• 26 Feb
    • ハイヒールのすすめ

      最近こんな記事を見つけた ↓バレエシューズは足にダメージを与えるってホント!? 5センチ以上のヒールは歩くには厳しい私だが、ペタンコ靴も体によくなかったとは・・・ きっと靴は、体の疲れに深い関係があると思う。 私も楽で何足か持っているし、確かに歩きやすいというのはあるんだけど、5センチ以下でもいいからやっぱりヒール はあったほうがいいような気がしていた。というのは、旅行先で写した写真を見て、バレエシューズ を履いている姿がとてもぶかっこうに見えたからだ。本当におばさんぽかった。 これが少しでもヒールがあるものを履いていたら、もうちょっとカッコよく見えたのではないか・・・と思ったのだ。若いときはペタ靴もさまになっていたはずなのに・・・ 年齢と共に似合うものも変わるということだ。それを最近痛感しているので、これからはヒールのある靴を選ぼうと決心した。 はあ、これでペタンコ靴を避ける正当な理由がもう一つ見つかった。ヒールがある靴ではやっぱり速く歩けそうにない! と思ったら、こんな本もあるので参考にしたい。↓ハイヒール・マジック! -あなたのキレイが必ずかなう、ハイヒールの履き方歩き方- (講談社の実.../マダム 由美子 ¥1,365 Amazon.co.jp

      テーマ:
  • 25 Feb
    • 新しい配信元

      Iphoneの出現で、ケータイ小説市場にも異変が起きたか?新しいケータイ小説の配信元を開拓しなくてはいけないと思っていた矢先、某所を通じて女性向け実用書、恋愛・官能小説を書ける女性作家の募集があったから応募してみました。 こういうときは必ずサンプルを求められるので、2002年に光文社の一般公募で入賞したものを添付。 今日、出版社から返事があった。「金色のタペストリー」、スタッフと読ませて頂きました。 上品で描写が繊細、作品の世界に引き込まれる素晴らしい作品だと思います。官能小説の大半は、冒頭でストーリーが想像でき、官能シーンでは行為だけになるケースが殆どですが、 この作品は主人公の気持ちや状況が丁寧に書かれていて、まさに「女性が読みたくなる官能(恋愛)小説」です。 ご存じないかもしれませんが、読んでいるうちに「エマニエル夫人」を思い出しました。 ありがとうございます!はいはい、知っていますよ、「エマニエル夫人」、私の年代なら。ただし当時映画館に見に行ける年齢ではなかったですが。 拙作の発表の場がまた見つかった ・・・ のはとてもうれしいんだけど、5月までは本業が忙しすぎて、新しい作品つくりは遅々としてまったく進まず・・・  この夏にはもっと執筆に力を入れようと思う。教養としての官能小説案内 (ちくま新書)/永田 守弘 ¥777 Amazon.co.jp

      テーマ:
  • 24 Feb
    • 一人舞台 マリア・カラス

      昨日はスウェーデンで有名な俳優リカルド・ウォルフの一人舞台「マリア・カラス ~答えのない人生」を見に行った。 男性の リカルド・ウォルフ  が私の好きなカラスを演じ、彼女の人生を一人称で語る。なかなか見ごたえのある舞台だった。 「シャネルなんてやめてよ。それを着ると私は女事務員みたいに見えるから」 「ミラノのスカラ座に初めて立ったとき、世界一のオペラの舞台はどんな風に見えるかってマスコミに聞かれたの。どんな風に、ったって私は近眼だからどこも同じように見えるって答えたわ」 「私はモラルある女なの。何が正しくて、何がいけないかはっきりわかっているのよ - 私にとっては」 ディーバのクラシックな服装を再現した舞台衣装がシンプルな中にも印象深く、衣装を担当したのはおそらく彼女では、と思ったらやっぱり! Camilla Thulin (写真)でした。 ああー、いいなあ!  ちなみに一緒に行った方は90歳のご夫婦でした。この劇はとても人気があるのでなかなかチケットが手に入らないところ、奥さんが劇場友の会の世話役をしているせいで、チケットを無料でもらえたので誘っていただけた。90歳にして意欲的に観劇を続けているご夫婦・・・  すごい。素敵なカルチャーに触れると自分も創作意欲を刺激されますね。マリア・カラス―ひとりの女の生涯/ピエール=ジャン レミ ¥3,990 Amazon.co.jp

      テーマ:
  • 20 Feb
    • 日々思うこと

      一応スウェーデンは皆共働きということになっているけれど、私と同年代ぐらい(次第に閉経の人も増えてくるぐらい)になると、もう働いてない女性は多い。 若いころ働いていたが失業して、そのまま再就職できなかったという人が多いけど、旦那さんの仕事が順調なので、大嫌いな仕事を辞めることができたという幸運な人もたまにいる。そうよね、その仕事が楽で好きなものだったら、絶対辞めないものね。逆に嫌いだけど生活のために65歳まで続けないといけないなら地獄だわ。 私は今の仕事は楽だと思うし、何の不満もないけれど、でも時々何もかも面倒臭くなってしまうのよね。上の階に住むシングルマザーの奥さんは私と同年代。うつ病でもう長い間働いていないそうだ。それで狭い部屋で大きくなった子供たちといがみ合いながら暮らしている。それもまた閉塞感だよなあ。 お金があって暇もあるというのが最高だけど、なぜかどちらか、もしくは最悪どちらも欠けている。でもどちらか欠けているのを選べと言われたら、どちらを選びますか? 私は暇が欠けているほうを選ぶかしら。だって、暇だとつまらないことばかり考えてしまいそうだし。それにお金があったら家事などをアウトソーシングして時間を買うことだってできる。 暇があったって、お金がなかったら現代社会で節約生活も限界があり、どこか貧乏臭く見えてしまうもの。でもやっぱり一番いいのは、両方とも適度にあることですよね!シンプルライフをめざす基本の家事―暮らしにゆとりをつくります/著者不明 ¥1,785 Amazon.co.jp 大原照子のシンプル家事ノート ~モノを減らせば、掃除も片付けもグンとラクになる~/大原 照子 ¥1,470 Amazon.co.jp

      テーマ:
  • 18 Feb
    • 小旅行

      一昨日の夕方から昨日の午後にかけて、小旅行に行ってきました。 Gripsholmens Värdhus   とっても素敵な元貴族の館でした(今はホテルと会議センター) こういうのをマナーハウスと言うのかな?でも建物が古くて寒かったせいか、風邪気味。 こういう旅行は、食事も豪勢でとっても楽しいけれど、実は「1日でもいいから、家で遠慮なく終日ゴロゴロできる休みがほしい・・・」と思っているのです。コレが今、私の最大の望み。いつになったら外に何も用事がない日ができるんでしょう?写真は後日UPします。英国貴族の館に泊まる―ロンドンからの小旅行 (Shotor Travel)/山内 史子¥1,785Amazon.co.jp

      テーマ:
  • 16 Feb
    • バレンタインに思ったこと

      スウェーデンでもバレンタインデー Alla hjärtans dag(全ての心の日) は少しづつ浸透してきたみたいで、昨週末にデパートに行くとあちらこちらでそれらしく装飾された売り場が目立った。だが、周囲の人に「バレンタインに何かした?」とたずねても、中高校生ですら9割方が特別なことは何もしなかったと答える。 不思議だな。たいていの人がキリスト教徒ではない日本で、バレンタインはあんな一大行事なのにさ・・・。 先日、ある高校生が社会科の宿題のため、こんな質問をしてきた。 日本人を特徴付ける、日本人にとって大切なものは何か? 例えばそれは、スウェーデン人にとっては所有者に関係なく自然を共有できる権利 allmänsrättenとかだそうだ。 私は、日本人にとってのそれは「流行を追うこと」だと思うと答えた。 私の言うこの流行というのには、季節の移り変わりも含まれる。日本はものすごく四季がはっきりしていて、その時々に合わせた服装やインテリアをしていないと、変人がられる。また、国民の誰もが注目するニュースやトレンドアイテムというのが常にあって、それに乗っていないとまた変人がられる。もちろん、スウェーデンにも季節はあるし、ニュースもトレンドもあるのだけれど、日本ほど大多数の人がとやかく言いながら同じ流行に乗りまくるということはない。もっと自分の好みや信条を大事にしているような気がする。 私はその背景には、日本の変わりやすい四季と、スウェーデンの二季(長ーい冬とそれ以外の季節)の違いがあるのではないかと思うが・・・ それにしても、自分たちの宗教と関係ない記念日で盛り上がったと思ったら、義理チョコとか、友チョコとか、おまけにホワイトデーとか空いた口がふさがらないような商業的記念日も作ってしまう日本人。やっぱり面白いことを次々と考え付いてどんどん発展させてしまうなんて、アイデアが豊富なんだなあ、イノベーションだ! と思うが、それに便乗してしまう人たちがたくさんいなければそれも続かないわけで。 息をつくひまもないように感じるんだけど、日本の皆さん、疲れませんか? チャートでみる日本の流行年史/著者不明¥1,835Amazon.co.jpなぜ賢い人も流行にはまるのか―ファッドの社会心理学/ジョエル ベスト¥2,730Amazon.co.jp

      テーマ:
  • 11 Feb
    • 雪地獄

      ああ・・・ 起きてほしくないことが、また起きてしまった。 昼まではなんともない冬の昼下がり ・・・ だったのに、夕方から急に雪模様。 今夜でかけるのやだな・・・ と思いつつ、いやいやながら車で外出。案の定、第四国道は大渋滞。どこかで大型トラックが止まってしまったらしい ・・・ ああ、雪よ、雪。 きっと駐車場もなかなか見つからないのだろうな、と思いつつ、一抹の不安を覚えながら一番奥の空き地に駐車。その時既にパサパサの雪はかなり積もっていて駐車もちょっと困難。 3時間後。用事を終えて駐車場に戻ると、たくさんの車が立ち往生してもめている。 雪が20センチも積もると、車は動けなくなるのだ。しかも突然積もった雪は湿気を含まずパッサパサ。私も何度もエンストしながら、恐怖の雪地獄をタイヤで掻き分ける。国道に入ると、さすがに多くの交通量のおかげでタイヤ跡に道ができており、快適。 しかし、今度は積雪のためガレージの前で立ち往生、自分の駐車場に入れない。 だいたいなんで雪というのはいつも何の予告もなく突然どかっと降るのかしら。 ああ、どうして、どうしてこんな所に来てしまったのだろう ・・・ こういう時は本当に思うのよね。雪が降らないところに引っ越したい・・・。 たまたま通りかかった近所の人たちの助けのおかげで何とかガレージに入ることができたけれど、今度は絶対大型スコップを車に常備しておかなくてはいけないと思ったわ。今回もたまたまスコップを持っていた人のおかげで助かった。 私は意外に体力あると驚かれるのだが、こういう非常事態こそ、この力を発揮するときだ。今度は自分がスコップを常備して、他の人を助けられるようになりたいものだ。夜中の騒音は除雪車が走り回っている音だ。ああ、ありがたや。しかし、本当に、なんでこんなところに人が住んでいるのだろう・・・。 私のかねてからの夢。 将来は、夏スウェーデンに住んで、春と秋は日本に住んで、冬は雪の降らないところに住む。地中海の島が好きなので、海を見ながら仕事ができたらいいなあ。「どこでもオフィス」仕事術―効率・集中・アイデアを生む「ノマドワーキング」実践法/中谷 健一 ¥1,500 Amazon.co.jp

      テーマ:
  • 07 Feb
    • 遊び過ぎ

      以前はだいたい毎日または確実に更新できていたのに、このところはそれもなかなか難しいこのブログ。はあ~、また旅行なの、遊び過ぎよ。でもそれは私じゃありません。私は仕事と家庭の雑用で忙しくて、ブログ更新すらままならないのよ。なのに、私の母ときたら、もう毎週のようにどこかに旅行に行っているの。ま、毎週は言いすぎかもしれないけど、月に一度は泊りがけでどこかに行っている。まるで10代や20代の若者のよう。母は今でも内職的な仕事はしていて、自由になるおこづかいがあるので、同業者の友達と一緒に遊び歩いているらしい。いいなあ。「成人してから結婚するまで」と、「子供が独立した後から体が動かなくなるまで」が人生の最も自由な時なんだろうな。第二の人生を謳歌するのはけっこうなことで、子供としても喜ばしいのだけれど、でも私は一言言いたい。あの・・・ 葬式代ぐらいは残しておいてくださいね・・・五十歳から第二の青春/稲葉 尋子¥630Amazon.co.jp

