「前回に引き続き、クイズコーナーであるぞ。

「私も、クイズを作ってきましたよ。

「どんなクイズなんだ?

「数あるレトロゲームの中からテーマを1つ選び

それにちなんだ問題を出していきます。

「一般常識の問題と聞いているが?

「ええ。ですので、ゲームの知識がなくても

解ける問題ばかりですよ。

「よし、解説はオイラが引き受けよう。

「おおっ、それはありがたい。

今回のテーマは

『ファミリーコンピューター』

でいきましょう。

 

 

とらぼるたの挑戦状・ルール
・ 問題は全10問です
・ 問題が進むほど、難易度も上がります
・ 解答は、問題下に隠しておきました
(ドラッグすると、解説を見られます)

 

 

それでは、始めましょう

ランク1は○×問題ですよ

第1問

 

「まずは、ウォーミングアップです。

ファミリーは家族を表わす英語ですが

つづりは『famiry』である。

『○』か『×』か?

「正解は、『×』

『family』が正しいつづりだな。

 

第2問

 

「では、コンピューターのつづりは

『computer』である。

『○』か『×』か?

「正解は、『○』

『conputer』なんて、書かないようにな。

 

第3問

 

「理科の問題。

ファミコンといえば、白と赤のカラーですね。

では、『白』と『赤』のうち

『光の三原色』に含まれるのは

『白』である。

『○』か『×』か?

「正解は、『×』

光の三原色は『赤』『青』『緑』の3色。

これをすべて混ぜると『白』になるぞ。

ランク2は三択問題です

第4問

 

「数学の問題です。

ファミコンは、8ビット機マシンですね。

では、『8』を2進法で表わすと

いくつになるでしょう?

  1. 100
  2. 111
  3. 1000

「正解は、『3』

2進法は、『0』と『1』だけで表わす数え方だ。

1……1

2……10

3……11

4……100

5……101

6……110

7……111

8……1000

……と、いうわけだな。

 

第5問

 

「では、『8』を16進法で表わすと

いくつになるでしょう?

  1. 8
  2. H

「正解は、『1』

16進法は、『10』から『15』までを

アルファベットで表わす数え方だ。

10……A

11……B

12……C

13……D

14……E

15……F

16……10(ここから2ケタ)

16進法でも、『8』『8』

ひっかかった人もいたかもな。

『Ⅷ』はローマ数字だが

一般的に16進法では使わない。

 

第6問

 

「地理の問題です。

任天堂の本社は、京都にありますが

京都にある『日本三景』は

次のうち、どれでしょう?

  1. 松島
  2. 宮島
  3. 天橋立

「正解は、『3』

天橋立は、京都の北部にある。
松島は『宮城県』
宮島は『広島県』だな。

ランク3、四択問題ですよ

第7問

 

「任天堂は、花札やトランプなどの

メーカーでもあります。

では花札で、『牡丹(ぼたん)』と

一緒に描かれているのは

何と何でしょう?

  1. 蝶(ちょう)と赤短
  2. 蝶(ちょう)と青短
  3. 盃(さかずき)と赤短
  4. 盃(さかずき)と青短

「正解は、『2』

どちらも、役につながる重要な札だな。

赤短は『赤い短冊』、青短は『青い短冊』

を表わしている。

任天堂は、絵柄をマリオキャラにした

『マリオ花札』も、販売しているぞ。

 

第8問

 

「ファミリーコンピュータの発売は1983年。

では、1983年に連載が

始まったマンガは

次のうち、どれでしょう?

  1. 北斗の拳
  2. キャプテン翼
  3. ドラゴンボール
  4. ジョジョの奇妙な冒険

「正解は、『1』

キャプテン翼は『1981年』

ドラゴンボールは『1984年』

ジョジョの奇妙な冒険は『1986年』だ。

 

第9問

 

「1983年は、東京ディズニーランドが

開園された年でもあります。

では、1983年の時点で

まだなかったアトラクションは

次のうちどれでしょう?

  1. カリブの海賊
  2. スペース・マウンテン
  3. ホーンテッドマンション
  4. シンデレラ城ミステリーツアー

「正解は、『4』
他はすべて、開園当時すでにあった。
『シンデレラ城ミステリーツアー』は
東京ディズニーランドにしかないんだぞ。
……なに、今はもうやってないのか!

最終問題は、ガチクイズですぞ

 

「いよいよ、最終問題ですよ。

任天堂は1889年、『任天堂骨牌』として

現在の京都で創業しました。

この『骨牌』とは、

何のことでしょうか?

選択肢は、ありませんぞ。

「正解は、『かるた』

かるたを漢字で『骨牌』と書くんだ。

ちなみに『牌九(ぱいごう)』というゲームに使う

『骨牌(こっぱい)』というのもある。

ただ、当時は花札を作る会社だったので

『こっぱい』では、不正解だぞ。

 

 

成績は、いかがでしたかな?

 

「レトロゲームひとつとっても

いろいろなクイズができるものだな。

「後半、難しすぎるぞ。

「学校で習う教科を

まんべんなく、入れてみたのですが……。

「1983年の出来事なんか

若い世代がわかるかっての。

「だがレトロゲームクイズ、脳トレ

常識問題と、クイズのレパートリーが

広がって嬉しいぞ。

この3人で、クイズを担当しましょう。

「お、いいこと言ったな。

「図書館を乗っ取られた気がしないでもないが

……楽しければ、それもよかろう。

 

 

え、もう終わったの?

 

 

過去の問題は、ここに集まっているぞ。

 

 

ポチッとおしてね

にほんブログ村 にほんブログ村へ