トンデモ桶谷話1

テーマ:

こんにちは。

 

桶谷式に通っていた時のことを。

そらは生まれてすぐNICUに入ったこともあってミルクをもらっていました。

母乳信者の病院ですが、さすがにNはそこまではいわない。

(後日知りました。同じ病院で産んだ友人は、ミルクを足すときに、看護師さんから申し訳なさそうにいわれたって笑)

 

母乳もってこい!とは言われるけど、私は出が悪くて、ほんとコウノドリの”出来の悪いホルスタインっすよ”っていうセリフ思い出すくらいでした。

 

でも、元気のない状態で生まれて、あれこれいろいろ言われて、とにかくそらを元気にしてあげたいって本能で思っていたんでしょうね。枯れそうな母乳をなんとか出したくて、前に友人がFBで書き込んでた桶谷を思い出して、検索。

 

当時は毎日ラッシュの電車に揺られて9時に病院について、夕方17時くらいに出る生活をしていました。そらが入院していた病院は24時間両親はお見舞いOKの病院だったので…

ある意味それも追い詰められるのだけど。

 

電話した時間は夕方。

自宅から近いのは2つで、口コミもあった桶谷に電話。その桶谷はしまってたので、もう一つに電話しました。

すると愛想ないおばさんが出て、事情を話し、事情が事情だから、今からきな!って言ってくれました。

 

駅から10分程度の繁華街のマンションの1室。自宅?っぽいけど、違うんかな。

桶谷って一応助産院と称しているはずだけど、お世辞にもきれいともいえないおうち。

廊下にはちらしの束(のちに●キプルーンの冊子と、桶谷の冊子と知る)、洗面所はタオルの山、洗剤が床に直置き。

処置する部屋は、本が平積みにされ、コピー機の近くに紙の山があり、本気で片づけたくなる部屋。

ベッドの上にはタオル。このタオル、明らかに数日変えてないんと違う?っていうタオル。

 

突っ込みどころ満載。

 

でもそらに母乳を飲ませたい一心だったから目をつぶろう。と思った。

で、電話口の想像通りのおばちゃん登場。帝王切開、とカルテ見た瞬間に、ちゃんとしてないから帝王切開なんよねと言われた。

死ねる。

で、母乳をあげれば、必ず、頭のいい、手先の器用な子になる。

病気もしない子になる。と延々と母乳の良さについて解説。

 

※ちなみに、私自身完母で育った身ですが、ガチで手先不器用です。

  ちょうちょ結びができなくて、すぐほどけます。その時点で信憑性低いです。

 

母乳の良さを延々と語られながら、施術。

状態はあまりよくなく、Nに入ってることもあるから、母乳を直で吸えないから枯れていく。

N卒業までは毎日来い、と言われました。

当時、ノイローゼだったから、予約表に入れまくりました。

おばさんのすごいところが、朝7時から夜の19時までやってるところ笑 しかも毎日笑

 

ちなみに、7時前も相談可能。どんだけ働くねん。

で、ちらほら、整体・セミナーで一日休みが存在する。

でも、これも実は、おばさん開催の整体。あとのちに知る●キプルーンのセミナー。

 

ゼニの民なのか?桶谷の値段自体は最安値。

故、仮説ですが、おそらく、取り巻く商売で儲けていると思われる(整体・セミナーほか)

 

毎日通いました。病院行く前に通いました。

おばさん曰くの食生活もしました。(食生活は、桶谷界隈でもトップクラスに厳しいと思う)

名言として「肉を食べたら肉の子になる!授乳中は肉を食べてはだめ!」

実際、卒乳まで、お肉、食べないらしいですよ。信者たちは。

怖い。別にさ、いいと思うんだよ。本当に思うがままに育ってくれたらね。

もはや何を目的としてやってんのかわからん。

白身魚、豆腐、野菜、ごはん。とにかくこれらを食べまくれ、と。

豆乳とご飯は常に食べろと。なので、豆乳ドリンクを作り、ご飯を食べまくりました。

母乳増えず、体重が増えました笑

なんだこれ笑

 

かなり長くなったので・・・続きます。すんません

AD

リブログ(1)

  • ”トンデモ桶谷話1”

    出産してすぐ、搾乳がうまくできずに、桶谷式に通った時のことを思い出した。厳しいなんて知らずに、乳マッサージをしてもらうっていう感覚で。出産した病院は、母乳推進病院。母乳外来ももちろんあった。が、基本、赤ちゃん連れでっていうのがあって。予約入れづらかった。。。NICUの看護師さんにおっぱい見られて…

    mentaiko0825

    2017-09-15 16:09:51

リブログ一覧を見る

コメント(14)