こんにちは。

 

みなさんがお元気で過ごしていることをお祈りしています。

 

 

東京オリンピック・パラリンピックが1年ほど延期になるというニュース、

ひとつの着地点が見えて、ホッとしました。

 

 

新型コロナの影響で、

オリパラだけでなく

全てのことがどうなるんだろう、どうしていけばいいんだろうという不安に満ちた中で

日々目まぐるしく更新されるニュースに追いつくのに

辟易していた頃でした。

 

 

 

昨年末、光栄なことに聖火ランナーのお話をいただいたんです。

 

年末年始、家族、知人に報告すると、

それは驚いて、そして自分のことのように喜んでくれて。

 

 

7月をワクワクしながら待っていた矢先、この事態。

 

 

正式に東京オリンピック組織委員会から決定の通知をいただいたのが

2月の中旬。

 

その頃には自粛ムードが高まり開催も危ぶまれはじめ、

聖火リレーの在り方自体も不確定なまま、

自分が走らせていただくんですという、この光栄な気持ちも

お伝えできないままでいました。

 

 

世界各地でさまざまなセレモニー等が中止・縮小になったために

準備してこられたことが披露できず

歯がゆい思いをされた方が、世界中にいらっしゃることと思います。

 

 

 

ただ、1年後に延期されたことで、

この時間が多くの人にとって「プラス」の時間になれば、

いえ、

プラスの時間に、ぜひしていきましょう!

 

 

『TOKYO2020+』

 

 

幾度と立ちはだかる逆境にも負けない強さがあることは、

日本の歴史が証明しています。

 

 

Hope Lights Our Way

希望の道を、つなごう

 

 

今までのため息が、これからは希望に満ちた言葉に変わりますように。