マクロポイントでは、もちろんウミウシや甲殻類以外も

見る事ができました。

 

ヨウジウオ

 

ニシキフウライウオ

 

セミホウボウ

 

ヘアリーフロッグフィッシュの幼魚?

よく見ると体表に小さな毛が生えてます。

まだ、成魚も見た事がないんだなぁ~。

 

Cleaner Pipefish

綺麗な色ですね~。

魚のクリーニングしてくれるんですね。

 

フタホシタカノハハゼ

黄色の個体はよく目立ってます。

 

カニハゼ

カニハゼという名前は俗称らしく、和名があるにもかかわらず、

日本ではまだ生息記録がないらしい。

面白い柄ですね。

これが何個体も見れました。

 

ワレカラ

画面中央の黄色い個体の生物です。

カマキリみたいな形をしているのですが、甲殻類に属します。

ガイドKermiさんが深場で一生懸命にみせてくれました。

 

オオモンカエルアンコウ

絶対居そうな気配満点でした。

案の定、逢えましたね。

 

Black Finned Snaked Eel

ウミヘビの頭だけ。

目が鋭いですね。

 

イバラタツ

体表の鋭い突起が特徴のイバラタツ。柄が派手ですね。

 

Yellow Pygmy Goby

小さくて、よく動くんです。

撮るの必死でした。

 

Rayed Shrimp-goby

この時は背びれが閉じてましたが、広げると綺麗なようです。

もっと粘れば良かったな~。

 

ここでも大きな沈船のポイントがあります。

第二次世界大戦中の日本軍の船だそうです。

スロープに沿って、縦に沈んでます。

ここは透明度が悪かった。

 

そして、皆がのぞいている窓の中では、

ギンガメアジがトルネードしてました。

やっぱりギンガメアジは沈船が好きなんだね。

トランベンのギンガメアジも戻って来てほしいね。

何が写っているか分かりますか?

タコの頭と目です。

何という名前かは、不明です。

 

そして、よ~く目を凝らしてみて下さいね。

 

変態タコです。

ミミックオクトパスやワンダーパスの様に、体を変形させます。

名前は分かりませんでした。

 

今回のマウメレは外洋で4ダイブとショップ前のマクロポイントで

3ダイブしましたが、マクロポイントをもっとじっくりと攻めてみたい。

まだまだ、色んな生物が出てきそうですよ。

 

ダイビング編は以上です。

が、まだマウメレ紀行は続きます。

 

 

-------------------------

安心と安全のスローダイブ

バリ島ダイビング・シュノーケリングは、くらげ村へ!

http://www.jellyfish-village.com/

-------------------------

<・jellyfish<<<バリ ダイビングショップ 情報
<・jellyfish<<<バリ ダイビング 初心者 情報
<・jellyfish<<<バリ シュノーケリング 情報

<・jellyfish<<<耳抜き 情報