2006-08-16

五山送り火

テーマ:車窓から京都

8月16日、五山送り火。  お盆に迎えた精霊を送り、無病息災を祈ります。

去年のこの日、たまたま夕刻に出町柳を通ったのですが・・・
点灯までにあと数時間はあるというのに、既に大勢が三角州に陣取っていて驚いてしまいました。

五山の点灯時刻は、20:00 ~ 20:20。  この間に一応は時間差攻撃になっているのですが、
歩行者天国などの交通規制が入る為、「車窓から順次巡回」 という訳にはいかない模様。 (^_^;

一方、高い場所から見ようと考えるのは誰しも同じ?
だからそれほど数は多くない各高層ビルの屋上も、例年黒山の人だかり!
実際にこの目で見物するには、どちらにしてもかなりのパワーが要るようです。
「除夜の鐘・往く年来る年」 みたいな感じの実況生中継がないのが残念でなりません。 (笑)

送り火が過ぎれば社会人の短い夏休みは終わりを告げて、明日からはまた日常が戻ってきます。
さぁ、また頑張っていきましょ~♪ (^-^)
この日、お墓参りもしました♪
AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2006-06-24

犬矢来・駒寄せ

テーマ:車窓から京都

上の写真は、御池から富小路を下がったところにある 「料理旅館・天ぷら 吉川 」 さん。

随分前ですが同窓会で軒をくぐったことがあります。
その節はどうもお世話になりました。  美味しかったです。  ご馳走さま♪

私は犬矢来のある京都の街並み・風景が好きです。
アスファルトの車道であることが残念だったりもします。
クルマ乗りのくせにねぇ。 (^_^;


 犬矢来 ( いぬやらい ) :

  お茶屋さんや料理屋さんの壁際 ( 建物の犬走りと呼ばれる所 )
  に置かれる竹で組んだ矢来のようなもの。

  設置目的は、実は 「雨宿りご遠慮下さい」 というものだそうです。
  これは案外と知られてないのでは?

  お客様の大事な密話が、万一雨宿りの人に立ち聞きされでもしたら、
  料理屋さんにとって信用問題にもなりかねないのです。

  市井と個人とを区別する昔の人の知恵だったのかも知れませんね。



 左の写真は、「懐石・宿 近又 」さん。

 このような感じのものは 駒寄せ と呼ばれています。
 同じく京情緒あふれた姿は、見る者を和ませてくれます (^-^)

この風情、いつまでも残して欲しいですね♪
AD
いいね!した人  |  コメント(24)  |  リブログ(0)
2006-04-30

稲荷祭 - 巡幸

テーマ:車窓から京都

今日は神輿を担いだクルマ屋です。

ヨイ・ヨイ・ヨイ・ヨイ。  ほいっとぉー!ほいっとぉー!ほいっとー!ほいっとぉー!

お稲荷さんの神輿には、先棒に 「鳴り鐶 ( なりかん ) 」 というのが取り付けてあって、
千鳥かつぎ の上下の反動で鈴の音のような シャン・シャン という音が出るのです。

「千鳥かつぎ」 というのは、腰を折らずにチョイチョイと交互に足を蹴り出しながら進みます。
上手な人が型通りに決めると、鳴り鐶が小気味良く鳴り、威勢があるだけでなく優雅です。
参加3年目の私には、まだまだ難しいですが・・・ (^_^;

しかし上手な人 = 祭りにどっぷりはまっている担ぎ手は、出立からして違いますね。
密かに観察したところでは・・・
 1) 白地下足袋 ( 紐付き12枚コハゼ・刺繍入り )   ← 紐付きというのが重要
 2) 手甲 ( 有志一同で揃えた刺繍入り )   ← 忍者用リストバンド? w
 3) 木札   ← 和風ネックレス 妙にいなせに感じるから不思議♪
 4) 和風煙草入れ
この4点セットを判で押したように持っておられます!
クルマ屋も欲しい欲しいと思っているのですが未だにどこで入手したらいいのか分りません。。

神輿の真下の、地味で無茶苦茶しんどい場所のことを 「猫下」 と呼びます。
まさに縁の下の力持ち!  交代も少なく他の位置より汗まみれになるのですが・・・
そこで頑張ればその1年間は、稼業安泰・商売繁盛の御利益があるそうです♪ o(^-^)o
ハイ、猫下で頑張りました♪ w
AD
いいね!した人  |  コメント(21)  |  リブログ(0)
2006-04-09

