tobiのブログ

 フリーランスの編集者兼ライターです。
 主として日本語関係のことを書いています。


テーマ:

 下記の仲間。 
日本語アレコレの索引(日々増殖中)【18】 
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1955992054&owner_id=5019671 

mixi日記2017年月日から 

 直接的には下記の続き。 
突然ですが問題です【日本語編73】──接続詞の謎 だって でも【解答?編】 
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2164.html 

{関係/関連}する質問があったので、質問サイトで訊いてみた。 
【続 「だって」と「でも」は同じ? 】 
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9603498.html 
 明快な答えは不明なまま。 
 ほかの場所でも訊いてみたけど、やはりわからない。 
 改めて整理したうえで考えてみた。 

 まず例によってWeb辞書のリンクが切れているんでひき直す。 
https://kotobank.jp/word/%E3%81%A0%E3%81%A3%E3%81%A6-561380 
===========引用開始 
デジタル大辞泉の解説 

だって[接] 
[接]《助詞「だって」の接続詞化したもの》相手に反論したり、相手の反対を予想しつつ理由や言い訳を述べる場合に用いる。そうはいっても。でも。なぜかというと。「とても間に合いません。だって人手が足りません」 

だって[接助・係助・終助] 
[接助]《接続助詞「たって」が、ガ・ナ・バ・マ行の五段活用動詞の連用形に付く場合の形》「たって」に同じ。「ここなら泳いだってかまわない」 
[係助]《断定の助動詞「だ」に係助詞「とて」の付いた「だとて」の音変化という》名詞・副詞、一部の助詞に付く。「でも」に似るが、語調がより強い。 
1 ある事柄を例示し、それが他と同類、または、同様であるという意を表す。…もやはり。…でも。「鯨だって人間の仲間だ」「ここからだって見える」 
2 いくつかの事柄を並べて例示し、すべてが同類であるという意を表す。「水銀だって鉛だって公害のもとだ」「野球だってテニスだってうまい」 
3 疑問・不定を表す語、または、数量・程度を表す語に付いて、例外なくそうである意を表す。…でも。…も。「だれだって知っている」「一度だって姿を見せない」 
===========引用終了 

 接続助詞・係助詞の場合は、問題がないだろう。 
 一部を除いて、「でも」と「だって」は互換性がある。 
・接続助詞 
「ここなら泳い{だって/でも}かまわない」 
・係助詞 
 ちょっと微妙かも。 
〈↑の1〉〈…もやはり。…でも。〉とあるが、「鯨でも」はかなりヘン。理由は不明。 
「鯨{だって/Xでも}人間の仲間だ」「ここから{だって/でも}見える」 
〈↑の2と3〉 
 これを2つに分けて考えるべきなのか、当方には判断できない。 
 いずれにしても、〈↑の1〉の一部以外は「でも」にできる。 

 問題は接続詞の場合。 
「とても間に合いません。{だって/なぜかというと/Xでも}人手が足りません」 
 語釈のなかに「でも」があるが、置きかえはできない。「そうはいっても」も同様だろう。 
「でも」にできる例があるのだろうか。 

 教えて! gooで、『三省堂国語辞典第七版』の語釈と例文を教えてもらった。 
===========引用開始 
[三](接)[だって] 
①(それ)でも。しかし。「━やめられないよ」 
===========引用終了 
 文脈によっては使えるかな。 
「いつまでゲームしてるの!」「だってやめられないよ」 
 この「だって」は「でも」「しかし」にはできないだろう。 

 某所で、『集英社国語辞典 第2版』の語釈と例文を教えてもらった。 
===========引用開始 
[二](接)②相手のことばに対し、反発または弁解する意を表す。「『行くんじゃなかったの?』『だって用事があったんだもの』」 
===========引用終了 
 こちらのほうが惜しい気がする。それでもこの「だって」は「でも」「しかし」にはできないだろう。 
 下記のように考えるべきなんだろう。 
1)「行くつもりだったんだよ。でも用事があったんだもの」 
2)「行くのやめたんだよ。だって用事があったんだもの」 
 2)の1文目が省略されていると考えれば……OKなのかな。 
 じゃあ同じように「でも用事があったんだもの」もありか。1)の1文目を省略するのは無理な気がする。やはり、「でも」にはしにくい。 

 このあたりは〈1〉で書いたことと似ているよな似ていないような。 
===========引用開始 
 実生活で考えると、「だって」を逆接っぽく使う例がある。 
 母親に「遊んでばかりいないで勉強しないとダメでしょ!」と叱られた子供の口ごたえ。 
「でも、○○ちゃんも遊んでるよ」 
「だって、○○ちゃんも遊んでるよ」 
 一応どちらも成立する気がする。しかし厳密に言うと、この「だって」は論理的に破綻している。「だって」は「なぜかというと」くらいの意味なのだから。これが次のような応答なら筋が通っている。 
「なんで勉強しないで遊んでばかりいるの!」 
「だって、○○ちゃんも遊んでるよ」 

 結論。 
 Web辞書の論理性は子供のダダ並み。 
===========引用終了

 

#日本語 #敬語 #誤用 #慣用句 #言葉 #問題 #間違い #二重敬語

#日本語 #敬語 #誤用 #慣用句 #言葉 #問題 #間違い #二重敬語 


語学(日本語) ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

kuroraccoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。