      テーマ:
  • 04 Feb
    • おしゃれに見えるコツ

      どんな人でもおしゃれに見えるコツがあるそうだ。 それは・・・ 新しい服を着る こと。買いたての服を着ていたら、安い服でも新しいというだけでパリッとして見える。 特にダサい男性にはお薦めだそうだ。 古い服なら、組み合わせのセンスが問われるし、よほど質のいいものでないとそう長くは着られない。 デザインはそれほど変わらなくても、なぜか古い服にはそれらしさが漂う。 5年ぐらい前に買って好きだった服も、急に似合わなくなったり、おかしく見えたりすることがある。人は次第に年をとっていくものだ。サイズは変わらなくても、体型は変わっている。なので、ガーデローブのアップデートはやはり常に必要なのだ。 なので、高い服を買ったのに、大事にしすぎてあまり着ない・・・ ほどもったいないことはない。買ったらすぐにバンバン着た倒して、数年たったら買い換える。それが一番よいのだそうだ。 とはいえ、なかなか服は捨てられない・・・  そこで私は考えた。服を買ったとき、内側についている白い小さな取り扱い説明表示票などに、買った日付と値段を書いておく。できれば着た回数なんかもあればいいかも。 数年後、「これはこんなに安く買って何回も着たのだから、もう捨ててもバチは当たらないだろう・・・ 」と思えるだろう。私のようにケチで捨てられない人にはこんな方法もいいかもしれない!理論派スタイリストが伝授 おしゃれの手抜き/大草 直子¥1,260Amazon.co.jp

      テーマ:
  • 03 Feb
    • 秘密の百万長者

      先日、テレビにウォンナさんが出ていたので思わず見てしまった。 彼女はポーランド出身の不動産長者。スウェーデン国内にいくつかの賃貸物件を所有し、今日その価値は10億クローネ(約130億円)になるという。 そんな彼女が、1週間貧しい人が住む地域に匿名で暮らし、本当に金銭的援助が必要な人に自腹で百万円単位の寄付をするというテレビ番組に出演した。なかなか面白かった。 ↓Den hemlige miljonären (秘密の百万長者) この番組には毎週、ビジネスで成功したお金持ちが出演し、ホームレスや薬物中毒者のための施設を匿名で訪れてその実態を観察し、どこに自分のお金を寄付をするかを決める。ウォンナさん自身、貧しい中から自分で身を起こし財産を築いた人。この番組には賛否両論あるようだが、団体にぽんと寄付するのではなく、自分の目で本当に助けが必要な人を見極めて寄付をできるというのはいいことだと思った。だって、助けて詐欺なんてよくあるもんね。 そんなウォンナさんに現在欠けているのは、男性の愛なのだそう。夕刊新聞で、恋人を募集している ↓ 募集要項 (スウェーデン語)お金目当てに近づいてくる男には飽き飽きしているので、自分にもある程度お金がある人がいいのだそう。ふふふ。 でも、お城のような邸宅に住んでお子さんもお孫さんもいるウォンナさん、人生は完璧でないほうがおもしろいかもよ

      テーマ:

プロフィール

ケータイ作家さよこ☆スウェーデン在住

性別:
女性
自己紹介:
子供が生まれてから、十代の頃好きだった文筆を再開。 2000年 第72 回 コスモス文学新人賞 ...

続きを見る >

読者になる

AD

月別

一覧を見る

カレンダー

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28






王冠1【完全に冷え切った夫婦仲をラブラブにするガイドブック】最短でセックスレスを解消し、新婚当初のラブラブ夫婦を取り戻す方法。







海外に日本の本を発送してもらうのに便利です。最近は電子書籍も多数ダウンロードできるようになりました ↓ 海外に住む本好きの人にはありがたいサイトです。





私もやりました。これは当たってて面白いです。オススメ ↓





AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。