ニーハオ!
がんサバイバーひさよ社長です。
お仕事再開致しました!

強みを生かしたイベント企画が生きがいです。

 


 
アピアランスケアを体感
 
 
アピアランス(外見)ケアについては
こちらの記事でお伝えしました。

 

 

そこでも書いたのですが、

まず私が体感出来たものに

スキンケアがありました。

そして、それにプラスして

メイクの力の凄さも体感したので、

もう少し詳しく書こうかなと思います。

 

 

メイクで自分を取り戻す

 

 

抗がん剤の副作用で

お肌がボロボロになって、

その上脱毛までして、

人相もかわったし、

一気に老け込んだ印象の私。

 

 

このままじゃ嫌だな・・・

 

 

これは本当の私じゃないんだけどな・・・

 

 

 

と、負けん気の強い私は

スキンケア強化にチャレンジ。

 

 

1ヵ月もするとかなりお肌の状態も

良くなって、

スキンケア最高♡となったのです。

↑たぶんここまではどこかに書いてるかな。

 

 

そして、次の段階へ。

 

 

それがメイク。

 

 

自分でもやってはいるけど、

人にしてもらうっていう

特別感。

 

 

それを味わわせてくれたのが

山田あゆみさん.

 

 

病気のことも話聞いてもらってたし、

前からよく知ってるから、

全てお任せです。

 

 

 

 

 

メイクが終わったあと、

病人には見えない私とご対面。

ちょっとしたことだけど、

気分はいいし、

やっぱり元気になる。

 

 

辛い治療もあるけど、

頑張って良かった。

次もがんばろ!

って思える。

 


私が帰ってきた!

みたいな(笑)

 

そんなアピアランスケアを

受けた私も、

してくれたあゆみさんも

大満足な一枚がこちら↓笑

 

 

 

見た目の変化は思った以上に

落ち込みます。

どれだけ強いココロがあっても、

今まで通りに生活が出来るかと

言えばそうではありません。

 

 

でも、いつか、

がん治療での副作用で脱毛したり、

外見が変わったとしても、

それを温かく受け入れてくれたり、

今までと何ら変わらず生活出来る、

そんな世の中になればいいなと

思います。

 

 

 

- kuraci  ―   高嶋ひさよ


お問い合わせはこちら