ツッコミかるた大会 | くるくるルーム

くるくるルーム

______________

猫と充実生活


テーマ:
職場の女子さん宅で


みんなでお菓子と飲み物を持ち寄って

ツッコミかるた大会があったのです。


『ツッコミかるた』とは


コレのことなのですが

職場で企画の女子さんが
ネットで見つけたツッコミかるたが欲しいと話してて
ワタシそれ持ってるよ
買ったけど忘れてて一回もやった事ないけど、
と言ったら
じゃー集まってやりましょう!

デザイナーの子が『フォントかるた』持ってるから、それもやろう、
カードゲーム大会だ!と、なりまして。


『ツッコミかるた』
なかなかルールがハードル高いのですよ、


2チームに分かれて
黄色いカードの「トークのお題」をみんなでフリートークをするのです。

例えば、
『中々捨てられないもの』について話してる時に、誰かが突然
「やっぱり婆さんとの思い出かのぅ」とか言い出したら
「おじいちゃんか!」とツッコミふだを取るのです。

自分チームのボケに突っ込んだら1点
相手チームのボケに突っ込んだら2点

合計10点先に取ったら
「もうええわ!」
って言って上がり。

なんとゆうか、笑いのセンス、
トークセンスが問われるゲームなのです…
恐ろしい…


私は
やってみたらぜんぜんニガテだったわあ
ボケがなかなか思い浮かばない
いやそれ以前に自分の事あらためて喋るの意外と恥ずかしい
そういえば職場の飲み会でも質問&リアクション担当寄りだ


「でへっ」(↓docomoのポインコ)


一方、
真面目そうな企画の女子さんと、
大人しそうな事務の女子さんが、
ばんばんボケる、どしどしつっこむ、
「◯◯ちゃんは、どう?捨てられないもの?」
とか司会者のように話しをふって仕切ったり、
驚いたー  しかも面白かったー
普段は2人とも
おっとりしてたりほんわかキャラなのにー


帰りの電車で
すごいねーあんなにボケるとは思わなかったよー
と事務の女子さんと話してたら、

ツッコミかるたが上手かった2人の共通点は
学生の頃「軽音部」でバンドやってたから
人前に出たりノリで喋ることに
慣れているのだと思う、

との事で。

なるほど、軽音部…、そうなのか?








くるくるまいこ[来々舞子]さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス