はいどうもー!

バリ島スローダイブのくらげ村でございます。

 

 

色々な天災もありましたが、本当にありがたい事に

リピーター様をはじめ、たくさんのゲスト様に遊びに来て頂きまして、

例年と比べますと少々短かったのですが、

今季のハイシーズンもそろそろ終了となります。

 

 

この時期、大人気の大賑わいとなる大人気ポイントが

大物「マンボウ」を狙って潜りに行くヌサペニダです。

マンボウが狙えるなんて、世界でもバリ島くらい?!

 

当方では、ゲスト様、ガイド、ボートクルー達の安全の為、

ヌサペニダ等の中~上級ポイントは、

ある程度のスキルレベルをお持ちのリピーター様のみのご案内としており、

そして「この人なら大丈夫」と判断してヌサペニダにご案内させて頂いたゲスト様には、

今季は100%マンボウと出逢って頂けました。

海に、マンボウに、皆々様に、何よりも 何事もなく 安全にご案内出来た事に、

心から感謝しております。

 

 

~以下、賛否両論かと思いますので、あくまで私共の独断と偏見、当方のやり方という事で

                                ご意見などは一切受け付けておりません~

当方のいう中~上級ポイントとは、流れやすい、波が大きくなりやすいなど、

ダイビングにとって 悪条件が出やすいポイントを指します。

では、当方が、このヌサペニダで体験ダイビングは実施せず、

なぜスキルのわかっている 中~上級者のリピーター様のみ

ご案内させて頂いているのか、それは、

ビギナーダイバーさんは、

 

・低水温がどんなに過酷か知らないから対処法もわからない

・ボートに乗りっぱなしで船酔いするとどんなに辛いかしらない

・流れが強い時に自分のフィンキックで進めない事がどんなに怖いか知らない

・スピードボートが頭上を横行する中、また、流れがある時に

 スムーズな潜降ができない、中性浮力がとれない、スムーズなミミヌキが出来ないと

 どんなに危ないか知らない

・助けてもらえる、やってもらえると思っている

 

他にも色々とございますが、大きくはこのような理由からです。

低体温症やパニックになると、どれもすぐに事故に繋がります。

 

ガイドも スキルのわかっている方でないと、安心してマンボウを探せませんし、

もちろん こちらでも、1ガイド2名様までの少人数制の徹底、

本当に万が一の時の為の 耐水無線機の装備、

ゲスト様のフォローや、インナーの無料貸し出し(サイズ・数に限りあり)、

温かいお茶を出したりしておりますが、ご自身でご自身の面倒を見れないと、

ご本人はもちろん、ガイドも、ボートクルーも危険になります。

 

 

当方で、中~上級ポイントにご案内させて頂くゲスト様は、

皆さん ご自身でもしっかり対処してこられます。

ロングフィンを操るホンマモンダイバーさんもいらっしゃいます。

その中でもこちらの禅ダイバー様ご夫妻はすごいのです!

去年もご案内差し上げた際のブログ「精神的にもしっかりとしたダイバー

での“ゴールドクロス&チャンピオンベルト”装備はもちろん、

煩悩カップラーメンで暖を取ったり、

更に今年は、

生の唐辛子を5つもカジり、

胃の中から温めるという大技をご披露頂きました!

曰く、効果テキメンだそうですが、カズは・・・ちょっと・・・

良い子はマネすんなよ!

 

 

今季のヌサペニダは、大きな事故は聞いておりませんが、

また来期にバリ島で大物を狙いたいとお考えの方は、

ご自身のスキルや経験値と正直に向き合い、

同行者の方のスキルなども考慮した上で、

ポイントをリクエストして下さいね。

 

あなたにとっての

ハッピーダイビングにしましょう♪

 

 

-------------------------

安心と安全のスローダイブ

バリ島ダイビング・シュノーケリングは、くらげ村へ!

http://www.jellyfish-village.com/

-------------------------

<・jellyfish<<<バリ ダイビングショップ 情報
<・jellyfish<<<
バリ ダイビング 初心者 情報
<・jellyfish<<<
バリ シュノーケリング 情報

<・jellyfish<<<耳抜き 情報