暗闇散歩 | DIALOG IN THE DARK | KURAGE BRAIN BLOG

暗闇散歩 | DIALOG IN THE DARK

 ~写真の撮影法に長時間露光という手法がある。
  シャッターを開いたまま数分、数十分と露光すれば
  辺りがどんなに暗くても微量の光を集め続け、写真として焼き付けることができる。
  そう、微かな光さえあれば~

KURAGE BRAIN BLOG

DIALOG IN THE DARK

個人的には二度目の参加。
今回の会場はコンクリートで固められたビルの地下。
数年前、この場所はブラジル系のカジュアルなレストランが入っていて、
僕はたまにランチバイキングを食べに来ていた。
ラモス瑠偉がよく来てサッカー談議に花を咲かせていた。
そのレストランがいつの間にか闇に変わっていた。

会場内を案内してくれるのは視覚障害者のちくわ君(ニックネーム)。
彼がアテンドとしてゴールまで安全に牽引してくれる。
彼の声を頼りに進むしか方法はない。
一歩闇に足を踏み入れた途端、障害や差別といった概念が消滅し立場が逆転する。

一切の光が遮断された世界。
形、色、質感、すべての視覚的情報が身を隠し、次元がグニャリと歪む錯覚。
文字通りの暗黒。研ぎ澄まされる四感。
もはや足の裏の感覚と、恐る恐る手を伸ばし触れる感触で過去の記憶を頼りに
自らが偶像を作りだし、経験を組み立てていくしかない。
(ネタバレになるので書かないけれど、暗闇の中には様々なモノが用意されている。)

物や人との距離感はもちろん、初対面だった参加者との関係性すら一瞬にして失われ平均化される。
僕は少しの恐怖を感じた。
しかし汗を掻いた手の平すらこの闇の中では目視することが許されない。

 ~光は時に人工的なものとして捉えられる。
  では逆に暗闇は自然な状態だろうか。
  例えば蝋燭の火のみで照らされた部屋は、コンビニエンスストアよりは自然な状態かもしれない。
  しかしこの暗闇はどう考慮しても自然な状態とは言えない。
  <光量ゼロ>の暗闇世界というのはある種究極の人工物かもしれない~

KURAGE BRAIN BLOG

8人一組のグループとしてゆっくり進む。
必然的にコミュニケーションを取らざるを得なくなる。
大事なのは声。
相手から発せられる声の位置で距離感をつかむ。
自分の発する声で自らの存在を理解してもらう。
自分はここにいる、そう言い続けないと闇に侵食され存在が消滅しそうだった。

その場に慣れてくると、そのグループ内で自分という存在をどう認識してもらうか、を
無意識に考えるようになる。
ある人は何事も率先して声を出し、ある人はフォローに回る。
ある人は好奇心旺盛に新しい道を探し出そうとし、ある人は常に場を和ませようとする。

時間感覚が失われてから約90分が経過し、暗闇散歩が終了。
濃密な時間だった。

出口に用意されたアンケートコーナー。
薄明りが灯されたテーブルライトがじんわり網膜を刺激する。
僕はアンケートに「もっともっと長く、できれば丸一日居たかった」と書いた。
感覚の一部を損なわれる体験はあまりに新鮮で、親密な闇をなぜか愛おしくさえ感じた。
普段無意識に意識させられている焦燥感みたいなものが、
外部の圧倒的な力によって閉ざされることに僕は安堵していたのかもしれない。

人は人を区別する。
職業や肩書き、組織や人間関係としての役割、ルール、立場。
しかしそれらが良くも悪くもリセットされ、個として他人と(自分とも)向き合わされる。
一瞬孤独になり、その後逆説的に人との関わり合いの中で生きている事実を実感する。
いかに視覚というものに物事の本質が覆い隠されているか、価値観を左右されているか。
あらためて考えさせられた。

そしてなにより光があることのありがたみを実感した。
当たり前の感動を忘れてしまいそうになるからこそ、常に自覚していたい。そう思った。