3月のワークショップについて水野より | くりてん日記~劇団くりびつてんぎょうのブログ~
新型コロナウイルスに関する情報について

くりてん日記~劇団くりびつてんぎょうのブログ~

劇団員達の活動~稽古風景や日常や告知情報!
劇団ホームページ⇒http://kuribitsu-tengyou.jp/


コロナコロナコロナコロナ



自粛なのか他粛なのか昨今の中止ブームの中、ワークショップなどという軽薄な、演劇活動などという不謹慎な、極めて濃厚接触を必要とされる場を用いるか否や。



河原乞食呼ばわりされる事を甘んじて受け入れる強靭さを良しとしなければいけない、との教えを説かれてきた人間としては、この開催自粛という決断は断腸の思いでありました。



マスク着用を許可し、これでもかと手を洗い、手はおろか胃袋までも過度なまでにアルコールで消毒をし、芝居の基本は間だ!空間を抱くように感情を解放するんだ!よせ近づくな!直接的な表現は観客の想像する隙間を奪うんだ!バカ触るな!などと、それっぽく出来るだけ接触を避けるやり方も可能だったとは思いますが、やっぱりそれじゃあ嘘だよな。

濃厚に過度な精神的肉体的接触がなければ、お為ごかしなワークショップになってしまうなと考えるに至ってしまいました。



お芝居なんてもんは所詮嘘です偽物です。

でも、人に伝える為には本気でなきゃいけないと思っています。



この怨みは必ずや己の裡に沈殿させ、消化し昇華させ、作品作りの媒介として浄化させると肝に命じさせなければいけません。

この怨念をワークショップの代替案とし、また皆様とお会い出来る日を心よりお待ちしております。



劇団くりびつてんぎょうの

演出っぽい人 

水野宏太