舞台『神様の言うとおり2βテスト【リアルタイム物語分岐演劇】』感想 | 黒緋‐クロア‐の中はこうなってます。

黒緋‐クロア‐の中はこうなってます。

ブログと、趣味の小説を書いていくと思います。


テーマ:

 ブログタイトル長い……
神様の言うとおり2

 どうも、クロアです。今回も、秋月愛ちゃんの出演する舞台を観てきたので、その感想を書いていきます。


 感想の前に、舞台の詳細を書かせていただきます。




お願いです!
「ほぼ無料」で「おみやげ付き」の「βテスト公演」の観客になって、夏の本番公演をどう改良すればいいのかご意見・ご提案をその場でアンケート入力し夏の本番公演を500円割引で観劇できる「500円割引クーポン」をもらいに、王子スタジオまでわざわざ来てください!



NICE STALKER 主宰/イトウシンタロウ

※神様の言うとおり2 βテスト公演とは?
NICE STALKERの『神様の言うとおり』シリーズは、上演中に【リアルタイムで行われる観客の電子投票】で【ストーリー分岐】していく 【マルチエンディング展開】の舞台公演です。観客は【自分の携帯電話】を使って【選択肢】を選びます。
βテスト公演とは、2015年7/29~8/2にシアター風姿花伝で上演予定である本編公演の準備作品として、リアルタイム投票システムの開発、ストーリー構成、演出面に関して実験を行い、また、それに対して、βテスターとして参加いただく皆さんからご意見をいただいて、本編製作へフィードバックを図るための公演です。

http://nice-stalker.com/  より引用。




 今回はちゃんと舞台の説明になってる気がする……前回の舞台と同じく、NICE STALKER さんの作品でした。


 簡単に説明すると、舞台の途中で物語の進む方向を決める選択肢が出現し、会場のお客さんがスマホや携帯電話で選択肢を投票するというもの。子どもの頃、似たような物をゲームブックで遊んだ方もいるかもしれません。最近だと、雑誌にある『質問に対してYESとNOで答え、その矢印に沿って進むタイプ分け』が近いのかな?




 今回は、愛ちゃんの水着姿さえ投票で決定することに……危うく見れないところでした。




 ともかく、ストーリー分岐演劇というものに興味がありましたので、物を書く身としては見に行くのが楽しみでした。


 ストーリーは夏の本編にも通じる所があるとのことなので、詳しくは書きません。βテストなので時間も短かったのですが、「もっと見たい!」と思える作品でした。


 お客さんが物語を選ぶので、どうしても舞台の進行はゆっくりなのですが、それでも最後の選択肢はドキドキしました!選ぶのを忘れるぐらい見入っていました。


 お客さんの反応を見つつの舞台だったわけですが、ストーリーは笑いの要素もあり、シリアスな要素(個人的には最後の選択肢がやはり印象的)もありで楽しめました。



 ここからは、分岐演劇のシナリオについての話になります。



 物語を書く身としては、分岐シナリオ作成がどれだけ大変かがわかるので、良い悪いの前に『前説の苦労話でちょっと泣きそうになった』ことを書いておきたい。


 もうね、やろうと思ったら普通の小説5冊は出せるぐらいの文章量になるとおもうんですよ。自分なりに納得するレベルは人それぞれなので、最低でもそれぐらいって認識です。分岐ごとに物語を作るんだから、単純計算でも……1回で2通りに分岐するだけで2本、その後ずっと累乗で、選択肢5つで32通り……


 そんな中、最後のアンケートに『選択肢は2つで大丈夫か』みたいな設問があったけどイトウさん、




 増やしちゃダメですってこれ以上!!!!!




 あまりにも衝撃……4通りなんてした日にはハッピーエンドも到達率0%ですぜ。


 この舞台のシナリオは難易度高いですよ……繰り返し出来るゲームとは違って、舞台は一度きり。お客さんが何度も見る前提で書くのではなく、一度の観賞で満足させないといけない。バッドエンドさえも『ハズレ』ではすまされない。お客さんに選択してもらうのだから、お客さんに選択を後悔させないシナリオである必要がある。


 どのルートでも、「あの選択をして良かった」、「もしあそこであの選択をしていなかったら、どうなっていたか」、「どうなっていたんだろう」、「気になるからもう一度見よう」となるようなシナリオか……いや、実はもっと大変だ。


 お客さんの中で多数決を取るわけで、必ずしも自分の望む選択がなされるわけでは無い。つまり、自分の選択じゃなくても満足させなきゃいけない。




 ハードル高いよ……




 個人的には高すぎてもう潜ってしまおうってレベル。だけど、今日の舞台のラストはやっぱり凄く惹かれたんですよね……


 どうなるかは全く予想できませんが、それでも私は期待して本編も見に行きたいと思っています。


 それでは、失礼します。


クロアさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス