春のバス旅行② | 黒田呉服店BLOG
2018-04-04

春のバス旅行②

テーマ:ブログ
(①の続きです)

「味匠 天宏」さんでの昼食後、可睡齋(静岡県袋井市久能2915-1)へ行きました音符
こちらでは「ひなまつり」が開催されていました(4月3日まで)キラキラ
会場内はまるで迷路のような広さで、その廊下には全国から寄せられたお雛様たちがぎっしり並んでいました!
{07452043-759A-4131-8A8F-2B14C5450C88}
上矢印廊下に飾られたお雛様たち。写真はほんの一部です。
{9A787567-06AC-439B-835D-6355FD826189}
上矢印お料理を囲んで何やら談笑していました。
下矢印こちらでは碁を打っていました。
{A1112910-0BC5-4120-A2DB-394E2F7533B5}

そしてこのひなまつりのシンボルである、日本最大級の32段・1200体のひな壇は圧巻の見応えでしたびっくり
{675A2900-17F1-47DA-AA1B-1265150A8084}

訪れた方たちはみんなひな壇の前でしばらく足を止めてご覧になっていましたキョロキョロ

会場内には他にも、2000体の〝さるぼぼ〟や日本三大つるし雛のひとつである〝宝尽しの傘福〟が飾られており、華やかな和の空間を楽しんでいました照れ

下矢印2000体の〝さるぼぼ〟飾りのひとつ。
{EE33288E-C1B2-4309-A182-39EC587ABD53}

下矢印〝宝尽しの傘福〟
{8C42B208-3EA3-49A7-B074-46709C1B5D12}

お連れしたお客さま方からは「一度はこのひなまつりを見てみたかったの」と、とても喜んで頂けましたおねがい

また〝室内ぼたん園〟も開催されており、会場内は牡丹のいい香りに包まれた優しい空間でした照れ
{BDF8C566-E059-4AC2-A8B4-422788A871A9}


最後に訪れたところは、最近完成した「ふじのくに 茶の都ミュージアム」(静岡県島田市金谷富士見町3053-2)キラキラ

こちらの施設では世界のお茶、日本・静岡のお茶の事を展示と体験、映像などで楽しく学ぶことが出来ました音符
下矢印香りや茶葉のかたちなどを目の前で観察できます。
{94A7B0DD-A2E5-4FF8-9798-D3450D70B563}

下矢印虫めがねで茶草の観察も。
{391D87FD-EDAA-4E48-8057-7F0A29E00DBC}

お茶が有名な静岡県キラキラ
普段からお茶に親しんでいるものの、ミュージアムを見学してみると改めて学ぶことも多かったですキラキラ


一番最初に訪れた「岡部宿大旅籠 柏屋」を始め、出向いた先々では丁寧に解説をして頂いたり、お客様たちは展示物をじっくり観察したりと時間があっという間に過ぎ、気が付けばもうひとつ予定していた場所へお連れする時間が無くなってしまいましたが、皆さまにはご満足いただけたようで安心しましたニコニコ

帰りのバスの中では、「ふじのくに 茶の都ミュージアム」のショップで買った〝ななや〟さん(本店:静岡県藤枝市瀬戸141-1)の抹茶ジェラートを食べながら、旅行の思い出話しに花を咲かせました。
{2771A729-D9B1-4FC8-87B7-0F36FB373B7F}

次の旅行はどこへ皆さまをお連れしようかな照れ


桜黒田呉服店ホームページ桜

黒田呉服店さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス