• 31 Aug
    • 可愛いアトリエと小さなカフェ

      ご近所にある、なんて言うんだろう、雑貨ショップ?を訪ねた。 自宅の倉庫を改装して、小物や絵画、デザイン性の高い洋服などを売っている。オーナー自身がアーティストで、この倉庫は彼女のアトリエでもある。時々ワークショップを開いたりもしているようだ。  アーティストの一家が住んでいるのは、丘の上の素敵なお家。土曜日だったせいか、娘さんが庭にテーブルを出して、コーヒーと手作りのお菓子を売っていた。 写真には写っていないけれど、このアーティストの旦那さんらしき人は、無愛想な大工さん。私の想像では、この大きなお家はかなり長い間空き家で、大幅な修築の必要があったのが、彼ら一家が買い取って自分たちで修理しながら暮らしているのではなかろうか。それにしても広い庭、とっても素敵  庭で娘さんが売っていた「エコロジーな原料を使った焼き菓子」とコーヒーを買い、Fikaをした。Fikaとは・・・ Fika―お手本は北欧のカフェスタイル (別冊美しい部屋)1,296円Amazon スウェーデン人のお茶の時間のこと。とても濃いコーヒーとシナモンロールなどの焼き菓子が出てくるのが定番。 Fika(フィーカ) (ele-king books)3,024円Amazon 職場じゃ午後2、3時ごろにたいていあるこのフィーカの時間。スウェーデン人はなしではすませないみたいだけど、出てくるお菓子がたいてい好みじゃなくて、私は苦手。  自宅兼アトリエ、または雑貨店って素敵だなあ。日本でもそんなお家を実現した人がいるみたい。アラフォー女子ひとりでもできた! 小さくてかわいい家づくり1,512円Amazon 楽しい晩夏(ってかもう秋だな!)の週末でした。

      6
      テーマ:
  • 30 Aug
    • スウェーデンを去りたくなる日

      ここ数年すっかり病院のお得意様になってしまった私。 今日は受付でこんな貼り紙を見つけたよ。  品のない言葉呪いの言葉無礼 お断りします。脅迫と暴力は警察に通報します。 だと・・。これ、前に行った診療所にも貼ってあったなあ。自分の意思が通らないからって、病院の受付でキレて暴れる人が、そんなに多いんだろうか。怖!夏休みに行った日本の診療所の受付は、この写真のような窓ガラスの仕切りもなく、全くのオープンスペースだった。こことはえらい違いだよ。そこで、「受付を口汚く罵ったりする人って、本当にいるの?」と窓口の女性に聞いてみると、「いるのよ、本当に困ったもんだ」ということだった。 その背景には、病気になったらすぐに近隣の病院で診てもらえる日本と、急患でもなーっかなか診てもらえないスウェーデンの違いがある。急患なのに何時間も待たされる、時間を予約したのに医者が来ない、診療時間を予約したら一か月後だった・・・ など、ついつい呪いの言葉を吐きたくなる状況がてんこもりなのがスウェーデンの病院事情。だからって、患者が怒鳴ってみても状況は解決しないのだが・・・。 成人してからの人生の3分の2以上をスウェーデンで過ごした私が、もしスウェーデンを去りたくなることがあるとしたら、医療制度に絶望した時だと思う。 それにしても tillmälen とか oförskämdheter って普段あまり使わない言葉なので、そんな言葉を知っている人は、Fワードみたいな汚い言葉を叫びながら公衆の場で大暴れってあんまりしないんじゃないかと思うけど。 今日のストックホルムはひどい雨。暖房の入ってない屋内は寒くてたまらない。これから風邪を引く人が増えて、病院や診療所の受付に人が溢れるんだろうな。くわばら、くわばら (;^_^A 

      13
      テーマ:
  • 29 Aug
  • 26 Aug
    • 私は友達が少ない

      私は家族に、「ママには友達が少ないねえ」とよく言われている。それは真実だと思う。内縁の夫には、高校時代からずっと付き合っている男子が2人いるし、幼馴染も多い。 私と普段リアルで一番よくやりとりをしているのは、以前の記事にも出てきたムスリムの奥様Aさんである。Aさんは実に突拍子もないことをよく叫ぶので、一緒にいるのにもパワーが必要で疲れるが、とても社交的な彼女なので、友達は私だけではない。 実際のところ、私に友達はあまり必要ない。日本に帰ったら親戚づきあいがディープなので寂しさを感じない。高校時代から付き合いを続けている人が二人いるが、一人は遠くにお嫁に行ってメールでしか連絡がつかない。彼女も子供がたくさんいて働いており、きっととても忙しいのだろうから、それでもよいと思っている。もう一人は私が創作を始めるきっかけとなった、栗原先輩である。 大学時代の友達はフェイスブックにもいない。小さいクラスだったし、同じ下宿で仲が良かった子たちはいたのだが、大学時代の最後の方は私が彼女らをあまり好きではなくなったので連絡を絶った。 なにしろ田舎の公立大学だったので、似たような境遇と考え方を持った田舎者が集まっていた。考え方は保守的で、今から考えればせっかく若く体力も知力も漲っているときに、ああいう環境にいたのはもったいなかったと思う。私は旅行のサークルに入っていたので、そのうち自分でバイトしてお金を貯め、長期の休みになると一人旅をするようになった。これが私にはとても性に合っていて、旅行先で色々な人と知り合い、普段の学生生活では得られないような刺激をもらうことができ、とても楽しかった。しかし、それが同じ下宿に住んでいたクラスメートには面白くなかったようで、私を仲間はずれにするようになった。でも私には、自分が見つけた自由な世界の方が堪えられない魅力があり、彼女らに迎合する気はなかった。彼女らが話すことといえば、同じサークルのチンケな男子学生との恋愛話ばかり。そんなの聞いて何が楽しいの。そのうち私は旅先で知り合った社会人と交際するようになった。それが彼女らと決定的に溝を作ってしまったと思う。(その社会人と別れるきっかけを作ってくれたのも実は彼女だったのだか、それはまたの機会に) それから私たちは大学を卒業して、就職先もバラバラになった。なかなか結婚できない私と違い、彼女らは同じ職場で知り合った男性とさっさと結婚し、ついでにさっさと離婚する人もいたが、彼女は新しい就職先をまたさっさと再婚退職した。私は彼女らが私のことを陰であれこれ言っているのを知っていたし、私抜きでどこかに遊びに行ったりしていることも知っていた。それでもう彼女らと付き合いはなくなったが、その中でB子だけは時々電話をかけてきた。それがまた毎回、挨拶もそうそうに頼み事ばかり。何々のチケットを取りに行ってほしい(当時はネットはなかった)とか、今度そっちの○○に行く用事があるのだが泊めてほしいとか。私は最初こそ親切で受け入れてあげていたが、そのうち話さなくてすむように手紙で断るようになった。 彼女は今でも、「スウェーデンに遊びに行きたい」と年賀状を送ってくる。私は返事はしない。なぜなら彼女は、私が自分の貴重な時間を使ってまで交際したい人ではないからだ。不思議だ。人生の一時期友達だったからといって、なぜ一生友達という確証が持てるのだろう。西洋人で離婚するカップルがよく、「私たちは別々の方向へ成長してしまったの」というけれど、本当にそういうものではなかろうか。恋愛でも友情でも同じだけど、相手に思いやりを感じられなくなったら、自分も相手を思いやることはできない。いつもつまらない話しかせず、利用価値がある時だけすり寄ってくる人間と付き合う必要は全くないと思う。 話は飛躍するけど、今学校でいじめられているという子。自分をいじめる仲間と一緒にいなくてはいけない理由は何もありませんから。別れられない事情は色々あるかと思うけど、彼らと決別したら必ずもっとよい友達と出会えます。

      11
      4
      テーマ:
  • 24 Aug
    • 貧乏入門

      よく晴れた晩秋の高い空・・・ ストックホルムの散歩道。  この本を読んだ。 貧乏入門1,512円Amazon 物を欲しがるのは、それを持つことによって自分の価値が上がると思い込むから。それを持ちさえすれば、自分が幸せになると思うから・・・ なのだそうだ。そうかもね。アレが欲しい、と思うときの刺激がたまらない快感で、それが手に入ったとたん、その刺激は消えてしまう。すると、家には自分をもう奮い立たせることがないモノがどんどん増えて、ノイズを出し始める。 私もどちらかというと家にモノを増やしたくない方なので、言われていることはよくわかる。例えば、自宅に広い衣装専用の部屋があって、イメルダ夫人のように靴が何百足もズラリ・・・ というのが多くの女性の夢だそうだが、私はそういうのは面倒だと思う。だいたいよく身に着ける服や靴というのは1シーズンに4、5着や2、3足と決まっているものだ。それがくたびれてきたり、流行遅れになったら捨てて、新しいものを買う。この本でも言及されているが、今の世の中、お金さえあればモノを溜め込む必要はないのである。 著者の小池さんは僧侶らしく、いつも身に着けるものは僧衣と決まっている。これは中学生に制服があるみたいでなかなか便利。(ちなみに子供の制服は、個性を押さえつけるものとして一部の日本人に不評だが、制服のないスウェーデンの生徒に聞くと、なかなか肯定的な意見が多い。その理由は「着るものを毎朝考えなくてよいから便利」「貧富の差が見た目に出ないのが公平だ」)しかし、その衣の素材にはこだわりがあって特注しているし、食べるものも高くてもエコロジーなものをわざわざ選んでいるそうだ。何にでもケチケチと節約するのではなく、ケチるポイントとパッと贅沢に使うポイントを押さえている。なぜなら、貧乏なのと貧乏臭いことは違っているから。貧乏にも幸福感を感じるものであれば、それは貧乏臭くはないのだそうだ。 家にモノを増やさない秘訣として、必要なものと欲しいものは実は違うので、モノを買うとき、「これは必要なのか、それとも欲しいだけなのか」を自問してみるとよい。 というわけで、最近欲しいからというだけで手袋を買ってしまった私は、まだかなり煩悩の多い人間だということがわかった。

