「目を閉じておいでよ」

「負けるもんか」


 2曲続けて
ラジオから流れて来た今夜。


まわりは
光GENJIだ
なんだと騒いでいる最中


バービーボーイズが
大好きだったなんて


とんでもなく
マセガキだったなぁと


改めてしみじみ。


幼少の頃に
聞いてたのと


大人になってから
こうして聴くのと


違う。




根源は
違わないのだろうけど


なんかこう


染み込んでくる
深みと浸透感が違う。


「あれ…?知ってる」


そんな感じ。


本能と本音と
自由奔放さが


不安や建前や
誰かの所有物という現実を


飛び越える女の瞬間。


慣れた様で
何処か憎らしくて
悔しいけれど刺激的な男。


そんな
乱雑だと思った男が


「目を閉じろ」という。


これは


一周も
二周もした


究極の優しさ。


自分はあくまで
自分のやり方で。


明るいとか
アイツと違うとか


そんな言い訳が
邪魔をするのなら


目を閉じろ。


その優しさは


女を根底から
大きく抱きしめる。


そして
とてつもない
安心感に変わる。


嗚呼
腹が立つ。


悔しいと
抵抗しながら
腕を回している。


悔しいけれど
良い男。


きっと
こうゆう男を


女は一生忘れない。


そして


片目でも
開いてしまった女は


もう両目が開くまで
止まらないし止まれない。


こんなセリフを
胸に忍ばせながら。


「負けるもんか」
「勝てるもんか」
「かまうもんか」


正反対に見える
この2曲の女は


きっと
同じ女で


どんな
女の中にも居る


女の正体。


洒落た男と女の駆け引きを
あの頃の少女は
バービーから教わったのか否か。


そう
深く
染み込ませると


恥ずかしくもあり


同時に
嬉しくもある。


この
知ってる感じ。


経験や体験が醍醐味の
人間に生まれて来たからには。


バカな振りして
目を閉じたもん勝ち。


「目を閉じておいでよ」





Photo by Soutarou Miyai

夏の終わり
秋の始まりには

決まって
このアルバムを聴く。


PORTISHEAD "DUMMY"


BGMに
煙草を燻らせながら
部屋の窓から街を見下ろしていると


不思議と
過去世に繋がり出す。


窓から
ボーッと路地を見下ろす
フランスの歓楽街で生きていた頃のワタシ


格子越しに
道に向かって座り
来る日も来る日も吉原あたりで
男達に品定めされ生きていた頃のワタシ


宇宙から
あの星に行って
色んな経験がしたいと
地球を見下ろしていたワタシ。


今度こそは
生まれて来た今回。


わたしは
何度


女という
生き物を


生きたのだろう。


身体や
心を

使ったのだろう。


嬉しかったから
悔しかったから
悲しかったから
寂しかったから
幸せだったから


そんな記憶が
疼いて


また
エイリアン。


Give me a reason to love You

Give me a reason to be...

A woman.

I just  wanna be a woman.





最近
全然不良じゃなかった。



こりゃダメだ。



こんなの
ワタシじゃない。



嗚呼
 


小さく
纏まってたなぁ。



昔を
振り返ると




好き勝手



土下座したくなるような
ことばかりだけど




人間は   




善があるから
苦しくなる。

 


良が
自らを苦しめる。




悪は
裁かない。



 
不良になって



もっと
勝手気儘に



振り回して
魅了して



水を得た魚のように



また
ワタシを生きたい。




そして



もう
むちゃくちゃに



恋して
恋されたい。

   


死ぬまでずっと
そうやって生きていきたい。



コロコロ転がる
心を持っている間は




恋をして



恋をして




この世の全てに恋をして。








思考は子宮の奴隷。


思考は
其れ単体では生きられない。


本音が響き渡る
子宮という場所からの
要望を受信して


それなら
こうしたらいいんじゃない?


具現化してくれる
頼もしい存在。



子宮からの指令があってこそ
力が発揮出来る存在。



子宮からの指令が
いつまで経っても無いと


パワーを持て余し


子宮の奴隷だということを忘れて
暴走しはじめる。


子宮がちゃんと
我儘を云い


願いを叶えてよ
頼ってやると


思考は
プライドを取り戻し
本当の才能をまた発揮しはじめる。



本音は
思考には無い。
 


本音は
子宮にしか無い。



だから子宮から
ちゃんと指示を出してあげて欲しい。


その為に本音を
ちゃんとキャッチしてやって欲しい。


手を当てて
ちゃんと聞いてやって欲しい。


子宮が思考の
奴隷になってはいけない。



子宮は思考に
ちゃんと愛されるべきなのだ。



そして思考はそうやって
子宮から愛されるべき存在。



順番を間違ってはいけないの。



どちらも幸せに
お互いを活かしあう為に。



思考は子宮の奴隷。




思考は子宮の奴隷。





思考は子宮の奴隷。















自分を精一杯生きるのと

自分だけを可愛がるのは違う。



姿や方法が

いくら磨かれていても




自分だけを可愛がる

嘘っぽい煌びやかさに




その空虚な中身との差を

感じる大人や場面が最近続いて




先日、大好きな友人から聞いた

80歳の紳士との会話を思い出した。




「今までの世の中は

貧富や社会的格差で分かれていたけど

数年前からもっと見えない《意識の格差》がある気がする」



その紳士の言う

意識の格差とは



心からコミュニケーションが出来る人・出来ない人。



「今までなら貧富もだし、光と闇、清濁など、上下軸で格差を感じたけど、この近年、横軸もあるのだと気付いた」と。



自分の軸を生きることは大切。



だけど

近年の私達は

知識だけが発達して



上下軸を

生きることに必死で



横軸を

おざなりにしてやしないか?




