懐疑的だけど信じてます

神社とか神様とか、霊とか宗教とか、思うがままに綴っていくブログです。


テーマ:

(その1)(その2)(その3)(その4)(その5)(その6)(その7)(その8) からの続き


9.目の曇りを晴らす為に(その3)


 当記事以降では、目の曇りを取り去る為の、より具体的な方法、及び、注意点について見て行きたいと思います。

 まずは、目の曇りを取り去る為の具体的方法と具体例です。

(1).様々な視点で考える

 これまで見て来た通り、「欲」で目が曇った人というのは、その「欲」を正当化する方向でしか考えません。

 よって、この
「様々な視点で考える」は、「欲」から離れて考えることを意味し、目の曇りを晴らすことに寄与することになります。

 具体例でもって見てみましょう。
 例えば、電車を降りようとしたら、自分が降りる前に乗って来た人がいたとします。

 通常、このようなことがあれば腹を立て、次のように考えるものです。

○ルールを守れない最低のヤツだ!

○そんなに急がなくても電車は発車しない!

○こんなヤツはどうせ、ロクな人間じゃない!

○親はどういう育て方をしたんだ!

 このように、人は、「自分は怒って当然なんだ!」と自分の「怒り」を正当化する方向でしか考えません。

 腹が立った相手に批判の矛先を向けて終わりであり、それは、
「自分の『怒り』を正当化したい」という「欲」に従った結果に過ぎません。

 そのような時には一歩ひいて、
「怒りを正当化したい」という「欲」から離れ、別の視点で考えるようにします。

 このケースでは、以下のような視点が考えられるでしょう。まずは、
視点を逆転するものです。

①.批判する相手を擁護する

 これは
批判を、その逆の擁護に変更するものです。

○今日はタマタマ考え事をしていて、降りる人が目に入らなかったのかも知れない。

○すごく体長が悪くて、どうしても座りたかったのかも知れない。


②.批判する相手の良い所を探す

 相手の
悪い所ばかりを見ていたので、逆に良い所を探してみます。

○ちゃんと人を避けて乗って来たし、邪魔にならないように気を使っていた。

○きちんと話せば分かってくれるタイプのように思える。


③.批判を自分に向ける

 批判の矛先を、
相手から自分へと逆転します。

○そう言えば自分も以前、駐輪禁止の場所に駐輪して、ルールを守らないことがあったっけ。

○降りるのに支障はなかったし、こんな程度で腹を立てている自分はちっぽけな人間だ。

○腹を立てているだけで注意をしないのは卑怯ではないのか。


 以上が、視点を逆転したものですが、このケースでは他にも次のような視点があるでしょう。

④.ルールを疑う

○そもそも、このようなルールは必要なのか。

 結果的には「電車の乗り降りを円滑にする為には必要だ」という結論になると思いますが、一応、疑ってみます。

 また、他にも追加ルールとして、
「お年寄り、身体の不自由な人等は、優先して乗り降りさせる」なども検討してみてもいいでしょう。


⑤.ルールを徹底する為の方法を考える

○ルールを徹底するにはどうすれば良いか。

 学校教育、家庭教育、広報等を使って周知すること、また、「降りるドアと乗るドアを別にする」等も考えられるでしょう。
 もちろん、そこまですべきかどうかも検討すべきでしょう。


 以上が「様々な視点で考える」ですが、はっきり言って、これが
目の曇りを晴らす為の方法の全てだと言っても過言ではありません。

 
自分の
「欲」から離れて考えることが、目の曇っていないところから物事を見て考えることを意味するからです。

 また、
「逆転の発想」というフレーズも良く聞くものですが、普段からこうやって視点を逆転してみるクセを付けておけば、他の人だと「もう何の手だてもない」と諦めてしまうものでも意外と簡単に別の手が思いついたりと、偏見や固定観念に捕らわれない自由な思考が手に入れられることになるでしょう。

 そして、視点の逆転の中でも「批判を自分に向ける」は、非常に大切な観点です。それは、
自分の向き合うことを意味するからです。
 他人を批判したいと思った時には、必ず、一旦、その批判を自分に向けてみるクセをつけ、
「他山の石」として自分自身を矯正・補正する良い機会としましょう。

 さらに言えば、「様々な視点で考える」は、安易な発想・思い付きから逃れ、
自分の考えを深化するのに役立ちます。
 自分の考えが深化すること、それは、自分の人としての深みが増すことを意味します。

 つまり、「様々な視点で考える」
は、目の曇りを晴らした上で、自分の人としての深みを増す為の手段だと言えるのです。


 続いて(その10) では、目の曇りを晴らす上での留意点等について見て行きたいと思います。


AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

くらじさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。