毎日積み重ねる『自分づくりの授業』
本日のテーマ

【自分次第で仲間づくりが変わる】

 

 

人生では、様々な場面で判断が求められます。
様々な迷いや疑問が生じ、その都度、自分で考え、選択し、決断します。

 

本日は、「自分次第で自分を変えることができる」というお話です……。

 

 

正しい答えが出ればよいのですが、そうばかりには行かないのが人生です。

知識や経験不足で、誤った答えを出してしまうこともあります。

 

すべては自分次第ということになります。

わたしは、自分の人生を大きく左右することのひとつに、人脈、人との出会いがあると思います。

人との出会いというのは“仲間”のことです。

 

どんな仲間がいるかで、人生は大きく変わります。

仲間だと思った人が、自分の足を引っ張ったり、邪魔をしたり、敵になるような人であれば、人生を振り回されてしまうことにもなります。

 

以前メルマガでも書きましたが、
「素敵な人には素敵な人が集る!」
これは、自分の持つ価値観次第で、それ相応の仲間が自然に集まるという意味です。

 

このことを、イギリスの謎の哲学者といわれたジェームズ・アレンは、著書『思いが人生をつくる』の中で、このように述べています。

 

 

「私たちは、自分の器と同等のものしか見えません」

 

また、このようにも言っています。

 

「人は、自分の欲するものを引き寄せません。自分と同等のものを引き寄せるのです」

 

「人は、自分が望むもの、祈るものを手にするのではありません。自分自身のあり方そのものを手にするのです。望みや祈りは、自分の思考と行動が調和するときにのみ、かなうのです」

 

 

確かに自分の人生を振り返ってみると、その通りだとつくづく思います。

仲間に恵まれない時は、その人たちを選んでいた自分がいたということです。

すべては自分次第である、ということに気づかされます……。

 

 

本日は、「自分次第で仲間が変わる」というお話です。