本当に

自分が正しいのだろうか?




想いを馳せたり

相手を尊重したり




本当の意味で

心からリスペクトがある人間が



私は好きだ。



それが
人生の先輩



その紳士の言う
横軸を生きる人間だろう。



人と人の間を生きるのが
人間だとするならば



わたしは
その間という横軸に



愛を回したい。



精一杯。



横軸。



Photo by HIROMI MORITA 


めずらしく

物凄い勢いで

怒り狂った夢を観て



夢から目が覚めて

しばらくしても



雨のような

シャワーを浴びても



陽が包む

大通りに出ても



その怒りの余韻が

感覚というものに代わり




私の内に

確かに在った。




不思議。




もう

怒ってなんかいないのに。




あの




大きな声を出したり

ひっぱたいたりして




力んだ感覚が




まだ小刻みに

心や身体や細胞を揺らしてる。




そうか

消えないのか。




感情は

そんなにすぐには消えない。




嬉しいも

悲しいも

悔しいも




どんな感情

余韻を残す。





心や身体に

しばらく居て





そうか

すぐには

消えないのか。





人生はいつだって

何かの余韻で出来ているんだなぁ。




どんな瞬間

何かの余韻。





じゃあ




余韻

生みの親




感動

彩りだ。




この

世界

彩り。





感情が彩った

世界地図の上




自分がいま

何処に居るのか




その

余韻が

 



教えているんだ。





側から見たら何も無いという

その余韻こそ




生きているという

リアル。




今日は

どのあたりだい?




僕らはいつだって何かの余韻。






「君を 此処に 連れて来たかったんだ」


そんな処じゃない


貴女は
ここでしょ?


貴女は
こうゆうところが
似合う人なんだよ



そうやって


自分では
俯瞰して見られない


価値や
可能性


似合う居場所を


私以上に
知ってくれていて


連れて行っては
見せてくれる


そんなところに


昔から
私は愛を感じる。
 

見渡して
身を委ねて
受け取ってみたら


この世界には
愛はたくさんあって



そんな
頼もしい男達の愛に



いつでも素直に
頼れる女でありたいし


出会ったからには
絶対に幸せを感じさせる

 
そんな人
女性でありたい。



自分のことは
たとえ理解らなくても



わたしも
同じ気持ちだから。



幸せにしたい。


幸せになって欲しい。


この広い世界で


こうして
出会ったからには。



「君を 此処に 連れてきたかった」





「褒めて」

という
匂いを醸し出している

人間は

女も
男も

年配も
若僧も

褒めてなんかやらない。

他人が
褒めたところで

それは
自己愛の管轄で

自分が自分を
褒めてやらない限り

満たされることは無いのだから。

「褒めて」


自己愛が
足りないという


単なる
情報に過ぎない。


だから
わたしは褒めない。


自分を愛で
満たさない限り。


自分で自分を
愛せないような人間は


褒めてなんかやらない。



「あわよくば」

「すきあらば」


また
潜り込めるのでは  


という 


その魂胆。



天と地が
ひっくり返っても


そんな
小さい人間とは



あわよくば
すきあらば



この
未来の世界には



ナイ。




マリーナショウの
Street Walking Woman”のような


そんな気分。



それぞれ


それぞれ


未来で



幸せでありますように。



あわよくば  すきあらば。
Photo by HIROMI MORITA



人生最悪の瞬間。


たとえば


したくもない
SEXをしている時。


これが
誰かにとっては


最悪の瞬間
だったりする。


まるでただのコンセントや
欲望処理装置になったような気分になって


どうして
こんなにも辛く
嫌がっていることを


理解ってくれないんだろうかと


被害者になって
相手を責めたくなるけれど


被害者も
加害者も


本当は自分。


他人からの
その扱われ方は
 

自分が
自分を扱う
 

扱い方の鏡。


自分が
自分を


そんな風に扱うから



他人も
自分を


そんな風に扱う。 


本当の
人生最悪の瞬間は


そんな自分を
見て見ぬ振りしている時。


まずは
自分が自分に


扱われたい扱い方を。



人生最悪の瞬間が
人生最高の瞬間に



いつか
変わってゆきますように。



ひとつずつ
生きる力になってゆきますように。



あなた
中の



人生最悪の瞬間が。