ピンコ流、英才教育のススメ~その③~ | 「嫁にしたくない女No.1」3世代同居ライフを爆進中
2005-10-27

ピンコ流、英才教育のススメ~その③~

テーマ:ピンコ(実母)のお話

ピアノ

6ヶ月になった娘が、先日ついに人生初の

39度の高熱を出してくれました。(その後鼻水)

「ああ、ついに母乳マジック(免疫)が切れてきたのね…」

いつか来るとはわかっていたけど、この事実に

妙に心細くなってしまったくるくるです。

今年の冬は母子共に厳しい冬になりそうです…(涙)


それでは、しつこく続いた習い事話のラストです。

とにかくいっぱい習い事にぶち込まれたうちら兄弟。

こんなにいろいろやらせて、

ピンコのうちら兄弟への将来の野望ってのは

そうとうでっかいもんだったに違いありません。


しかし、うちら兄弟は

その期待をことごとく裏切ってしまいました。


まず、弟と通ったピアノ教室。

ある日、先生から保護者宛にお手紙を渡されました。

嫌な予感がしながらも、それをピンコに渡すと

その手紙にはこう書かれていたのです。






「こんなに






練習嫌いな

姉弟は初めてです。



もっとお家でも

ピアノの練習をさせてください!




∑(゚∇゚|||)



確かに、ピアノに対する情熱に欠けていた私は

ほとんど予習復習をすることなく教室に通い、

毎回同じ箇所でつまづき、

なかなか黄バイエルを卒業できないでいたのです。


でもですね。

私がすっかりやる気を無くしたのには、理由があったのです。


ある日、先生が熱心に指導をしてくれた時のことでした。

「そう、そこはだんだんデクレッシェンド。はい、

玉子を手のひらの下にそっと置くような気持ちで、

優しく~~。

はい、だんだんそこから強く!」


気合の入る先生。


しかし私はなかなか上手く弾けません。


「違う、違う。ここはもっと強くです。

もっと早く1オクターブ移動して!

う~んできないわね…。

どうしてかしら?



あ…


あらら…




くるくるちゃん分かったわ。


あなた





指が短くない?




∑(゚∇゚|||)



ゆ、ゆび!?




「まあ、そうだったのね…
指が短いんじゃ…。そりゃ



届かないわよねえ…。
 」



先生はとても残念そうに首を振り

深いため息をつくのです。



ええ、ええ、
確かに私は指が短いですよ!

ピンコそっくりの指だって、ピンコの同級生に

笑われたことだってありますよ!

しかし、ピアノの練習に励む?生徒に

そのため息は無いでしょう~?


とたんにやる気のなくなった私。

目指してなかったけど、ピアニストへの道も断念です。

練習嫌いにもなり、

いつのまにか辞めてしまったのも当然といえよう。


またピアノは、

別ルートで100キロ兄も王様姉も

習わされていたようです。

私は幼かったので、今ひとつその記憶が無いのですが、

その後大人になった兄が


「だいたいオレは


あの、


右手と左手に


別々な動きを

強要されるのが

納得いかなかったんだ。



って怪しげな言い訳をしてましたから、

その実力は大したことはなかったのでしょう…。



バレリーナになりたくて、

間違ってぶち込まれた新体操は、

中学に上がる直前まで続けていました。

3年以上も続ければすっかり身体は柔らかくなったのですが、

そのことによるメリットといえば…


兄からときどき、
オリジナルプロレス技?

『股裂きの刑』(弟には電気あん○になる)
をかけられた時に、

とぼれんちんは泣きながらギブ宣言をするのに、
「ぜ~んぜん痛くないわ~~」
って

笑顔で余裕をかまし、兄を悔しがらせられたのだけが

メリットだったような…。(;´Д`)



その他の習い事も、いつの間にか辞めていきました。

一番長かったのは、
高校生まで続けた書道くらいでしょうか?

それは、今こうしてしょぼ~いながらも、堂々と?

ぺんてるの筆ペンで

イラストを描くことにつながってるような、
つながってないような…。



大人になってから、これらのことを思い出し

ピンコに聞いたことがありました。


「ねえ、お母さん小さい頃うちら姉妹に

いろいろ習い事させてたよねえ~?
あれってどうして?」


すると、ピンコはこう答えました。

「そりゃあ、あんたたちの将来を思ってよお~」


ピンコのとぼけた表情が腑に落ちません。

するとピンコは、ふとこみ上げてしまったのか、

うひゃひゃって笑みを浮かべ


「いや、ここだけの話だけどね。

ほら、お母さん働いて家にいなかったでしょ?

あんたら子供だけ家に置いてるとさ…






ろくな事しないと思って



手当たり次第に

入れちゃったのよ~
(*´д`*)
 」





∑(゚∇゚|||)




やっぱり…。



ピンコはその後もうれしそうに続けます。


「近所でさあ、なんか習い事があるって聞いたら

とりあえず誰かを入れておいたのよ。


まあ、もしかしたら身につくかもしんないしねえ。


そしたら、ラッキーよお~。




でも、とぼれんちんのピアノだけは

無駄だったわねえ。


だってあのコ

いまだに







譜面のドレミが読めない


って言うじゃない~(*´д`*)


ありゃ~、失敗だったよ。」




∑(゚∇゚|||)




そうです。

ピンコは何の将来の計画も目標も無く、
ただ近所に教室がオープンしたり、
知人の子が習い事をしてると聞いたら
それに便乗させていただけなのです。


しかも、その当時それらは個人家庭や地域サークルが

やっている特別格安な習い事ばかりで

ほとんどが1000円や2000円の月謝だったそうな…。

(一流どころには入れなかったってことね。)




結局、
私がこれらの習い事で得たものは、


自分があきやすい性格
ってのと


指が短い
って


事実だけだったのかしら?(;´Д`)



そんなピンコに振り回された日々をふり返っていると

彼女はこんなことを言い出しました。

「それよりさあ、
そこの1丁目のとこにさあ今度



社交ダンス教室

が出来たらしいのよお~~」



∑(゚∇゚|||)


社交ダンス!?



「ちょっと、それは無理だわ私…」


あまりの突拍子のない習い事に慌てていると、

ピンコはあきれた顔で言いました。


「何言ってんの!





お母さんが

習うのよ!(゚Д゚) 




Σ(゚*゚;)!!



「あんたらに習わせるのはもったいないわ~。

 最近、時間に余裕が出来たから、

 もう、自分で習うことにしたわよ~!



なるほど、ごもっとも…(;´Д`)


そう張り切って、社交ダンス教室に通いだしたピンコ。

しかし、3ヶ月ほど過ぎた頃に、いつものように

夕方いそいそと家を出るピンコに


「あ、社交ダンスの日かあ~。上手になった~?」


ってなにげなく声をかけた所、

ピンコから返って来た言葉は



「は?いつの話?


今行ってるのは

ヨガよ!ヨガ!(゚Д゚)


∑(゚∇゚|||)



ヨガ!?



「○○さんとこの奥さんたちも通ってるのよ~。

身体がホカホカしていいわよ~♪じゃあね。」


…そりゃ、


あんまり気まぐれすぎるんじゃ?


ピンコしゃん………_| ̄|○




私の短い指だけでなく、
物事にあきやすい性格も、どうやら

ピンコの濃厚遺伝子のせいであるのは間違いありません。(;´Д`)

-----------------------------------------
●結局は本人のやる気の問題ですよね~(*´д`*)●

無理強いしても結局はモノにならないってことで…

       ↓ ↓ ↓ ↓
⇒子育てと同じ愛のクリックを♪人気blogランキング



くるくる奥さんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス