ギックリ腰 寝違え 年末に

テーマ:
こんにちは八木です。

年末に向けて
寒さがますます本格化していく中
ギックリ腰、寝違えで来院される方が増えています。

急性期にお風呂で良く温まって寝たら翌朝痛みで動けなくなって来院したという声をよく聞きます。

ここ数日で急激に冷えこんできており、ゆっくり湯船で温まりたいと思いますが、痛めたり、違和感を感じてすぐは温めないようにして下さい。


痛めてすぐは炎症が強く、熱を持ち、身体の中で出血している様な状態なので温めるとその炎症が広がり、翌日などに悪化してしまいます。

温めているときは、炎症での熱を温めた熱でかき消して少し楽になるのですがその後は脈打つような鋭い痛みが出たりします。


ですので温めずにお風呂はシャワー程度、その後氷をビニル袋に入れて患部に当てるようにアイシングを15分~20分程度行うよう応急処置をして下さい。


早いうちに専門的な治療をうけることをお勧めいたします。