教育の一環に

テーマ:
国語に算数に理科に社会に体育に家庭科に音楽に保険に、小学校〜中学校にかけて授業で習ったことは社会に出てから全て生かされてくると思います。
もちろん、素因数分解が必要かと聞かれれば答えはNoですし、古典が必要かと聞かれればNoです。けど可能性の幅を広げるという意味では全て一通りうす〜く習っておくことはとても大事なことなのかなと思います。

もう少し勉強しておけばよかったと思うし、それにこんなことを勉強したかったなと思うこともあります。


最近、アプリでする人狼ゲーム(アプリ名は伏せるけど最近流行ってるやつ)が超絶面白いと友人から聞きました。気軽な気持ちで開いてプレイしてみたらこれがめちゃくちゃ面白い。元々顔をつき合わせての人狼ゲームは何度かしたことがあるのですが、チャットで探り合っていくというのが最高に面白いです。

時間を持て余した学生の時分にこんなに面白いゲームに出会っていたら脳みそのシワももう少し増えたんじゃないでしょうかね。

他人を出し抜こうとするためにその人の立場になって物事を合理的に考え、説得力のある推理を唱え、自分の空気にするために上手に言葉を選ぶ。もちろん駆け引きも大事な要素で、時間配分や口数も大事になってくる。

なんて頭を使う素敵なゲームなんでしょう。ルールなんて1分で覚えられますし、すごく簡単。

それに、人狼ゲームって騙し合いのゲームじゃないんです。全員を信じるゲームなんですよね。理論や推理の綻びや矛盾を探すゲームなんです。きっと。奥深い。

久しぶりに血湧き肉躍るスマホアプリに出会ってしまいました。これはもう義務教育に取り入れてもいいんじゃないでしょうか。




明日は最後の三匹の眼鏡です。
寂しい気持ちはありますが、決まったことは仕方がないので最後まではりきって楽しんできます。

場所はいつものハイパーアロー泉北店さんでございます。朝一から16時頃まで、山盛り出してきます。