tobiのブログ

 フリーランスの編集者兼ライターです。
 主として日本語関係のことを書いています。


テーマ:
 下記の続き。 
総集編 【従来から 従来より 従来まで】 
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-3395.html 

「従来から」はやはり重言なんだろう。 
「従来より」も同様になる。「従来まで」はちょっと違うが、まあ同じ扱いでよいと思う。 
「朝日新聞の用語の手びき」(1986年発行の第22刷のポケット版)の記述はとっくに引用したと思ったが、別の話だった。「誤りやすい慣用句」(P.475)に下記の記述がある。 
===========引用開始 
従来から(より)→ 従来 
「従来」だけで「以前から今まで」。「から」「より」は不要。「古来から」も重言。 
===========引用終了 

『記者ハンドブック』(第13版/共同通信社)の「誤りやすい語句」にはこのテの記述はない。こちらは本編とも言える「用字用語集」に注意書きがあった。  
===========引用開始 
じゅうらい 従来 
〔注〕「従来から」は重複表現。  
===========引用終了 

 ちなみに、第12版も同様だけど、第6版だと微妙に違う。 
===========引用開始 
じゅうらい 【誤】従来から・より→ 従来 
===========引用終了 
【誤】は原本では丸つきの「誤」。「誤った表現」の意味らしい。 
  
 昔は「誤用」だったけど、現代では「重複表現」だから「誤用」ではないと考えているのだろうか。それとも「重複表現」も「誤用」の一種なんだろうか。そんな微妙な話はどうでもいい。こういう辞書類の版の違いを調べだすとキリがない。 
 新聞系では「使わないほうが無難」にしているのだろう。 
 ただ、「から」をとると語呂が悪くなることがあるのも事実で……。「従来からある方式」あたりを「従来ある方式」にするのはためらいを感じる。まぁ、「従来の」にすれば済むんだけど。 
 雑学本の類いでは、たぶん重言(重複表現)としていると思う。信頼のおける資料がないものか、と探していた。 
 灯台下暗しと申しましょうか……。Web辞書にはなんの記述もないと思っていたが、こういう探し方ができるんだった。もっと早く気づけよ。 
 ほかの語句の説明中に出てくる「従来から」。『大辞泉』『大辞林』を合わせて24例。こんなにあるのか……。 
http://dic.search.yahoo.co.jp//dsearch?p=%E5%BE%93%E6%9D%A5%E3%81%8B%E3%82%89&stype=full&dic_id=jj&ei=UTF-8&b=1 

「従来より」。『大辞泉』『大辞林』を合わせて8例。ただしそのうち7例は「比較のより」だろう。 
http://dic.search.yahoo.co.jp/dsearch?p=%E5%BE%93%E6%9D%A5%E3%82%88%E3%82%8A&dic_id=jj&stype=full&b=1 

 これだけ使っていて、「従来より」を否定する記述が付け加えられたら笑える(黒笑)。

 

#日本語 #敬語 #誤用 #慣用句 #言葉 #問題 #間違い #二重敬語

#日本語 #敬語 #誤用 #慣用句 #言葉 #問題 #間違い #二重敬語 


語学(日本語) ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

kuroraccoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。