きもの着用後のお手入れ | 黒田呉服店BLOG

きもの着用後のお手入れ

本日は成人式お祝い
新成人の皆様、おめでとうございます拍手



お着物をお召しになられた後の
お手入れ(クリーニング)は大事です!

着用直後は気が付きにくいですが、
衿元や袖・裾まわりはファンデーションや皮脂、
ホコリなどで汚れます。

放置してそのまま仕舞われると、
汚れは黒ずみ落ちにくくなってしまいますアセアセ

すぐにお手入れに出されていれば
簡単に落ちたかもしれない汚れも、
時が経つと落ちにくい汚れとなり、
シミ抜き作業が発生してしまう事は珍しくありません。

汚れを落とすにあたり、汚れの度合いにより
使用する薬品の強さも変わります。

そのような視点からも
生地になるべく負荷を掛けない為にも、
早めのお手入れをおすすめしますウインク

女性の場合、重ね衿のお手入れと袋帯のプレスも
おすすめします!

特に帯は変わり結びをされて
たくさんシワになったかと思います。

強い折れジワを残したままずっと仕舞われておくと、
刺繍や箔などが傷みますガーン

しっかりプレスをしてクセやシワを消しておくと
安心ですグッ

男性の場合は、袴を着用されたかと思います。

袴は目立った汚れが無ければ
全体的に軽くブラッシングをして仕舞って下さい。

目立つ汚れがある場合は
お手入れに出される事をおすすめします。

大切なお着物だからこそ、
着用後のお手入れをしておけば安心ですグッ

《お手入れのすすめ》
女性:着物、長襦袢、重ね衿、帯
男性:着物、長襦袢、袴(シミがなければ全体的に軽くブラッシングで大丈夫)

乙女のトキメキホームページ乙女のトキメキ