------------------
 
日時:2017年1月25日(水)
   開場 18:45 / 開演 19:00
場所:紀伊國屋書店 新宿本店 8Fイベントスペース
参加費:無料
お申込み:ご予約不要
 
◯イベント詳細:紀伊國屋書店 新宿本店 Webサイト
○本の詳細:クルミド出版 Webサイト

ちなみに今回
しおり紐はケニア産の牛革を…。
(マメ情報)
 
みなさまにお会いできますこと
楽しみにしております!


テーマ:

こんばんは。クルミド出版のこじまです。
ブログをだいぶご無沙汰してしまいました。
すっかり冬ですね。風邪などひいていませんでしょうか。


さて、本日は新刊のご案内です!!

2017年1月12日、クルミド出版の書籍として5冊目の、

「草原からの手紙」(寺井暁子 著)

を発刊いたしました!

まずはクルミドコーヒー店頭、クルミド出版Webサイトにて。
 

そして本日、1月20日から、一般販売も開始しています!

これまでクルミド出版の本をお取り扱いくださっていた
ご協力店舗を中心に、ご案内をし、ご注文いただき、
発送して・・・と個別に準備を進めています。

 

また、この先いくつかのイベントもございます。


【1】1/22(日)文学フリマ京都 出展

■日時:1/22(日)11:00~16:00
■会場:京都市勧業館 みやこめっせ 地下第一展示場
■ブース:い-24
■詳細:文学フリマ公式サイト「第一回文学フリマ京都」
■WEBカタログ:クルミド出版 

クルミド出版の全ての本を持っていきます。
関西方面の方にとっては、新刊「草原からの手紙」をいち早く
お手にとっていただける機会になるかと。
お気軽にブースにお立ち寄りいただけたら嬉しく思います。


【2】1/25(水)紀伊國屋書店新宿本店 
     『草原からの手紙』刊行記念 寺井暁子×影山知明トーク&サイン会

■日時:1/25(水)19:00~
■会場:紀伊國屋書店新宿本店 8階イベントスペース
■詳細:新宿本店 イベントに行こう・特集
     クルミド出版のブログでも別途ご紹介しています。


【3】2/2(木) クルミドコーヒー 刊行記念イベント

■日時:2/2(木)19:30~
■会場:クルミドコーヒー
■詳細:決まり次第、別途ご案内します。


【4】2/10(金) Takram Academy

■日時:2/10(金)19:00~
■会場:表参道 Takram Meeting Hub
■詳細:決まり次第、別途ご案内します。

 

それぞれ、お近くの方、ご都合があいます方は、ぜひ。

 

お待ちしています!


テーマ:

こんばんは。
クルミド出版のこじまです。

 

遅ればせのご案内ですが、クルミドコーヒーではいま、
階段脇のクルミド出版コーナーで、既刊本の
「月1展示企画」を行っています。

 

出版社だけど、お店(カフェ)がある。
「もっと、カフェから始まった出版社らしい本の届け方が
あるんじゃないか」と、クルミドコーヒー&出版の
メンバーで考え、「月1展示企画」を始めました。


 クルミドコーヒーのブログでもご案内しています。
 http://ameblo.jp/kurumed/entry-12211205947.html 


さて、11月の月1展示は「りんどう珈琲」(古川誠・著)。
 
その企画の一環として、土曜日の夜の時間、
クルミドコーヒーが「喫茶・りんどう珈琲」に変身します。
 

【りんどう珈琲ナイト~毎週土曜の夜は、りんどう珈琲に~】

 

①日替わりでマスターが立ちます。 
 11/12(土)第一夜 マスター:今田(挿絵)
 11/19(土)第二夜 マスター:古川(著者)
 11/26(土)第三夜 マスター:影山(発行人)
 12/3 (土)第四夜 マスター:古川(著者) 
  *いずれも19:30~22:30(22:00ラストオーダー) 

 

②クルミドコーヒーのスタッフ、高井さんが、
「りんどう珈琲ブレンド」を作ってくれました。
(杯数限定となりますこと、ご了承ください。)

 

③BGMが変わります。
りんどう珈琲で流れているボブ・ディランだったり、
Caravanや曽我部恵一など日本語の歌詞の曲が流れてきたりします。


④その他にも店内に変化が。(お楽しみに!)


すでに本をお読みになった方も、そうでない方も。
【りんどう珈琲ナイト】の本と珈琲、ぜひご賞味ください。
 


テーマ:
こんばんは。クルミド出版のこじまです。

9月15日の十五夜、いかがお過ごしでしたか?

「月より団子」と予報された東京でも、
雲間から月の光がこぼれる、とてもよい夜となりました。

クルミドコーヒーを会場にした、─中秋の名月に「月の光」を読む─には、
9人の方がご参加くださり、小谷ふみさんお手製のお月見団子とともに、
作品集「月の光」を味わいました。

クルミド出版発行人の影山さんによる、ヴェルレーヌ、ドビュッシーの解説。
1925年に発刊された堀口大學訳「ヴェルレエヌ詩集」。
出版チーム大西くんの朗読による、堀口大學訳「月の光」。
出版チーム三好さんの朗読による、小谷ふみ訳「月の光」。

そして、影山さんの弾くピアノ、ドビュッシー「月の光」26小節。
参加者のSさんが奏でた、即興のピアノアレンジ。
それぞれの言葉で語られ、さまざまな道具で描かれた「月の光」。

ひとつの作品から、また新たな作品が生まれる。
「芸術」は限られた一部の天才のものではなく、誰もができる表現活動なのですね。
「芸術の連鎖」の中に身を置く事ができた、とても豊かな時間でした。

音や絵で表現する術を持たないわたしは、この夜のこと、文字にしてみました。
でも、できないなんて思わずに、表現することに挑戦したい、とも思いました。

140年を超える時を経て。
あなたなら、どんなメロディを奏でますか。
どんな絵を描くのでしょうか。

---

{F07D6EDA-B48C-4D90-8B86-6029FA92DE62}
ヴェルレーヌの詩について。


{54337A07-10BF-42D5-AA38-25D9D7DEA8E2}
1925年 堀口大學訳「ヴェルレエヌ詩集」


{79F26FC4-117D-4B56-952E-B42B9161BABF}
色鉛筆、クレヨンなど、さまざまな画材が。


{45B371A4-3314-4B33-B58A-97D15590D52F}
墨汁と筆。思い思いに表現された「月の光」。
一部はクルミドコーヒー店頭に展示しています。



Ameba人気のブログ

Amebaトピックス