      9
      テーマ:
  • 20 Aug
    • ラッキーM

      手相学によると、手のひらにMの字があるのは、大幸運の手相なんだそうだ。写真と解説 →http://spotlight-media.jp/article/229478424562222978 実は私、両手ともMがある。この相が手のひらにあると、望むものが何でも手に入るのだそうだ。そう言われてみれば、確かに。私は欲したものはたいてい手にしているかも。ま、そんなに大それた希望を持っていないから、ということはありますが。世界征服とか。 この「ラッキーM」の力を、もっと若い頃から信じていればよかった。そうしたら世界征服とはいかなくても、もっと違った人生だったかも(笑) いや、やっぱり手相だけではどうしようもなかったかな。もう5年ぐらい前になるか、四柱推命の有名な先生に見てもらうと、私の「人生最悪の時期」はもう過ぎているので、今後は何をしてもOKだそうだった。じゃ、その「人生最悪の時期」っていつ頃だったんかな ・・・ と思ったが、時間切れで聞けなかった。 でも自分の人生を振り返ってみると、あの頃がそうだったのかな、というのはわかる。その頃はなぜか、運が悪いというか、私の田舎の方言で言うとまんが悪いというか、良かれと思ってやることなすことがすべて、逆方向へ向かって展開した。今考えると、「なんであの時○○しなかったんだろう ・・・」とか、「あの人が、あんなことをたまたま言い出したのを聞きさえしなければ・・・」とかほんの些細な出来事が、自分の悪運を引き寄せていた。不思議なくらいに。 だから、ひょっとして今、何かモヤモヤした気分でいる人、なんだか何もかも上手くいかない人、これから一生その気分を引きずって生きなくてはいけないとは限らないですよ。今がたまたま、あなたの「人生最悪の時期」なのかも。 私は今、自分の手のひらのMに、いくつか願い事をしている。叶うかな? いや絶対叶うのだろう。今までもそうだったから。叶うとわかってんだったら、もうちょっと大きな望みもこっそり抱いてみようかな。世界征服とか。 島田秀平の手相占い1,296円Amazon  

      12
      2
      テーマ:
  • 15 Aug
    • 自分に一番安く簡単な投資をするなら

      前回のブログ投稿で、20代の頃の私に言いたかったこと。「自分に合っているかどうかわからない仕事でも、とりあえず本気で取り組んでみよ。」バブル華やかかりし時代に社会人になって、自分にはもっと素敵な選択肢があるような気がしていた。世間の景気が良いだけなのに、なぜか自分まで大物になったような気分でいたのだ。(恐ろしい勘違い) もう一つ当時の自分に言いたいことがあるとすれば、「若い時にしか着られない服はあるのだから、もっとおしゃれをして外を歩けばよかった」 体育会だったこともあり、大学生の頃はジャージでキャンパスを歩いて平気だったのだ。そんな色気のないことでは・・・。 これは若い女性ではなく、男性のビジネスマン向けの本なのだが、 一流の人はなぜそこまで、見た目にこだわるのか? 一流のこだわりシリーズ0円Amazon 「外見へのこだわりは、即効性のある最も合理的な投資です」 だそうだ。そうだなあ。いくら人は中身だといっても、教養は一日二日で身に着くものではないし、お金も銀行強盗でもしない限り、一気に手に入れることはできない。 でも身なりを整えることは、数万円、場合によっては数千円の投資で、1日でできる。見た目で相手にされなかったら、自分の中身のよさをわかってもらうこともできないのだから、これは本当に安くて手軽な投資になるかも。 化粧品や服に数千円の投資もできない、というならば、せめて姿勢に気をつけてみるとか。これなら無料でしょう。 上半身は上から引っ張られているように下半身はしっかり地を踏みしめて腹は常にへっこます これを気を付けるだけでOK!これらに気をつけるだけで、私は久しぶりに身長を測ってみると1センチ3ミリほど伸びていたよ。この年齢で! 本当なら年齢を重ねるごとに背は低くなるはずなのに。本当に一番簡単でお金のかからない、自分に対する投資として、おススメです。 一流の人はなぜ姿勢が美しいのか―日本人が八〇〇年伝え継いだ本物の礼法1,512円Amazon 

