【ゴルフ6】フランス生まれのスピーカー『FOCAL PS 165 FSE』『BLAM 165RC | くるまや工房のブログ

くるまや工房のブログ

千葉県にあります、カーオーディオ・カーセキュリティ・
ボディーガラスコーティングのプロショップです。

セール・キャンペーン情報も発信しています。

よろしければホームページもご覧になってください。



こんばんは、『くるまや工房』のテツです。

本日ご紹介するのは、VWゴルフ6となります。

お客様からご用命いただいたのは、フロントドアに当店オリジナルスピーカーパッケージからフォーカルの『FOCAL PS 165 FSE』とリアにBLAM『BLAM 165RC』の取付けと

ユピテルの前後ドライブレコーダーSN-ST5450dの取付けとなります。



合わせてフロントスピーカー用に当店オリジナルの吸音セットをご購入いただきました。



◆オリジナルスピーカーパッケージ料金表

◆オリジナル吸音セット料金表

 

それではフロントドアから作業のご紹介を!

まずは内張りを外して



純正スピーカーを外します。



スピーカーの背面に、



収音シートを貼り付けることによりスピーカー背面から出る不要な背圧を抑えることができます。



スピーカーを取り付けするにあたって、必要となるのがインナーバッフルです。

インナーバッフル作製中の画像です。



防水処理をしてから、ペイントをして完成!



スピーカーの振動を鉄板に伝わりにくくする目的で制振材を密着貼り付け

製作したインナーバッフルをドアにシッカリと固定します。



インナーバッフルにスピーカーを取付けして



吸音セットからドアトリム内部に音が回り込むのを防ぐaudio-technicaサウンドプルーフィングウェ―ブを貼り、ドアトリム固定用クリップのビビり音を防ぐクリップダンパーを各穴に貼り付けてドアの完成となります。



高音域担当の小さなスピーカー、ツィーターは純正と交換します。

右が純正で左がFOCAL PS 165 FSEのツィーターとなります。





交換後の写真は写し忘れてしまいましたが(汗

ツィーター部と内張りを戻してフロントドアのスピーカーは完成となります。



 

続いてリア用のコアキシャルスピーカーBLAM 165RCの取付けに移ります。

セカンドシート脇のパネルを外し純正スピーカーを外します。







左が純正スピーカーで右がBLAM 165RCとなります。



フロント同様にインナーバッフルを製作して

スピーカーを固定



パネルを元に戻してリアスピーカーも完成です。



見た目は純正のまま。

サウンドは軽いドンシャリサウンドから低域量感も増し中高域のクリアでメリハリのサウンドに



純正ナビ、純正アンプのままでも良質なサウンドに変り車に乗る時間が間違いなく増える事でしょう♪

この度はご用命ありがとうございました。

 

純正サウンドにご不満の際はお気軽にお問い合わせください。

 









みなさまのご来店・お問い合わせ等
スタッフ一同お待ちしております♪

代車ご希望の方はご予約時にお伝え下さい!
お支払いは現金、クレジットカード、PayPay、auPayまたはローンも大歓迎です♪♪
=====================
※※※ご確認下さい※※※
メールでのお問い合わせは定休日が被らない場合、基本的に24時間以内にご返信しております。
★返信をしても届いていないケースが多く発生しています!
(特に携帯のメルアドの方)
24時間以上経っても返信が届かない場合、お手数ですがお電話をいただきご確認下さいますようによろしくお願い致します。
=====================
IMG_4102
くるまや工房
〒283-0048千葉県東金市幸田113-4
☎0475-58-1020 fax0475-58-1022
メール
ホームページ:http://kurumaya-koubou.com/
通販ページ:https://kurumaya-koubou.net/
施工実績:https://kurumaya-koubou.com/case/
 




引用元:【ゴルフ6】フランス生まれのスピーカー『FOCAL PS 1・・・