爪で描く美術品 爪掻本綴展 | 黒田呉服店BLOG

爪で描く美術品 爪掻本綴展

多彩に輝きを放つ帯の中でも、精緻絢爛を極める本つづれ帯。
はるか天平の彼方から織りなし 織りなされ、多くの名匠たちが情熱をかたむけ続ける『至芸の極』。

日本美術織物の中で最高級の位置にあり、織匠の心が伝わってくる織物と言われる「爪で織る錦」綴織今期中は語り部が来場して皆様を「爪掻本綴の世界」へご案内いたします。《とき》
令和3年7月23日(金)・24日(土)・25日(日)
午前10時〜午後6時(最終日は午後5時まで)

《ところ》
黒田呉服店

⭐︎〜期間中 その他〜⭐︎

★きもの総合展★
全品 50% OFF!

★夏の洋装品 大処分★