みかづきくらげのカデンツァ 夏目恭宏のブログ

ピアノ、音楽、音楽教育等に関する個人的見解を気の向くままに書いています。


テーマ:


以前、音階に関する話を書いたことがあったと思うのですが、皆さんは音階練習はお好きですか?


嫌い、なになに、それはいけませんね。


嫌いだという方に理由をお尋ねしますと、皆さんのお答えは、単調でつまらないから!ではなくて、両手で弾くと混乱するから、なのですね。


そうおっしゃる方があまりにも多いので、僕は入門コースのレッスンプランには必ず音階練習を組み込むことにしています。


音階練習にはコツがありまして、そのコツとは弾きやすい音階からはじめるということでありまして、では、弾きやすい音階とは何かといいますと、ハ長調? いえいえ、H-dur、ロ長調でございます。


このロ長調で音階恐怖症を治してしまおうではありませんか。


以下は僕が音階の入門レッスンでやっていることそのものです。何というサービス精神でしょう(笑)絶対に弾けるようになりますから、音階が苦手という方はやってみてください。



 *****


両手共に2.3.4の指を準備する。
 
ピアノの黒鍵には「2つのかたまり」と「3つのかたまり」がある。
 
2つのかたまり(ド♯レ♯)には2.3指
3つのかたまり(ファ♯ソ♯ラ♯)には2.3.4指
 
を使う。

 
 
白鍵「シ」と「ミ」には親指を使う。
 
後はこれを両手揃えて順番に弾いていくだけ。
(最初は黒鍵をまとめて和音で弾いてしまうとよいでしょう)

では行きます。
 
親指で「シ」
2.3指で2つの黒鍵「ド♯レ♯」
親指で「ミ」
2.3.4指で3つの黒鍵「ファ♯ソ♯ラ♯」
親指で「シ」
 

*****


どうです?
いとも簡単でありましょう。
ピアノが人間の手の為に作られた楽器だということが、よくわかります。
 
この黒鍵システムが使える音階は他に2つ、
・Des-dur 変ニ長調
・Ges-dur 変ト長調
 
例にとったH-durと合わせてこれら3つの音階を僕は「音階入門三兄弟」と呼んでいます。

音階が苦手だという方は是非ともこれら3つの調から練習を始めていただきたいと思います。
 
出来ることが増えてゆくのならば、退屈な基礎練習もきっと楽しいものになるでしょう。




 
さいたま日進教室、まもなく開講!
現在、防音室建設中。

 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

夏目恭宏さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。