みんな、どの犬の背中に乗ってみたい? | クロックロの幸せ日記

クロックロの幸せ日記

猫のクロックロがみんなに幸せをおすそわけだよ☆


テーマ:

1番好きな犬種 ブログネタ:1番好きな犬種 参加中


ボクは、優しくて賢いコリーちゃん!(´∀`)



ボクの大切な人のお骨が、とあるお寺に納骨されているんだけどね、そこに一匹の大きなコリー犬がいたんだ。


ボクはそのころカンちゃんよりも小さな子猫だったんだけどね、そのコリーにたくさんちょっかいをかけていたんだ。

触ってもなでても優しく尻尾を振る、本当におとなしいコリーだったんだよ。


そのお寺には何度も行っていたんだけど、あるとき、お母さんに聞いたんだ。

「あのコリーの背中に乗ってもいい?」

って。

お母さんは、絶対だめだって。

そんなことをしたらどんなに優しい犬でも怒るから、絶対にダメだって言われたんだ。


それでもボクは、我慢できなくって、やっぱり乗ってしまったんだ。

心の中では、こんなにおとなしいコリーが怒るわけがないって思っていたんだよね。

だって、本当に、今まで一度も怒ったことがなかったから。


いつものように、なでて遊んで、そして、ふっと後ろに回って、背中に乗った!



「ワンワンワンワンワンッ!!」



ボクは初めて、そのコリーが吠える姿を見たよ……。


本当に、本当に怒ってた……。



心の底から反省した……。



今まで一度も吠えたことのないコリーがどんなに優しかったか。そのコリーを怒らせてしまうというのがどういうことなのか。




ボクはこのときに、いろいろな教訓を学んだと思うよ。



先人が言うことは、素直に聞くこと。

どんなに優しい人(犬)でも、嫌なことをされたら怒ること。

人(犬)の嫌がることはしないこと。



犬の背中に乗ってみたいっていう気持ちは、今もあるけど、それは、やったらいけないことなんだ。



ボクだってお腹を触られたら、いやだもんなぁ。



そんなことがあってから、しばらくお寺に行かなかったんだけど、大人になってからまた行く機会があったんだ。


そのとき……



コリーがいた!



もう、歳をとっていなくなったかなって思っていたけど、まだ元気だったんだ。



ボクはコリーにたくさん謝った。


コリーは昔と同じように、優しく尻尾を振ってくれたよ。




そんなコリー犬のことが、ボクは大好きになったんだ。





クロックロの幸せ日記


月おばさんはなでなでは許してくれる。

でも抱っこは大嫌い(^_^;)


みんなそれぞれあるよね~。





クロックロの書斎

http://kurokkuro.zashiki.com/index.html


クロックロの幸せ日記




よかったらポチっと☆→
人気ブログランキングへ

クロックロさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス