日経平均の月足をみていると、とても買う気にはならない。

 

 27日の東京株式市場で日経平均株価は4日続伸し、前日比107円40銭(0.40%)高の2万6644円71銭で終えた。終値で1991年4月以来およそ29年半ぶりの高値を連日で更新した。国内外で新型コロナウイルスの感染拡大が続くなかで朝方は売りが先行したが、ワクチンの早期開発などへの期待も根強く、運用リスクをとる姿勢が次第に優勢となった。「日経QUICKニュース」

 

 900万円の投資総額は後場終了時点で1570万8305円、+670万8305円(前回比+8万9838円)。日経平均は週間で1100円ほど上昇しているが、資産増加はごくわずか。優待銘柄は下落傾向にあるため、逃げにくい状態。コロナクチン不発なら2021年早々、大恐慌に突入か?