油断がまねく、子供の事故。 | 「嫁にしたくない女No.1」3世代同居ライフを爆進中
2009-12-09

油断がまねく、子供の事故。

テーマ:育児話

週末のことです。


末っ子@1歳がお姉ちゃんの真魚@4歳と

部屋の隅っこの椅子に座って

いつものようにふざけていました。


すると、ステーンと音がして


1歳の息子が椅子からひっくりかえったようです。


泣き声をあげながらワーワー騒いでいるので、


「ほらあ、気をつけないと痛い痛いでしょ。」


モップで床を拭いていた私は、


いつものことだと思いながら、


小言を言いながら息子に近づいていったなら



そこに見たのはいつもと違って



口から血をタラタラと流している息子の姿。



∑(゚∇゚|||)ヒイ





「うわあ~~、口切っちゃったの~?」


あわてて息子を抱きかかえ、

シタシタと落ちる血をティッシュでおさえます。


どこを切ったの?大丈夫?大丈夫?


と必死で口の中の傷を確認しました。


すると、


あら、なんでしょう?


前歯の横に


ポッカリとあいたこの




黒い穴。



そこからどんどんどんどん


血があふれてくるじゃないですか。


もしかして、


これは、これは…。




そこに


騒いでるうちらの声を聞きつけてやってきた主人。


その主人に大声で私はこう叫びましたよ。




は!



は、落ちてない?



たぶんここに並んでいたはずの




が無い気がするんだけど!!」




∑(゚∇゚|||)ヒッ




「まさかあ~…。」


そういいながらも、流血した現場をキョロキョロと

捜索する主人。



「歯なんて、そんなもん、



な、ない…



!(゚Д゚)




あった! 」



そういって主人が拾い上げたのは、

赤ちゃんの小さな歯つ~イメージとはかけ離れた

根元からごっそりぬけた、


「じつはこんなに長いの隠れてたのね」


てな感じの



歯の本体そのもの!


←隠れ部分イメージ画像




ギャアアア~~~!!



抜けた、抜けてしまった。



((((;゚Д゚)))



ええ?

あんなことで?

あんな短時間で?

こんな大事なもんが抜けてしまった!


そりゃ、永久歯じゃないから

まだいいのかもしれないけど、

これからどんどん歯が育ってくる、大事な時期に

よりによって前歯の横が抜けちゃうなんて!


と、


頭の中がパニック。




私「どうする?どうする?どうしようか?」


夫「わからん。わからんけど。」



そういって、主人はおもむろにネットで検索を

始めました。




しばらくして、


主人はパソコン前でこう叫びましたよ。



「あ!こ、これだ!


じゃあ、



その歯を軽く洗って…







元の穴に戻して! 」




∑(゚∇゚|||)




戻す??



「ええと、その歯


生きてるってさ!


タイムリミットは


30分


だから、


早く戻して!」




((((;゚Д゚)))




ひええええええ。



落ちた食べ物を3秒以内に口に入れればセーフ。



昔そんな言い伝えがあったような気がしますが、


同じく


歯も、



30分以内に戻せばセーフ?



あった?そんなルール?




とにかく、


ネットを信じて、


一刻も早く戻してみるしかありません。


しかし、


このちっちゃいのに、根元がやたら長い歯を


あの




出血しまくりの穴に?





「ムリムリムリ、やって!きみやって!」



「え?おれ?ムリムリムリ」




しばし、




本気の押し付け合い。



しかし、時間がもったいなく



恐る恐る主人がトライ。




「ぎゃ~~~!!」



子供の悲鳴におののく私ら夫婦。


夫「ムリだ~~。俺絶対むりだ!


だいたい、この歯




どっちが前? 



確かに、

先っちょは小さくってよく見分けもつかず、

おまけに、子供のギリギリと閉じる小さな口に

うちら大人の手をつっこむのは至難の業。



ああでも、


この子の大事な前歯

なんとかこれをクリアできるのなら、クリアしたい!



そう思い、今度は私がその歯をつかみ


嫌がる息子の口をこじ開けて、



その穴へ



強引へグリグリGO!




「ぎゃ~~!入ってく~!!」



そして、なんとなんと、


その小さいけれどやたら長い歯は


すっぽりと息子の歯茎におさまってくれたのです!