      11
      2
      テーマ:
  • 14 Aug
    • 貧困女子と若い頃の私へ

      最近日本では「貧困女子」と呼ばれる女子がいるそうだ。家庭の事情等で、貧困生活を余儀なくされている女性がいるのはわかるけれど、中にはちゃんとした学校を出て、働いているのにワーキングプアで貧困に近い生活状態という女性もいる。私は90年代半ば、バブルの終焉ごろにスウェーデンに移住してきたので、日本人が貧困に悩むようになった、だなんてとても信じられない。 この間飛行機の中で出会った、日本在住の外国系奥さんの娘さんは、高校の時から奨学金を借りて、私立の大学に進学し、今や返済が毎月10万円だそうだ。・・・ そんなんじゃ、将来のために貯金するのは難しいのでは? そりゃスウェーデンだって大学に進学する人の多くは奨学金を借りている。でも、返済が月に10万円なんて人いるのかな?  あるブログ友さんの投稿を読むと、日本の学校では生徒本人の希望に拘わらず、進路指導でまず進学を薦められるのだそうだ。ううむ・・・。 こんな本を読んだ ↓なぜ、勉強しても出世できないのか?いま求められる「脱スキル」の仕事術【電子書籍】[ 佐藤 留美 ]756円楽天 作者の言うことに全面的に賛成ではないけれど、私も社会人生活何十年を経て、共感できることはある。凡人は変にもがくのをやめて、今与えられた場所でベストを尽くした方が長い目で見るとトクだということだね。 小さいころから、何かどうしてもやりたい事がある人は幸せだと思う。たいていの人は特にこれといってやりたいことが思い浮かばないから、なんとなく進学してしまうんじゃないかな。そして就職しても、自分には何か他のことができるような気がして、転職したくなる。資格ビジネスに散財する。お稽古事にいそしんでしまう。 そんな気持ちは私も経験あるのだが、もし今の自分がOLなりたてだったその頃の自分に、アドバイスができるとしたら、そこで発想を変えて、嫌な仕事・なんか自分に合っていないようなピンと来ない仕事も、お金のためと割り切って頑張るべきだった。すると、そのうち何か見えてくるものがあったかもしれない。とは思うのだけれど、当時色々と目移りしてしまっていたのはバブルのせいだったかもしれないね。今の時代を生きる若い女性の方が、その点では肝が据わっている。 将来何があっても、先立つものはあった方が心強いのだから、仕事があるだけありがたいと思い、節約しながら少しでもいいから貯金していく。それから将来結婚して、家庭に入るというのもありかもしれないけれど、もし結婚できず仕事もなかったら、それこそ目も当てられない。だから独身の時の仕事は大事だよ。 自分探しに迷って、ふらりと退職なんてしてしまわないように。まずはいる場所でベストを尽くしてみよう。 賢い女性の[お金の稼ぎ方・ふやし方・守り方]―一生、お金に困らない55のルール1,512円Amazon  