水面に映ろふ夜桜♪

テーマ:車窓から京都


上の画像は、「平安神宮 紅しだれコンサート」 。  池の鏡が映し出す満開の桜が幻想的♪

実はこの題材は、昨年同時期に書いた記事 「桜舞い散る京都」 に端を発しています。
日記をつけることで自らの趣味趣向が、水面 ( みなも ) に反射する姿を好むのを知ったのでした。
以来切磋琢磨し一年越しの想いが結実!  自前映像で御紹介出来るのが嬉しいです。 (^-^)

しかし今回の件は元々計画してのことではありませんでした。。
桜の見頃を迎えた今週末、天候に恵まれたこともあり、市内各所はどこも賑わいをみせるなか
二月三月、忙しさの余り京都の話題を一つも取り上げることが出来なかった私は、この機会に
せめて家からそれほど遠くない定番清水寺の夜桜でもと思い立ち、クルマで出発したのです。

川端五条を東に曲ったのは、まだ夕闇迫る5時台のこと。
夜景とライトアップされた桜を愛でるにはちょうど良い頃合と心弾んだのも束の間・・・
午後6時を過ぎどっぷり日が暮れても、東山通りに到達することすら出来ませんでした!!
どうやら考えることは皆同じだったようです。 (^_^;

急遽予定を変更し、道空く方向に身を任せていくと岡崎・平安神宮あたりに辿り着いていました。
先程までの喧騒が嘘のよう。  そんな中、まばらな人影が向う先を目で追うのは自然なこと。
奇しくも紅しだれコンサートの開催を発見し、今回の記事と相成った次第です。 (笑)

         

上の写真は、平安神宮南神苑で同時公開されていたサクラです。
この日、日曜日のコンサート奏者は、山本公成&フレンズ ( ソプラノサックス 他 ) でしたが、
次回来年の開催時、純粋にBGM付きの夜桜を楽しむ気持ちで訪れられてはいかがでしょう。
そういう観点では非常な穴場ポイントかも知れませんよ♪ o(^-^)o
来年も行きたいですね♪
いいね!した人  |  コメント(19)  |  リブログ(0)
2006-01-15

女子駅伝 京都優勝♪

テーマ:車窓から京都
第24回全国都道府県対抗女子駅伝 
西京極競技場から国際会館まで往復 42.195km 

お昼過ぎ、たまたま西大路通をクルマで走ると
警察官が多数出動しており、路駐車が見事にゼロ。
片側2車線道路がとても広く感じてしまいました!

沿道は小旗を持った大勢の観衆で埋っていたので、
後を振り向くと数百メートル彼方に露払いの白バイ!
どうやら選手通過直前、滑り込みセーフのようでした。

「あの小旗を貸してもらって一緒に声援送りたい!」
と咄嗟に思い、路地に車を停めたくなりました。
実際には停まらなかったんですがね。。 (^_^;


ドライバーにとっては、交通規制は少し迷惑ですが
自分の住む街で大きな大会が催されるというのは
日常に変化ができ、まんざら悪くもないですよね!
しかも地元の京都勢が強豪とあっては尚更♪

京女と言えば、美人薄命のイメージがあるのですが
いえいえどうして。 かなり侮り難いようです。。 ww

第23回・第24回は京都が連覇しました!!
優勝タイムは、2時間15分26秒。
これは全大会歴代2位の好タイムだそうです。 京都チームの皆さん、お疲れさまでしたぁ~ o(^-^)o
京都!チャチャチャ♪ w
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2005-11-16

京都迎賓館

テーマ:車窓から京都

上の写真は、京都迎賓館の庭園風景。
本日、ブッシュ米大統領と小泉首相がここで会談したんですね。

私は勿論、新しく出来た迎賓館の中に入ったことなどはないので、
どんな所なのか非常に興味が湧いて、あちこち検索してみると素晴らしいHPがありました!

(株)安井杢工務店 創業 元禄元年 ( 1688 )
京都迎賓館の建築を請負われたようで、内部の様子が素晴らしいフラッシュ映像で公開されてます。  必見♪

「建設に当たっては、数寄屋大工、左官、作庭、截金など、数多くの伝統的技能を活用し、京都を代表する
伝統技能者の技が生かされている」 と謳うだけあって、300年以上の歴史ある老舗が精魂こめて造ったのでしょう。

皆さんは 「もく(杢) ・ もくりょう(木工寮) 」 という言葉をご存知でしたか?
「律令制で、宮内省所管の官司。宮中の造営および木材の準備をつかさどる役所」 を意味するそうです。
私はお恥ずかしながら全く知りませんでした。  

巧みの技、精神は大いに見習いたいと思いつつ、しばし時間を忘れて映像を拝見させていただきました。 (^-^)


追記 :
11月17日午前0時、無事に日付更新。
旋風を巻き起こしたブッシュ夫妻御一行でしたが、京都の地には何事も起こりませんでした。
良かった。よかった。  ほっと胸を撫で下ろしましたぁ♪

