450ヶ月続けていること。 | 3兄弟母さんの「生きる」を楽しむ育児録

3兄弟母さんの「生きる」を楽しむ育児録

子育ては、楽しんでナンボ。人生は、味わってナンボ。ありのままでいいじゃないか^^

今日も傾聴の仕事で東京へ

来ていましたが、今は帰りの

新幹線の中・・・新幹線後ろ新幹線真ん中新幹線前

 

 

 

 

 

帰ったらすぐに小学校に向かって

長男のバスケスクールのお迎えに

行かねばなりませんアセアセ

 

 

 

 

 

 

大阪、名古屋、東京と

三日連続で講座していますが、

子育てママさん達にたくさん

お会いできるからか、

やっぱり元気もらえますドキドキ

 

 

 

 

 

どうやったらもっと

わかりやすく伝えられるかなぁ〜〜

 

 

 

 

 

 

どうやったら

子育てにもっと活かせるかなぁ〜〜〜

 

 

 

 

 

ということをひたすら考えている

今日この頃。

 

 

 

 

 

 

先月は30冊以上の文献を

読み漁って、自分の脳内を活性化

させたりしてみましたニヤニヤ

 

 

 

 

 

 

 

 

本を読む目的って人それぞれだと

思うのですが、私の場合、

 

 

 

 

 

情報収集というよりは、

取捨選択の勘を極めたくて

読んでいるので、電子書籍ではなく

必ず紙媒体を選びます。

 

 

 

 

 

私は字を読めるようになったのが

4歳頃なので、その頃から

毎月10冊以上の本を読み続けて

いるのですが・・・・

 

 

 

 

 

 

アタイも今や、41歳。真顔

 

 

 

 

 

 

ってことは・・・・・

 

 

 

 

 

 

月数でいうと、450ヶ月。

年数でいうと、37年間。

 

 

 

 

 

 

欠かすことなく読書を続けて

きたことになります。

 

 

 

 

 

 

日記も早起きも全く続かない私

ですが、こんなにも続けられている

ことがあったなんて!!!!!!

 

 

 

 

 

と、先ほど気づき

新幹線の中で1人、

感動に浸っておりますデレデレ

 

 

 

 

 

 

夏休み期間などはその倍量は

読んでいたので、トータルで

読んで来た本の数は

5000冊以上になります。

 

 

 

 

 

最初は物語を読むことから始めた

読書ですが、小学生に上がると

推理小説を読むようになり、

 

 

 

 

 

高校・大学では専門書を、

それ以降は子育て本や実用書など

ジャンルに固執することなく

面白そうなものは全て読んで来ました。

 

 

 

 

 

 

で、思うことなんですが・・・

 

 

 

 

 

 

 

物語を楽しむためではなく、

情報収集のために読書をするように

なると、一冊の本を隅から隅まで

読むことはなくなります。

 

 

 

 

 

 

一冊の本の中から、

自分が必要としている知識が

どこに書いているかを見極めて

読み進めていくようになります。

 

 

 




 


 

 

本を沢山読んでいる分、

それなりの知識は蓄えられているので

例えばビジネス書を読んだとしても、

知っている情報が書かれている部分を

わざわざ繰り返して読まなくても

 

 

 

 

 

そこは端折って

知らない知識だけを拾って

いくことができるようになります。

 

 

 

 

 

しかも文章構成のパターン

なども分かるようになってくるので

どこに要点が書かれているかも

流し読みの時点でわかるように

なってきます。

 

 

 

 

 

見開いたページを1行目から

順に読んでいくこともなくなります。

 

 

 

 

 

これが、

読書を続けることによって

必然的に身についていく、

取捨選択の能力

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本が好きという方は

たいてい読むスピードも速い。

 

 

 

 

 

それは、こういった能力が

備わっていくからだと思います。

 

 

 

 

 

そしてそれは、

「人」に対しも活かすことができ、

相手が言わんとしていることの

要点をしっかり感じ取ることが

できるようになってきます。

 

 

 

 

 

もちろん、人に何か伝えるときも

要約してお伝えするクセがつきます。

 

 

 

 

 

これが結果的には

子育てにも仕事にも活かせるスキル

となり、いま傾聴を伝えていく上で

もっとも役立っていると感じています。

 

 

 

 

 

うちの3人息子も本が好き。

 

 

 

 

 

だけど、読み聞かせを熱心に

していたわけでも、強制した

わけでもありません。

 

 

 

 

 

ただ、母親が図書館好きだと、

必然的に子ども達も本に触れる回数が

増えるので、それが大きな影響力

となっているのかなぁと思います。

 

 

 

 

 

何はともあれ、

私はこれからもずっと、

毎月10冊以上の本を読み続けるでしょう。

 

 

 

 

 

 

老眼が進んで読めなくなった

時には、息子たちに読み聞かせ

してもらおうかな(笑)

 

 

 

 

 

本は親子の絆も深めてくれる

わが家には欠かせないアイテムですドキドキ

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村