マウメレダイビングの外洋は予想以上のダイナミックさに感動でしたが、

やはり、これだけには留まらなかった。

 

ダイブショップ前の海が!

 

朝7時集合。

凪の海へエントリーです。

ショップ前は岩だらけ。

足元の気をつけて、水面で器材を装着します。

水深のとれる沖まで水面移動ですが、水中をみるとすでに綺麗な

サンゴ礁が広がっています。

 

トラブル発生。

あれ~!カナのカメラのバッテリーが充電出来てない!!!

カズに撮影はお任せです。

 

エントリー直後。

ガイドのKermiさんのテンションが一気にUP!

凄いジェスチャーで私達に早く来い!と。

Miamira Sinuata(和名:ヨセナミウミウシ)

大きい!体調5cmくらい。これが周辺にゴロゴロ居ます。

 

Thuridilla lineolata(和名:なし)。

水色とオレンジが水中でよく目立ちます。

 

Haigerda batabgas(和名:なし)

バリ島でもお会いできますが、数が多いよ~。

 

何やらカズが興奮しております。

Sagaminopteron psychedelicum(和名:トウモンウミコチョウ)

綺麗なこの子が、またまた周辺にいっぱいです。

何て豊かな海!

 

Thuridilla albopustulosa(和名:スウィートジェリーミドリガイ)

綺麗なミドリガイの一つ。

何でこんな色になるのでしょうね。

 

Costasiella paweli(和名:クサイロモウミウシ)

バリ島のマクロポイントでも見られるこの子。

つぶらな瞳?がカワイイのです。

 

Thorunna furtiva(和名:シノビイロウミウシ)

紹介されないくらいに、あちこちで見かけます。

 

Goniobranchus daphne ?

同定がし辛い種類。

砂の上をのそのそしてたので、目だってましたね。

Chelidonura amoena(和名:コナユキツバメガイ)

子供がひっついてる~。カワイイ!!

 

またまた、更に大興奮のガイドKermさん。

大急ぎで近づいてみる。

?????

頭が認識できない。

Phyllodesmium magnum Rudman?(学名:キッカミノウミウシ)

今までにも数おおくの大型ミノウミウシをみてきましたが、

記録更新の大きさです。

太いし、長いし、蓑もフサフサ。

2個体がひっついてて、ボリュームアップです。

これが、数個体も普通に見れるんですよ。

 

これだけでは、終わらない。

ガイドKermiさんのジェスチャーが最大に!

何これ?形が理解できない。 (。´・ω・)ん? (。´・ω・)ん?

ウミウシカクレエビ付き。

 

Miamira alleni (和名:アレンウミウシ)

これが単体の形。

上の画像は二匹くっついてます。

ウミウシっていわれないと分からない。

ソフトコーラルに擬態しているとも言われてます。

確かに、コーラルに見えてた。

もちろん、お初です。

皆、水中でも「ウォ~!!」という声が響いてます。

 

また、Kermiさんの叫ぶ声が。

でかい!

でかい!でかい!

Jorunna funebris(和名:ブチウミウシ)

見て~!この大きさ。

どれだけ、栄養度の高い海なのでしょう!

全ての個体が大きいこと!

 

このテンションの上がり方、ここ最近のダイビングではMaxですね。

ほんっまに面白い!!

 

続く。。。

 

-------------------------

安心と安全のスローダイブ

バリ島ダイビング・シュノーケリングは、くらげ村へ!

http://www.jellyfish-village.com/

-------------------------

<・jellyfish<<<バリ ダイビングショップ 情報
<・jellyfish<<<
バリ ダイビング 初心者 情報
<・jellyfish<<<
バリ シュノーケリング 情報

<・jellyfish<<<耳抜き 情報