観光も終了し、いよいよ今回お世話になるダイブセンターへ。

マウメレにダイブセンターは3つしかないそうです。

 

名前は、Ankermi Happy Dive

Egon Cottageと共同経営されてます。

オーナーはジャワ島出身のKermiさんとスイス出身のClaudiaさんです。

基本的には二人がガイドされてますが、フリーランスのガイドもいるようです。

 

メインストリートから小道を通り、

可愛らしい木の扉をくぐると、広い敷地にコテージがあります。

レセプション&レストランスペース。

レセプション脇にあるレストランのカウンターBar。

足の悪いモモちゃん(♂)。

専用の桟橋があります。

ここにローカルのボートが来て、直接乗り込みます。

桟橋から見たコテージの風景。

 

海沿いのレストランスペースには小さなプールとデッキチェアや

テーブルがあり、のんびりと寛げます。

一人しか座れないガゼボ(東屋)でメディテーションもOK。

人懐っこいセブ(♂)。

私達の部屋の前によく遊びに来るんです。

ブランコだって乗れるよ~。

To Beach 50m。

下が岩やサンゴなので、海水浴には不向きですが、

シュノーケリングは綺麗です!

分かりにくいですが、コテージの外観。

私達が泊まった部屋は、Seaview Cottage(Fan&Cold water)。

蚊帳付きWベッドルームで、ロフトがありそこでも一人寝れます。

昔ながらの作りなので、少し手狭でしたが、いつの間にか慣れてます。

それ以外にも新しいお部屋が出来ていて、そこはAC&Hot Waterです。

 

アメニティーはありませんので、ご自分で歯磨きセット、シャンプー、

石鹸は必携です。

バスタオルとトイレットペーパーはありました。

冷蔵庫なども部屋にはないので、食料を持って行く場合は、

常温保存できるものがいいでしょう。

 

ここは乾季(3月から11月)は朝晩が結構涼しいです。

夜はブランケットを使わないと凍えます。

長袖は一枚あった方がいいですね。

 

Ankermi Happy Dive。

オーナー兼ガイドのKermiさん。

オーナーさんご夫妻も敷地内にお住まいですので、

何かあればすぐに対応してくれます。

 

夕焼けがとても美しいです。

夕食までのSun Set Timeを堪能です。

 

とにかく静かです。

交通量も少ないし、聞こえてくる音はボートのエンジン音と

さざ波の音。

ずっとここにいたらボケるだろうな~。

 

続く。。。

 

-------------------------

安心と安全のスローダイブ

バリ島ダイビング・シュノーケリングは、くらげ村へ!

http://www.jellyfish-village.com/

-------------------------

<・jellyfish<<<バリ ダイビングショップ 情報
<・jellyfish<<<
バリ ダイビング 初心者 情報
<・jellyfish<<<
バリ シュノーケリング 情報

<・jellyfish<<<耳抜き 情報