熊本市東区の歯医者 くろいわ歯科医院のブログ

熊本市東区の歯医者 くろいわ歯科医院のブログ

熊本市東区佐土原にあるくろいわ歯科医院です。はま寿司の隣にあります。

インフルエンザが流行するシーズンになりました。

インフルエンザの予防法と言えば.....手洗い、うがい、マスク、予防接種を受けられる方も多いと思います。

 

実は『歯磨き』も、とても効果的な予防法なのです。

 

インフルエンザウィルスは咳やくしゃみによって空気中に飛散し、それを吸い込むことによって鼻や喉の粘膜に付着、そして体内へ侵入し感染します。鼻や喉の粘膜にはウィルスが付着しないようタンパク質の膜で覆われているのですが、口腔内の細菌が増加すると、このタンパク質の膜が破壊されウィルス感染しやすくなってしまいます。

口腔内細菌の温床となるプラークや歯石を取り除くことが、インフルエンザ予防になります。

 

歯磨きでインフルエンザの発症率が10分の1に減ったという報告もあります。

 

まずは毎日の丁寧な歯磨きです。

 

従来の予防法に丁寧な歯磨きをプラスし免疫力を付けこの冬を乗り越えましょう。

 

 

 

 

タバコは吸わないし、コーヒーや紅茶などもたくさん飲まないのに前歯に着色が付くという方

 

口呼吸が原因かもしれません。

 

口で呼吸していると口腔内が乾燥し、唾液による自浄作用が働かず着色成分が定着しやすくなります。

 

それに、口呼吸が習慣化してしまうと、着色だけでなく口腔内の乾燥により虫歯や歯周病、口臭の原因につながります。

 

口呼吸になってしまう原因にはいくつかがあります。

【口呼吸の原因】

・歯並びによるもの
・口周りの筋力が低下し口が閉じにくい
・姿勢の問題(猫背)
・アレルギーなど慢性的な鼻づまりのため鼻呼吸ができない


もし、自分で口呼吸になってしまっているなあと感じている場合は原因を探り、改善していく必要があります。口呼吸から鼻呼吸へと変えていくには、ご自身の努力が必要ですが、まずは気づきが大切です。一度意識してみてください。

 

今回はよく耳にする「キシリトール」についてお話しします。

 

キシリトールとは

白樺やトウモロコシから作られる天然甘味料です。砂糖よりカロリーは低いですが、糖度は変わりません。

 

虫歯予防の効果

キシリトールは虫歯菌のエサにならないので歯を溶かす酸を作りません。

キシリトールを摂取することで虫歯菌の活動が弱まり、虫歯菌の数が減少します。

ガムやタブレットを食べることで唾液分泌が促進され、歯の再石灰化が行われます。

 

効果的な取り方

齲蝕予防にキシリトールを利用するにはキシリトールガムがおすすめです。
毎食後にガム2枚程度を摂取すると効果的です。

 

あくまでキシリトールガムはプラークを除去するわけでないので、日常のブラッシングやメンテナンスがとても大切です。