さて、さて、いよいよマウメレのダイビングシーンを

ご紹介していきましょう!

 

私達としては、全日3ダイブをしたかったのですが、

ダイブショップ側のご事情もあり、

1日目、Pulau(沖の島)で2ダイブ。

2日目、ショップ前で2ダイブ。

3日目、Pulauとショップ前で3ダイブ。

となりました。

 

ポイントの数は29ポイントあるそうです。

 

器材は、自分のものをフルセット持って行きました。

フル器材を持って行くと料金を安くしてくれますよ。

タンクは、バリ島と同じでアルミタンクの11リットルです。

 

ちなみにマウメレには、ダイビング器材屋さんがないので、

こちらのショップでは、全てバリ島から購入しているそうです。

大変ですね~。

 

今回は、Pulauの海とショップ前の海に分けてご紹介します。

朝7時、ボートの大きなエンジン音が遠くから聞こえてきました。

器材の積み込みです。

ボートはいつも同じ船、同じキャプテンで行くので安心ですね。

 

Pulau Besar、Pulau Dambilah、Pulau Pangabatang、Pulau Babi

などで潜りました。

ポイント名は殆ど覚えておりません。(汗)

島のポイントまでは約1~1.5時間です。

 

船の上で準備を済ませたら、一人ずつジャイアントスライドエントリーで

入水です。

流れがある事もあるので、カレントラインに掴まって全員が入るのを

待ちます。

眼下には透明度の高い水中が広がってますよ!

あ~、ウミガメがいるよ~♪♪

 

印象としては、浅場はバリ島のムンジャンガン島で、

深場はヌサペニダと言った感じです。

透明度が抜群!

20~30Mは見えてます。

なので、遠くにいるサメだって目視できます。

 

この日は、ガイド1名にゲスト5名です。

みんな、まったりと水中を楽しんでいます。

 

アオマスクが結構な数でいますよ。

もはや、珍しくない。

 

おや!

見かけないお魚が。

撮影しようにも、結構すぐに隠れてしまします。

Splendid Dottyback

かなり、しつこく粘って撮りました。

ビッグなスリバチカイメン。

岩穴にはワニゴチが寝そべってます。

サンゴ礁の岩の上には、White-lined Combtooth Blenny

Gray Combtooth Blenny

Pale-Spotted Combtooth Blenny

スズメダイもあちこちで乱舞です。

ハダカハオコゼも何度も会いましたね。

浅瀬のサンゴは本当に美しい。

ぎっしりと敷き詰められています。

ヒレナガスズメダイだ~。目立つね!

この子もあまり見かけないね~。

スプリンガーダムゼル

 

2ダイブの時は、2本潜ってから船上でランチです。

1ダイブ目と2ダイブ目の水面休息は、Pulau Pangabatang

という白砂の綺麗なビーチに停泊します。

誰もいない静かで綺麗なビーチ。

潮の干満で砂浜の面積が変わります。

3日目もPulauに来ましたが、ここはびっくりした!

気持ちの準備が出来てなかった。

 

ドロップオフの魚影が凄い!

大きなサンゴ達に感動~。

突然、現れた傷だらけのホワイトチップシャーク。

ガイドKermiさんがとっても興奮している。

画像にはおさめることが出来ませんでしたが、

Giant Reef Rayが数匹の群れで泳いでます。

Cow Tail Stingray。2m近くありました。

全然逃げないし。

コモリザメ。

2m越えの大きなサメ。

ガイドもゲストも大興奮!

大丈夫なサメかどうかは分かりませんが、至近距離へ近づくKazu。

この次から次から現れる大物パレードの久しぶりに大興奮です。

す、す、凄いわ!!!

(ここのポイントは流れます。)

 

定番のジョーフィッシュで呼吸を落ち着かせましょう。

ハナヒゲウツボが泳いでます!

安全停止は、綺麗なサンゴとキンギョハナダイでリラックス。

ここまでの、海を想像できていなかったので、本当に感動~。

マウメレ、最高!!!!!

 

続く。。。

 

 

-------------------------

安心と安全のスローダイブ

バリ島ダイビング・シュノーケリングは、くらげ村へ!

http://www.jellyfish-village.com/

-------------------------

<・jellyfish<<<バリ ダイビングショップ 情報
<・jellyfish<<<
バリ ダイビング 初心者 情報
<・jellyfish<<<
バリ シュノーケリング 情報

<・jellyfish<<<耳抜き 情報