tobiのブログ

 フリーランスの編集者兼ライターです。
 主として日本語関係のことを書いています。


テーマ:

 下記の仲間。 
日本語アレコレの索引(日々増殖中)【18】 
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1955992054&owner_id=5019671 

mixi日記2017年月日から 

 テーマサイトは下記。 
【なに と なん】 
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9595678.html 

 ↓

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9655304.html

 

==============引用開始 
なに と なんの使い方について きょうざいなどで 
なん(乗り物)で来ましたか?と使っているのが多いのですが 
違和感を覚えます、なに で来ましたか?ではおかしいでしょうか? 
==============引用終了 

「何」をどういうときに「なに」と読み、どういうときに「なん」と読むのか、という問題だと非常にむずかしい。 
 以前mixiで話題になった下記の話だろう。 
【「なにに」か「なんに」か 独り言です49くらい──日本語教師関連編23くらい※全体公開】 
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1340165308&owner_id=5019671←コメント欄も要チェック。 
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-862.html 

 今回は質問はそこまで広げていないようだ。単純に1)と2)の違いだろう。 
1)なんで来ましたか 
2)何(なに)で来ましたか 

 ただ、これだってきっちり書こうとするとけっこうたいへん。 
 まず辞書をひく。 
https://kotobank.jp/word/%E4%BD%95%E3%81%A7-590616#E3.83.87.E3.82.B8.E3.82.BF.E3.83.AB.E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.B3.89 
===========引用開始 
デジタル大辞泉の解説 
なん‐で【何で】 

[副] 
1 どういうわけで。どうして。なぜ。「何でけんかなんかしたのだ」 
2 反語表現に用いて、強く否定する意を表す。どうして。「何で泣かずにいられようか」  
===========引用終了 

 一般に〈1)なんで来ましたか〉は「理由」を訊いている。そのことは、辞書を見ればわかる。本当は辞書に「何(なに)で」の音便と書いておいてほしいが、ないものはない。かなりくだけた言い方って解釈なんだろう。辞書の「手抜き」って気もする。 
「どういう理由で来たのか」 
 これはニュートラルに訊く場合もあるだろうが、非難の気持ちがあることが多いような。 
「何しに来た」だともっとヒドい。「どうして来た」もヒドい。 
 本当にニュートラルに訊きたいなら「どうかした?」「何かあった?」とか訊くんじゃないかな。 

〈2)何(なに)で来ましたか〉は、交通手段を訊いている。質問者が訊いている〈なん(乗り物)で来ましたか?〉なら、むしろ「何(なに)」のほうがフツーかもしれない。 
 たしかに〈1)なんで来ましたか〉で、交通手段を訊く場合もあるのだろう。教材の類いがそうなっているなら、そうも言うんだろう。個人的には「どうやって来ましたか」「何を使って来ましたか」とか言う。 

 ぐちゃぐちゃしているので、結論をまとめる。 
●なんで来ましたか 
 理由を訊いている。非難するニュアンスがあるので、避けるほうが無難。 
●何(なに)で来ましたか 
 交通手段を訊いている。この場合は「なん」よりもむしろ「何(なに)」なのでは。 
「なんで来ましたか」と言ってもおかしくはない。ただ、そうなっている教材の類いはどんなものなんだろう。誤解されるような(しかも失礼なニュアンスに)表現だけを出して何も解説をしないのは、これはこれで「手抜き」じゃないか。だって、この問題を辞書で解決するのはけっこうむずかしいよ。

#日本語 #敬語 #誤用 #慣用句 #言葉 #問題 #間違い #二重敬語

#日本語 #敬語 #誤用 #慣用句 #言葉 #問題 #間違い #二重敬語 


語学(日本語) ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

kuroraccoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。