インド旅行、3日目です。

本日は、インドに行くからには行っておかなければならない、

世界遺産のTaj Mahal(タージ・マハル)へ1日観光です。

 

この観光には、カーチャーターをお願いして行きました。

お願いしたのは、

Indo Tour & Travelsさんです。

 

口コミの評価も良く、リピーターも多いようなので、

こちらに決めました。

 

タージマハルは、デリーから車で3時間ほどかかる、Agra(アグラ)という街にあります。

お迎えは朝の6:00です。

 

 

ドライバーのパルモルさん。

何となく、ワイルドスピードのドミニクに似ている。

相変わらず空気が悪く、日の出を過ぎても薄暗いよ。。。

デリー郊外からハイウェイに乗る。

ハイウェイは、草原の中を真っすぐな道が続いてます。

 

途中には、日本と同じようなサービスエリアもあり、

結構快適な車の旅でした。

 

 

サービスエリアのお土産物屋で遊んでみました。

上着のクレタは昨日購入したもので、派手なターバン?を

被ってみるとなかなか様になってますね~。

これ買えば良かったのに。

 

Agraの街に入ると、またまたすさまじいクラクションの音と共に、

さっきまでのんびり運転していた、ドライバーのパルモルさんのスイッチが入った。

眠気が一気に吹き飛び、絶叫マシーンに乗っているかのような怖さです。

 

一つ目の目的地タージマハルに到着です。

世界遺産のここでは、持ち物が厳しく制限されています。

カメラ、お財布、携帯電話、パスポートくらいがOKでそれ以外は、

別に預けないといけません。

 

そして、外国人価格とローカル価格がはっきりと区別されている。

値段が高い分、外国人には特典があり、ミネラルウォーターとシューズカバーが

無料でついてきて、入場も優先的に通してくれます。

こういった差を作ってくれているだけ、多く払ってもいいかと思いますね。

インドネシアにはその配慮がないですね。。。

 

入場の際、セキュリティーチェックもしっかりしてます。

男女別に並ばされ、荷物と人間は別々にX線に通し、

人の手によるボディーチェックもあります。

 

 

この正門を抜けると、タージマハルです。

 

 

外国人観光客より、ローカルの観光客の方が断然多い。

お正月休みだったからかな?

 

世界ふしぎ発見!

本日はタージマハルにやってきております。

 

 

『このタージマハル、宮殿でもモスクでもありません。

ムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンが、愛妃のために22年の

歳月を費やして建てた、白大理石の世界一豪華なお墓なのです。』

 

 

全面白の大理石です。

なので、土足で上がる事ができず、外国人にはシューズカバーが配られ、

ローカルは自分で購入しないといけないようです。

シンメトリーの均整の取れたとても美しい建築物です。

 

 

壁面の装飾も非常に細かくて綺麗です。

見に来て良かった~。

 

ドライバーのパルモルさんと約束の場所へ移動。

そこはレストランで、案の定、そのレストランでランチをする事に。

本当は自分たちの行きたい所で食べたいのですが、こういうツアーは

しょうがないですね。

 

折角なので、Thali(ターリー)を食べてみる。

インド版幕の内弁当とでも言いましょうか。

主食と色んなおかずがセットで出てきます。

 

 

カナの注文した、ベジタリアンのSpecial Gujrati Thali(意味はさっぱり分かりません)。

Zira Rice(クミンライス)とチーズのカレー、野菜のカレー、お豆のカレー、

真ん中の白いのはヨーグルトでした。

 

 

Zira Riceのお米がまた細長い事!

 

 

カズが注文したNon Veg.Thali

インドの炊き込みご飯のBiryaniとチキンカレーで、あとは同じ感じです。

そして、それぞれにParatha(パラタ)というパンが付いてきます。

 

美味しくお食事ができたのですが、お会計の時、通常はサービス料を

獲るお店ではチップはいらないと解釈していたのですが、ここのウエイターの

おじさんが、

「この料金には、TAXが入っているが、それは店に払うものだ。

僕のサービス料は入っていないから、チップをくれ!

チップの値段はUP TO YOUだ。」

と、堂々と言ってきたのです。

相場が分からないから₹50渡したら、足りない!と怒った。

UP TO YOUって言ったやん!

 

インドもチップ制はしっかりと根付いてますね。

₹100渡したら、納得してくれました。

 

では、次の目的地、世界遺産のAgra Fort(アグラー城塞)へ行きましょうか。

こちらも同じく、外国人価格とローカル価格がありました。

タージマハル程の特典は有りませんでしたね。

 

世界ふしぎ発見!

 

 

『ムガル帝国時代の城塞であるここは、赤砂岩で造られた城壁の色から、

「赤い城・ラールキラー」と言われている。場内の宮殿には白大理石も

多様されている。』

 

 

大迫力のアマル・スィン門。

 

 

ムサンマン・ブルジ(囚われの塔)の幾何学模様は綺麗です!

 

 

シャハーンギール宮殿。

敷地がとても広い!

 

何やら人だかりが。

 

 

野良犬が6匹も仔犬を産んじゃった。

こんな暑くて食べ物も無い所で、どうやって子育てするんだろうか?

少々心配ですね。

 

これで、アグラー観光は終了です。

もっと、歴史を知ってから見るともっと面白かったかもしれない。

 

デリーへ戻ります。

 

続く。

 

 

-------------------------

安心と安全のスローダイブ

バリ島ダイビング・シュノーケリングは、くらげ村へ!

http://www.jellyfish-village.com/

Add Friend

-------------------------

<・jellyfish<<<バリ ダイビングショップ 情報
<・jellyfish<<<
バリ ダイビング 初心者 情報
<・jellyfish<<<
バリ シュノーケリング 情報

<・jellyfish<<<耳抜き 情報