敬老の日って、きのうじゃなくてきょう?びっくり

月曜祝日、おぼえられないままだなあ。

 

牛しっぽ牛からだ牛あたま

週末ドラマひとくち感想

◎ハマってます 〇たのしんでます △様子見

 

カエル金曜

『凪のお暇』

狂騒曲っぽいというか、あんまり好きな回じゃなかったけど、

凪とシンジが呪縛から逃れようとがんばりました。

 

家族を喜ばせることが自分より優先だった2人、

どっちもはムリ、対になって泣いてる姿がかわいかった。

 

家族不在が不自然なドラマも多いし、

(病院にジジババが来ないとか)

かといって『獣になれない私たち』みたいなのもちょっと…

このドラマは恋もご近所さんも家族も職場も

ちゃんとした距離感で描いてていいね。

 

『これは経費で落ちません!』

♪わっかい娘は♪うっふぅ~ん♪作戦で

男ども(主にオヤジ)を手玉にとる女(筧美和子さん)登場

森若さんの仕事もプライベートも波乱の日々。

 

筧美和子さん、徹底してこういう役ばっかり。

ホントは同性にきらわれるタイプじゃなさそうだから観やすいね。

 

『セミオトコ』△最終回

消えてすぐ生まれ変わって地中に?

セミの輪廻はやすぎ!

 

カエル土曜

『だから私は推しました』◎最終回

いろいろ回収、ホッとさせてくれた温かい最終回でした。


「愛さんと出会って、生まれ変われたような気がします」

誰にでも暗い時代はあるものだろうけど

思春期にあれはきつかったろうハナ、

そして愛もハナと出会って生まれ変われた。


愛とハナ、オタ達の絆がまぶしい青春ドラマでした。

 

ところで仰向けで煎餅をかじる愛。

むせないなんてすごいよね?びっくり

 

『サギデカ』

今週もますますキツい事件、もっとキツいヒロインの過去。

あ~青木崇高さんもやっぱりか汗

 

カエル日曜

『いだてん』

「極東は平和と戦争のはざまにある。だからこそ平和の祭典を」

という嘉納治五郎の言葉。

 

ベルリンオリンピックを支配するヒトラー。

通訳の少年はユダヤ人、このあと彼はどうなるの?

東京五輪に一票を投じた中国大使は?

日本人として走る朝鮮人選手たちを応援する四三たちの邪気のなさ。

2人が表彰台で日本の国歌が流れることを知らなかったエピソード。

震災の回では朝鮮人狩りも描かれてましたっけ。

 

マーちゃんはついつぶやいてしまいます。

「なんだか…好きじゃない。このオリンピック」

 

いよいよ戦争をクドカンさんが描きはじめました。

 

『ノーサイド・ゲーム』〇最終回

ふー、楽しかった。

なんかウルトラマンシリーズ観てた

子どもの頃と似た感じで楽しめました。

 

『盤上の向日葵』

天才将士ながら風来坊の山師を怪演、

竹中直人さんニガテなのに釘付け滝汗


天才棋士として頂点に手が届きかけながら

過去の罪が暴かれる時が近づいていて…

 

恩人夫妻がどう受けとめるのかも気になるー!


さて敬老の日ということでフンパツしたお刺身

義母にさしいれ行ってきまーす。

私はあまりお刺身好まないんだけど、

義母も夫も大好物。楽で助かるよてへぺろ


よい一日をクローバー