XL1200Xとオーディオ

テーマ:
雨の納車となりましたが、新しいオーナーのもと楽しいバイクライフを!!

そんな中、話はまったく変わりますが、ちょっとびっくりしたオーディオの話!

音楽を聴くということに若いころから多少凝っていまして、アンプやスピーカーやらミドルクラスの良い音作りに取り組んできました。

5年ぐらい前のロッドショーでアワードのご褒美で自分に買った1989年製sansui AU-X1111MOS VINTAGE という日本メーカーがオーディオに本気でお金をかけることが出来てた時代(バブル期)のモデル。フルOH済みで30万弱

が壊れたのです。。
ちなみにこれ
35キロぐらいある。

おそらくちょっとした修理でいけるはずなのですが、音が広々と鳴っていた空間で長いこと仕事をしているので、今更ちょっとしたPCスピーカーとかでは満足できない耳になってまして、(仕事中のテンションが全然違う) とりあえず何かないかと探しまくって、とりあえず機のつもりで買ったのが、ケンブリッジオーディオのTopaz AM5

Amazon で17729円。正直心配になるぐらい安い。

以前LUXMANが壊れたときに最新のアンプも凄いぜ!とオススメされMarantzのDACが付いているのを買って2ヶ月で売った記憶があるのだか、これはレビューがちゃんとしていたというか、ちょっと面白そうだな〜と凄く迷って購入!!
それがこれ!
まぁなんときゃしゃなこと。。
と、まったく期待をせずに音を鳴らしたら、なんかバランスが悪い!と思ったらホントに左右のバランスが悪かった。。ツマミの調整を直していざ視聴!

おいおい、ホントにこれが新品で2万円しないエントリーアンプなのか?!と本気で驚いている!!慣らしが終わったらもっと良くなるハズ!

時代なのか?メーカーの力なのか?ケンブリッジオーディオ、名前は以前からカッコいいと思っていたが、音もカッケーよ!!

次はケンブリッジのもっといいモデルを買ってみたい!

趣味の話でした〜。