今日のねこ

 

 

 
ごはんの時間が決まっている我が家のおネコ。
「コントロールされるのは嫌だ!」
とごはんの時間、2時間前から盛大にごはんコールを始めます…
 

 

 

 

 

 

世界的名著である、スティーブン・R・コヴィー著『7つの習慣』は

コーチングの軸である、“主体的に生きること”から始まっています。

 

主体的な人は

自分の行動に対する責任をとり、状況や環境、または条件づけのせいにしようとはしません。

今の自分の人生は、自らの価値観に基づく選択の結果であると受け入れています。

 

自分の人生が、今までの条件づけや周りの状況にコントロールされていると感じているならば

それは、そうしたものに自分が主導権を譲った結果です。

このような反応的な人は他人の行動や言葉に左右され、振り回されることになります。

 

なので、コーチングでは、第三者が出てくる問題の場合でも、その第三者にはフォーカスしません。

クライアント思考で、クライアントを中心にセッションを進めます。

「第三者をどうしたい?」

ではなく

「あなたはどうしたい?」

ということにフォーカスしていきます。

なぜなら、自分以外の人をコントロールすることは難しく、問題は根深くなり、深刻になるからです。

そして実際は、コントロールしようとしているその第三者にコントロールされていることになってしまうからです。

簡単に言うと、第三者に振り回されて生きることになる、ということです。

 

コントロールできるのは自分だけです。

 

ただ、クライアントは八方ふさがりの状態でセッションを受けることがほとんどです。

あなたはどうしたいの?と単純に聞かれても、それがわからない場合がほとんどですし

先月のコーチング体験会でも

「もうできることはすべてしたんです!もう頑張れることはありません!」

とセッションの途中でおっしゃったクライアントがいました。

心からの叫びだったと思います。

どうしたい?と聞かれても、ひとりで考えられること、できることはすべてしてきたけれど、うまくいかないから…どうしていいかわからないから…セッションを受けにこられています。

 

通常コーチングは継続で

たった1回のコーチングセッションで問題解決できることは少ないと思います。

 

ただ1回1回のコーチングのセッションの終わりにどうなっていたいか?の、ゴールは必ずクライアントに決めてもらいます。

ゴールとは、1時間のセッションを受けた後「どんな気持ちになっていたい」だったり「まずどんな行動からするとよいかをみつけたい」などです。

 

そのゴールにむかって、「もうこれ以上頑張れることはない」と思われているクライアントの気持ちの整理を少しづつしていきます。

コーチからの質問によって視点が変わり、フォーカスするところが変わったことから気づくこともあります。

コーチと話すことにより、同じことを何度も話していることに気がつき、本当の問題は別のところにあったと気が付くこともあります。

問題を俯瞰できる質問で、気づくこともあります。

 

コーチは質問によってあなたを変えようとする訳ではありません。

誘導もアドバイスも否定もしません。

 

コーチはただあなたを「認め」「あなたの中にある答え」をみつけるお手伝いをするだけです。

そして、その答えからの「行動の後押し」をします。

 

その後押しとはコーチとの約束です。

コーチングスクールで学んだ魔法の言葉は

「ぜひやってくださいね」

の一言でした。

 

コーチのしていることは特別なことではありません。

 

誰かからアドバイスされたことや、指示、誘導されたことではなく

自分で考え、自分で決めたことは前向きに行動できますし

誰かと約束することで、パフォーマンスは必ず上がる、それだけのことなのです。

 

そして、その主体的な選択の繰り返しで、自分の人生が生きられるようになります。

 

 

 

コーチングを理解してもらうことは本当に難しいと感じています。

 

コーチングとは自己啓発のいいとこどりをしているので

世界的ベストセラーである『7つの習慣』や『道は開ける』に書かれていることだったり

アドラー心理学だったり、脳科学だったりと

どこかで聞いたような話や同じことを繰り返し繰り返しお伝えすることになるかと思います。

それでも

このブログで「コーチング思考」で生きることの良さを少しでもお伝えできたら…と思っています。

 

『7つの習慣』から

 

小さな約束を作り、それを守る。

裁くより光を与える人になる。

批判者より模範になる。

問題を作り出す人ではなく、問題の解決に貢献する人になる。

他人の弱点について争うことをやめてみる。

自分の弱点を弁護することをやめてみる。

間違いを犯したとき素直にそれを認め修正しそれからすぐ学ぶようにする。

他人のせいにしたり、彼らを批判したりする無駄なエネルギーを使わないようにする。

自分自身を変えるようにし、自分の在り方に集中する。

 

他人の弱点や欠点を批判する目でなく、慈しみ深い目でみてほしい。

彼らが何をしているのか、何をどういう反応を選択するか、怠っているのかが問題ではなく、

それに対してあなたがどういう反応をするのか、あなたが何をすべきなのかが問題なのだ。

問題は自分の外にあると考え始めたら、その考えをやめてほしい。

その考えこそが問題なのだ。

 

 

***

 

 

今回、フライヤーやこくちーずではビジネス向けにしておりますが

男性、女性限らず

プライベートの問題解決、目標達成などももちろんお受けいたします。

 

今回もお茶つきですので、ぜひお気軽にいらしてください。

 

■12月1日(日) 1on1コーチングセッション体験会(自己分析シートつき)

好評につき、追加開催いたします

企業内で組織構築、部下育成などでお悩みの管理職の方、マネージメント層の方に
自他理解にて、建設的で生産性の高いコミュニケーションスキル(コーチング)で、問題解決いたします
 
こんな方にお勧めです
■ヤフーなど様々な企業で取り入れられてる1on1ミーティングを体感してみたい方。
■組織(チーム)全体で、成果をよりあげたい方。
■目標達成のためのアイデアを具体的な行動に落とし込んでいくためのアクションプランを考えたい方。
■部下とのコミュニケーションにお悩みの方。
 
日時 2019年12月1日(日) 11時から17時 所要時間1時間から1時間半 毎時0分から30分スタートの予約制 1on1です
金額 1000円 お茶代含まれます
場所 梅田近郊のカフェを貸し切りしております。ご予約時にお知らせいたします

 

お申込みは こちら になります

 

こくちーず以外のところでも申し込みを受け付けていることから、人数が集まり次第、募集終了とさせていただきます。

 

 
3日以内にこちらからの返信がない場合にはコメント欄にてひとことくださればありがたいです。
(その場合、コメント欄には個人情報を書き込まないでください)
 
 
「片付けコーチング」
今月の枠は満席となりました
次のご予約でよろしければご連絡くださいm(__)m
 
■1カ月で暮らしと心を整える
片付けコーチング

1カ月で
物の整理と心の整理、思考の整理をしませんか?


理想の家の状態、
その中でどのように暮らしたいのか、
どのような自分でありたいのかを描いて、
捨てる物ではなく
その未来に連れていきたい物を選ぶ。

コーチングを使った整理術です。

1か月 5000円 (無料通話アプリでの通話セッション40分×3回) 追加料金はありません
詳しくはこちらから。


メールフォーム ←こちらをクリック

こちらから
アセスメント(事前アンケート)を送っていただきましたら
1週間以内に
30分無料体験セッションの案内を
メールにてお送りいたします。

アセスメントはあなたが自己理解を深める、
セルフコーチングのワークにもなっています。
ぜひ試してみてくださいね。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 


シンプルスタイル(インテリア・雑貨)ランキング