Web拍手のつもりでクリックしてねぇ~♪
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2005-11-01

夜の特別拝観 続々

テーマ:車窓から京都
世界一大きな絞り几張
素材は丹後ちりめんで、高さ 2.5m × 幅 6.0m

右の写真は、京都絞り工芸館 で現在公開されている絞り几張。

京の絞り職人衆 40名が、2年もの歳月をかけた力作!
八坂の塔から高台寺、知恩院、永観堂までの紅葉をライトアップ
した風景が見事に京鹿の子絞りの技法で表現されています♪
( 12月25日迄 AM10~PM5  入館料 500円 )

これはひと味違う趣向の京の紅葉でありますが、本物の紅葉が見れる時期もすぐそこ。
紅葉の名所と言われる各寺院では、そろそろ夜の特別拝観が始っているみたいです。 o(^-^)o

紅葉の染まり具合や発色は、気温と密接な関係にあると聞いたことがあります。
キュッと適度に冷えた年の方が綺麗になるというから不思議ですよね。

そうだ、京都へいこう?  おこしやすぅ~♪ www   都大路には観光バスが増えてきました。

いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)
2005-10-10

元離宮二条城

テーマ:車窓から京都


上の写真は、二条城の庭園内風景。  ( 今現在は、まだこれほどの紅葉ではありません。 )

実は本日、二条城前を偶然クルマで通って耳寄りな情報を仕入れたのでお知らせします。

「二条城築城400年記念 展示・収蔵館」 開館
10月10日 ( 月・祝 ) ~ 11月30日 ( 水 )


興味のある方は 元離宮二条城公式HP をご覧下さい。

二条城は、慶長8年 ( 1603年 ) 、徳川将軍家康が、京都御所の守護と将軍上洛のときの宿泊所として造営し、
3代将軍家光により、伏見城の遺構を移すなどして、寛永3年 ( 1626年 ) に完成したものだそうです。

2005年の今年、どうして400? という細かい突っ込みは無しで。。 (笑)

実は私は、有名なキュッキュと鳴る廊下を歩いたことがないのです。
この機会を捉えて、話しのタネに行ってみるのも良いかも知れませんね♪

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005-09-25

嵐山・高雄パークウェイ

テーマ:車窓から京都

今日は連休最後の日ということもあり、久しぶりに 嵐山・高雄パークウェイ までドライブ。
市内とは、ほんの僅かな標高差なのですが思ったよりも肌寒く、秋の訪れを感じました♪

愛犬クーちゃんをドッグランで遊ばせてあげたのですが・・・
偶然同じ犬種のセッターがおり、顔立ちまで瓜二つだったのでかなりビックリ!
もしかすると従兄妹だったりして。。 (^_^;

あちらは少しお姉さんで3才くらいとの事でしたが、お腹や足の毛がかなり伸びていました。
でも1・2才くらいまでは、クーちゃんと同程度の毛並みだったので将来伸びるでしょうとの事。
ほよよぉ~という新発見の一日でもありました。 o(^-^)o


パークウェイは有料道路で、
二輪車 800円 / 軽・小型普通自動車 1150円

フラワーパーク 「コスモス園」 ( 10月下旬まで ) や、
上記のドッグランは入園無料になってます。
保津峡展望台では、保津川下りの舟を見れるかも♪

春の桜や秋の紅葉シーズンは、それだけでも中々の見応えあり!
お勧めのデートコースだったりしまぁ~す。 

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2005-08-21

地蔵盆

テーマ:車窓から京都
この土日、京都では地蔵盆がありました。

地蔵盆とは京滋ならではの行事で、本来は地蔵菩薩の縁日の23・24日
なのですが、最近では前後の週末に行う自治会が増えているようです。

普段は地味で目立たないお地蔵さんですが、それらがすべて、
この日ばかりはテントまで設営されて、紅白の提灯などで飾られます。
車窓から眺めていると 「あっ、こんな所にも」 という発見があったりします。

幼い頃は単に、当て物大会・金魚すくい・お菓子を貰える日と思っていました。
しかし哀しいことに、中学生になってしまうと対象から外れてしまうのですよ!
理由は、「お地蔵様は子供の守り神だから」 なのですが、ちょっと寂しかったかも。。

以来長じてから今に至るまで無縁な行事ともいえるのですが、この記事を書いていて、
翌年まで生き残って大きく育った金魚のことなどを懐かしく思い出してしまいましたぁ。

ゆっくりゆっくり、また夏が過ぎていこうとしていますね。。
そういえば 私が磨いた蝋燭立て は活躍したのでしょうか? o(^-^)oワクワク

いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。