      9
      テーマ:
  • 12 Aug
    • ちょっと寒くなったことと茸

      先日このブログにも書いた、近所のスーパーの前に陣取っているロマ人(ジプシー)の女性。最近ちょっと座る位置を変えて(どうしてかな・・・) スーパーの出入り口すぐ出たところじゃなくて、広場の真ん中っぽいとこに座っているの。スーパーの人に、入り口に近寄るなと言われたわけでは断じてない。スーパーの敷地の中に座ってはいけないけれど、敷地外に座るのならスーパーの人は口を出す権利はないのである。あれは三年ほど前だったか、ストックホルムの街にロマ人の乞食が増え始めた頃、某スーパーの店長が自分の店のすぐ外に座り物乞いをしている女性に、バケツで水をぶっかけたことがあった。その出来事が新聞に取り上げられたとたん、貧しい人の人権を守る良識ある人々から非難轟々を受けることとなり、彼は終いにそのスーパーを解雇されてしまった。 スウェーデン人恐ろしや・・・ かくして東欧からはるばるやって来た彼女らは、スウェーデンの街角で堂々と物乞いができるようになったのである。  立ったまま埋めてくれ―ジプシーの旅と暮らし3,024円Amazon この間から何度かお菓子をあげた女性に、広場でたまたま会うと、身振り手振りで「寒い」ことを訴えられた。確かにここ数日、秋口のような寒さだ。日本ではこれからお盆だというのに・・・。 それから彼女は、サンダルをひっかけた裸足を指さした。今度は靴下をくれというのだろう。  そうだ、今は茸の季節なんだ。森に生えている黄色い茸、カンタレッリ。スープにしてよし、パイにしてよし。もちろん味噌汁の具にもね。この季節を逃すと、いつの間にか消えてしまう。もちろん乾燥させて保存してもいいんだけれど、私はあのコリッとした生のカンタレッリが好きなのだ。 私はお店で買うことしかできないけれど、近場の森に行き自分でカンタレッリ狩りをする人もいる。このキノコ狩りはたいてい、名人と呼ばれる人が身近に一人はいるものだ。しかし私はやっぱり怖くて挑戦できない。不十分な知識でキノコ狩りをした外国系住民が、毒にあたって重篤に陥るニュースが毎年流れる。 スウェーデンの秋はとても短いけれど、空がすごく高く澄み渡って、心地よい程度に冷たい風が吹くのが、とても気持ちいい。でもそれが過ぎると、またどーーーんと暗くなっちゃうんだなあ。 

      6
      テーマ:
  • 09 Aug
    • 八月のある一日

      皆さん、オリンピック見てますか?私は見ていません。スウェーデンではオリンピックは3チャンネルでやっているんだけど、うちのテレビでは3チャンネルは見られないの。どうしてそんな一大行事を、日本で言うとNHKみたいな1、2チャンネルで、つまりテレビ持っている人なら国民誰でも見られるようなチャンネルで放送しないのか。そのくせ、ちゃんと受信料取ってるところは日本のNHKと同じ。はっ、ばかばかしい。もうテレビ見ません。というか、だいぶ前から見てないけど。 今日は半世紀に及ぶ私の人生の中で初めての体験をした。それは、昼食をとったインドレストランで、財布を椅子の上に忘れたこと。財布を置き忘れるなんて、自分にはありえないと思っていた。店を出て10分ぐらいで気づいて慌てて戻ったら、店の人が私の財布をちゃんと保管してくれていたからよかったものの。ほんと、私もうボケ始めているんじゃないかと思った。 今日はMigrationsverket(移民局)に行ってきた。日本は二重国籍を禁じているため、こんなに長くスウェーデンに住みながら今も日本国籍の私は、5年ごとに滞在許可証を更新しなくてはならないのだ。 新しい滞在許可証を作る手続きとは、写真を撮って両手の人差し指の指紋を取り、サインをする。これだけ。写真とサインはカードに記載されるが、指紋はどこに記録されているのだろう。 5年前は朝早く列に並んで、3時間ぐらい待って、やっと係員に会えたと思ったら用事は3分で済んだものだが、今回はネットで時間を予約できたので、10分ぐらいしか待たなくて済んだ。私の手続きをしてくれた係員はかなり若い兄ちゃんで、「英語の方がいいですか」なんて私に英語で聞いてきやがる。なんの、私はあんたより長くスウェーデンに住んでいるかもしれないのよ。と腹の中で思いつつ、スウェーデン語で結構ですよ、と答えた。確かに、何十年スウェーデンに住んでも、スウェーデン語を話さない人はたくさんいるが、でも一生英語を解さない人もたくさんいるのだよ???こっちの人はなんで、 外国人 = 英語 って思うんだろう。英語を母語とせず、母国で学校に通ったことなどない移民もたくさんいるのに。 今年の夏季休暇の季節もそろそろ終わり、今週ぐらいから皆職場に戻って来て、通常営業が始まる。そして暗い冬へどんどん近づいていくんだなあ、と思うとなんだか物悲しい。

      8
      テーマ:

プロフィール

ケータイ作家さよこ☆スウェーデン在住

性別:
女性
自己紹介:
子供が生まれてから、十代の頃好きだった文筆を再開。 2000年 第72 回 コスモス文学新人賞 ...

続きを見る >

読者になる

AD

月別

一覧を見る

カレンダー

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31






王冠1【完全に冷え切った夫婦仲をラブラブにするガイドブック】最短でセックスレスを解消し、新婚当初のラブラブ夫婦を取り戻す方法。







海外に日本の本を発送してもらうのに便利です。最近は電子書籍も多数ダウンロードできるようになりました ↓ 海外に住む本好きの人にはありがたいサイトです。





私もやりました。これは当たってて面白いです。オススメ ↓





AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。