どうもです!

バリ島くらげ村でございます。

 

 

最近のヌサレンボンガンのお話。

(賛否両論分かれる部分も一部あるかと思いますが、

 ご意見などは受け付けておりませんので、あしからず)

ここ2~3年で、レンボンガンのマリンスポーツが急激に増え、

我々がダイビングやシュノーケリングで使っていたポイントに、

いくつものポントゥーン(浮島)が設置され、

毎日たくさんの観光客の皆さん(ほとんどが大陸の方々)を

スピードボートでガンガン運んできて、

シュノーケリング、シーウォーカー、バナナボートなどの

マリンスポーツを営んでおられます。

 

 

ここからが少々難しいお話なのですが、

レンボンガンのマリンスポーツ会社側からすると、

需要もあり、雇用も増えるので、いい事づくめですね。

 

 

しかし、我々側からすると、まずサンゴ礁を壊されまくっており、

 (シーウォーカーを実施するところに手すりなどを作ったり、

  ポントゥーンを固定する際に大きなサンゴにロープ等を巻き付けて固定したり、

  そのロープなどが潮の干満で他のサンゴ礁を更に壊しています)

餌付けもかなりのものです。

しかも、ポントゥーンは移動できるので、海景が悪くなったら、

サンゴの綺麗な場所にずらせるんです。

 

そして、シュノーケリング中にバナナボートが近くを走り、

こちらに「どけ!」と言われます。

また、ダイビングでは、水中で常にエンジン音がブンブン聞こえ、

浮上の際もシグナルフロートを上げていても、

バナナボートやジェットスキーが、お構いなしに頭上を走っていきます。

これは本当に怖いし危ない。

この状況は、非常に残念に思います。

 

 

そんな訳でございまして、

当方では安全の為、レンボンガンでのダイビング、シュノーケリングは、

朝一番のマリンスポーツ会社が動いていない時間帯を除き、

催行を見合わせる事にしました。

まだ観光化が進んでいない、ヌサペニダ(レンボンガンのすぐ隣)の

サンゴ礁の綺麗なところにご案内させて頂きますね。

 

 

-------------------------

安心と安全のスローダイブ

バリ島ダイビング・シュノーケリングは、くらげ村へ!

http://www.jellyfish-village.com/

-------------------------

<・jellyfish<<<バリ ダイビングショップ 情報
<・jellyfish<<<
バリ ダイビング 初心者 情報
<・jellyfish<<<
バリ シュノーケリング 情報

<・jellyfish<<<耳抜き 情報