太宰府天満宮で参拝し、
きくちで小腹を満たし、
参道で、衝動買いした後は、
太宰府天満宮の近くにある、竈門神社へ。




御祭神 玉依姫命(たまよりひめのみこと)
     応神天皇(おうじんてんのう)
     神功皇后(じんぐうこうごう)
 

縁結び・方除け・厄除けの神様と信仰されています。

縁結びが、一番有名っぽいかな?



竈門神社がある、宝満山は、
最澄さんや、空海さんをはじめ、遣隋使や遣唐使など大陸へ渡る人々が、
航海の安全と、目標達成のために頭拝し、祈りを捧げた山なんだそうです。



・・・・・知らなかったw



宝満山、中学生か高校生の頃に、遠足で登った事があるのだけど、
そんな山だとは、露しらず(汗)





ご神木。

こちらの神社は、比較的日本人率が高かったです。
ちょっと安心。



誰も参拝していなかった、夢想権之助神社。(むそうごんのすけ)

江戸時代初期の剣客。

宮本武蔵(みやもとむさし)と立ち合い、
敗れた後、宝満山の竈門神社で祈願し杖術の研究を重ね、
再び武蔵と立会い、ついに破ったのち、神道夢想流杖術を開いた。









杖術?神道夢想流杖術の流祖。

スポーツ系と言う事で←え
参拝させていただきました。馬だけど。



そして、夢想権之助神社の裏には、



須佐神社。

ご祭神・須佐之男命(すさのをのみこと)







ここの神社は、紅葉で有名らしいのですが、

今年の紅葉は早かったらしく、もう散っていました。



ちょこっと残ってるかんじ。




こちらは、夏に来た時の写真。

夏は夏で、緑が綺麗でした。




娘の後ろの建物が社務所。


娘曰く「冬でも寒くないから、ここの巫女さんは、いいねぇ」と(笑)

確かにw


縁結び目的の参拝客が多いので、
社務所の中は、女性だらけでしたよー。

可愛いお守りもたくさんありました。

ただ、ここの巫女さん、愛想なし・・・(夏に来た時に、ここにいた巫女さんが怖かった汗

今は、いろんな国の人が来るから、仕方ないのかな?
トラブルもきっとたくさんあるんだろうなぁ。








夏の参拝時に、頂いたご朱印。