「うわ~~、入ったよ。入ったよ。


なんだこりゃあ~~。


で、これからどうすんの??」



ネットによると、歯を入れたなら

抜けて誤飲するのに注意しながら

その後すぐに病院に行けとのこと。


(どうしても出来ない場合は、牛乳に

漬けるって手もあるそうです)



しかし、はたと気付く。



今日は日曜日。



いったいどこへ?



出血して歯が抜けた大惨事ではありますが、

救急車を呼ぶほどでは無いような、

この微妙な感じ。


かといって、泣き叫ぶ小さな子を抱えて、

大病院の救急外来で、何時間も待たされるのも

不安でたまらないじゃないですか。


すると主人が、おもむろに

消防庁のサイトを調べ始めました。


「前に、救急車をやたら呼ばれる事が問題で、

救急車が必要の無い微妙な人に病院を紹介するための

窓口があるって…



ラジオで言ってた。」



おお~。


さすがラジオ好き。


こんなところで役にたつとは!


救急相談窓口に電話をかけると、

今日この時間帯にやっている

日曜診療当番の歯科センターを紹介してくれました。


そして、すぐさま


ほぼスッピン、着のみきのまま状態で、

子供を抱えてそのセンターに

駆け込んだうちら夫婦。


運がいいことに、

たまたま紹介されたのが、

家からそう遠くない地域で、そう時間もかからず

到着できました。



そして、これも偶然なのですが、

たまたまこの日に当番をされてたのが、

小児も担当されてる歯科医の先生で、

あと30分遅ければ帰ってたであろうというタイミングに

診てもらうことが出来たのもラッキーでした。



「いやあ~、歯をすぐに戻すなんて


そりゃ適切な対応でしたね。


つ~か、


よく戻せたね。ビックリだよ!」



と先生。



はあ、そりゃもう必死でしたから。



とりあえず、抜けるのを防ぐために

隣の前歯と接着していただきました。



「嫁にしたくない女No.1」4世代同居に向けて発進中。


分りづらいですが、チラリと左に見えてるのが

差し込んだ歯。

横の前歯と接着されてます。



この歯が生き残るかどうかは

まだはっきりしておりません。


その抜けた歯が、途中で折れていなかった事と、

歯をもどした時間が早かったことが幸いしているので、

今後、膿んだりすることなく定着すれば

そのまま維持できる可能性が高いそうです。


今は紫色に腫れてますが、

10日くらいは様子を見ることになりそう。



30分ルールをクリアできたんだから、

是非とも生き残ってほしいわ。(切望)



いやあ、しかし


子供って油断ならないですねえ。


だって、


息子が娘と座って遊んでいた椅子ってのは


いたって普通のキャプテンチェアーなんですよ。


←よくみるアウトドアな感じのやつ。


軽いし、布で柔らかいし、高さも低く、

立ち上がったりするんでなく、

おとなしく遊んでたはず。


息子もガッチリ体格で↓


「嫁にしたくない女No.1」4世代同居に向けて発進中。

(いつのまにかこんな巨体になっております@1歳児)



とくに警戒すべきもんでもないと思ったのに…



その油断が




歯の喪失


につながると思ったら、本当に恐ろしくなりました。



((((;゚Д゚)))




3人目の子育で、もうベテランね~なんて言われたって




未知なる落とし穴


そこかしこにあるんです。





てことは…

五体満足でこの子らを成人まで仕上げるってのは


もはや




奇跡の偉業


といえるかもしれませんねえ。


ああ、そんな偉業、

このズボラな私に成し遂げることが

出来るのかしら?


はるかなる道のり…。



子供のための教育とか、

将来のための才能を伸ばすとか

そんな云々以前に

五体満足に育てるだけで、こりゃ充分よ!

奥さんあんたたちよくやってるわよ!!

大いに威張れる大仕事よ!

と声を大にしていいたい。いや言ってほしい。



とりあえず、

健康体で成人したみなさん、

今さらながらにその奇跡と

親の運の良さに感謝しましょうね。




今回、あまりの衝撃的な出来事に、


また、


すこしでも多くの育児中の奥様に




「抜けた歯はすぐに歯に戻せ!」


とゆ~メッセージをお届けしたくて


ご報告させていただきました。



落ちた食べ物は3秒内。

落ちた歯は30分内。


お忘れなく。




◆今回歯を戻せと教えてくれたページ

http://www.e-baby.co.jp/tv/report/010822/tv010822.html


◆東京消防庁ホームページ

http://www.tfd.metro.tokyo.jp/




くるくる奥さんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。