一生独身生活する指針として、

「自活」することは最低条件として生きてきた。

 

経済的な自立、炊事・洗濯・掃除・身を小綺麗にする等々・・・

 

病状が悪化してからもその指針を守り「自活」できなくなったら、実家のある静岡に帰ろうと決めている。

ここ2ヶ月くらいで転げ落ちるように体調が悪くなっている。

「自活」のために生活に工夫を加えたり、習慣を変えたりする必要がある。

 

脚がむくんで、体重が約5㎏増えている。

全部「水」である。

歩くのが大変であると同時に”立ち上がる”のも大変。

 

【以前の部屋】

↓↓↓ 

【今の部屋】

先週、机を買った。

 

【以前の部屋】

ここにマットを引いて寝ていた。

↓↓↓ 

【今の部屋】

先週、ベットを買った。

 

これだけでも、生活はとても楽になる。

しかし、楽をする分、これからの衰えに拍車がかかるのではないか心配である。

 

自分のアパートは2階で玄関を開けると14段の階段を昇る。

最近、手すりがないとあがれない。

時々、途中で休む。

 

「日々鍛錬である」の精神で体調と上手に付き合っていこうと思う。