毎日積み重ねる『自分づくりの授業』
本日のテーマ

【自信を持って毎日をスタートさせる

~わたしのオマジナイ~】

 

 

生きていると、毎日毎日が変化し、気持ちの浮き沈みがあるものです。

 

今日という日が、
 明るかったり、暗くなったり…
 喜びであったり、悲しみであったり…
 自信を持てたり、不安になったり…

 

わたしは、毎日を元気よく明るく生きたくて、浮き沈みする原因は見つけようとしました……。

 

 

そしてようやく原因を見つけることができました。
それが、
「自信の喪失」
でした。

 

自信を持っていないことが原因だったのです。
自信を持って生きることはすばらしいことです。
自信は、不安や動揺を寄せつけず、勇気を与えてくれます。

 

しかし、生きていれば毎日が変化していくもので、自信を持てる日もあれば、持てない日もあり、なかなか自信を持つことが持続できません。

 

そこで、どうしたら持続する自信が持てるかを考えました。
辿りついた答えは、
「しっかりとしたコレだ!という目標を持って生きる」
ことでした。

 

目標がしっかりしていて、それに向かって日々進んでいるのであれば、不安や迷いも気にならなくなります。
過去の自分を振り返ってみると、不安、迷いがあった時には、目標がなかったり、目標がハッキリしていなかったりしていました。

 

それに気づいたわたしは、毎朝オマジナイをすることにしました。

毎朝、瞑想を終え、夜が明ける頃に、窓から遠くを見つめます。
そして、実際には見えないのですが、遠くに大きく高い山を想像します。


 

その頂上を見つめます。
そこがわたしの目標とする地点です。

 

その山を想像しながら遠くの空を見つめ、このように自分に語りかけます。

 

「わたしは人生という山を登っている。その山に登頂することが人生の成功である。わたしは人生の成功者になるために、今日も何が遭っても少しでも登り、頂上に近づく一日にする!」

 

元気が出ない時、不安が生じた時には、このことを繰り返すことにより、ずいぶん変わりました。
「よし!今日一日少しでも前に進もう」

思いながら、今日という一日が目標を達成するための積み重ねであることを強く意識できるようになったのです。


「人生は、一日一日の積み重ねで形成されている。その日をどう生きたかで、積み重ねができるか、できないかが決まる。山登りは、毎日少しずつ登ることで頂上に近づく」
 

人生と登山は同じことなのですね。

毎日が“夢を実現するという山”に登っていると自覚できると、不思議なくらい自信を持つことができるのです……。