一日一品江戸料理-349:「菜の花浸し物」 | 車 浮代 オフィシャルブログ
2013-02-23 05:40:37

一日一品江戸料理-349:「菜の花浸し物」

テーマ:江戸料理


一日一品江戸料理-菜の花浸し物1


菜の花が出始めましたね。


先日、高知県四万十町の恵菜ファームさんから 、丹精された美しい菜の花と

白菜を送っていただきました。



白菜が食べられるようになったのは明治時代からですが、

菜の花は奈良時代には青菜の一種として、日本に伝わっていました。


けれど菜の花も、蕾を食べるようになったのは明治時代以降のこと。




平安時代、菜の花の種から上質の油が取れることがわかり、江戸時代に

なると、菜種油は高価な照明用の油として流通したため、菜の花の栽培は

各地で盛んではありましたが、口にできた人は少なかったのではないかと

思います。


例えて言えば、真珠を取るためにアコヤ貝は食べない、というような……

(正確には、真珠を取った後のアコヤ貝は地元では食べられていますので、

少しニュアンスが違いますが)。


菜の花を召し上がる際には是非、江戸時代のお大尽の気分に浸って、

「菜の花の蕾を食べるとは、贅沢よのぉ」

などと思いながらいただいてみてください。



「菜の花浸し物」

■作り方

・菜の花…3束

・煎酒(または醤油)…適量


■作り方

1)菜の花を洗い、塩(分量外)を入れて沸騰させたお湯に根の側から入れてゆき、

 1程度茹でる(茹ですぎに注意)。

2)1をザルにあけて流水で冷やし、茎を揃えて固く絞ったら、3~4cmの長さに

切り、器に盛って煎酒をかける。

※煎酒の作り方はこちら
一日一品江戸料理-菜の花浸浸し物2

菜の花提供:恵菜ファーム



車 浮代さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス