燃圧計 | クルマ屋 奮闘記

燃圧計

      

上の画像は、昭和55年 ( 1980 ) いすず 117クーペ PA96 、 燃圧モニター中の風景です。

実は2ヶ月ほど前のこと、「月に数回、走行中に突然パワーダウンしてエンスト。」 との相談を受けていました。
再始動は可能なんだそうですが、アイドリングが暫らく安定せず、何かの拍子に突然正常に戻るのだそうです。
ご本人はどうも燃料がいってないような感じがするとおっしゃっておられましたが、それに対する私の回答は・・・・・
何よりも重要なのは、症状の再現! 残念ながら現状ではあらゆる系統の可能性を捨て切れません。」
という、少し冷厳すぎるようにも受け取れる言葉でした。  しかしこれは真実なのでどうしようもないと思うのです。。

ガソリンエンジンの3大要素は、「良い火花」 「良い圧縮」 「良い混合比」 。

これらは旧車・新型車どんなエンジンでも不変の基本要素。
エンジン不調の点検診断とは、多かれ少なかれ消去法による地道な絞り込み作業であると考えて間違いないでしょう。
エンジンが全く問題ない状態の時に幾ら方々を調べてみても、出てくる答えは必ず 「正常」 。
消し込んでゆく具体的な方法としては、不具合発生時にその系統が正常であることを確認出来るのが最良なのです。
症状の再現が重要な理由は正にここなのですが、月に数回程度の発生頻度ではそれ自体が困難になってきます。。

しかし10日に1回といえどもエンジン不調になることがあるクルマでは、おちおち安心して乗っていられないのが人情。
必然的な流れとして、確証を得ないまま推定整備することになり、費用を投じてみたものの直らないという地獄に?!



このような困った症例の時に、素晴らしい威力を発揮してくれるのが 燃圧計 です!

燃圧に深く関っているのは、単にフューエルポンプだけに限らず、ポンプリレーに代表される電源系統全般や、
燃料タンク内の異物、フューエルフィルター、プレッシャーレギュレーター、リターンホース目詰まり等など。
これら多くの項目を一気に消去出来るか、はたまた逆にその中に限定されるのか?
指針をモニターしているだけで、数少ない一瞬のチャンスを逃すことなく簡単に診断可能にしてくれる優れ物♪

このケースでは丸3日、燃圧計を取り付けたままの状態で、暇をみつけてはエンジン君をなだめすかしてみた結果、
やっとこさ不具合現象に遭遇し、取り沙汰されていた燃料系統の大半をバッサリ斬ることに成功したのでした。 (^-^)


 左の画像は、26年前に製造された
 古式ゆかしいエンジンECUの中身。

 当時の基板の片面ハンダは、目視
 では非常に判別しにくいのですが、
 微かに浮いて導通不良になることが
 無きにしもあらずだったらしいです。

 加振テストにより、ほぼECU不良と
 断定することが出来たのですが・・・
 勿論、部品供給はとっくに打切り。
 中古も品薄となれば、勇気を奮って
 修理トライしてみる一手でありました。

 ご覧の基板2枚で、合計約50箇所!
 怪しいと思う所全てに、細心の注意を
 払いながらのハンダ流し修理敢行!


この処置後、再び丸3日間の試運転を重ねてみて、幸い症状が出ないでいてくれたので仮納車いたしました。
以来1週間余りが経つのですが、お客さまからの御連絡がないようなので見事修理に成功してしまったようです。
もしそうだとしたら、これは素晴らしい快挙なのではないでしょうか♪
どうかこのままずっと大丈夫でいてくれますよーに! o(^-^)o

今後なるべくなら触れぬのが肝要かも? (^_^;