『教える』



みなさんも、人に教えるということについて考えた事あると思います。


みじかなとこでは、仕事なら部下にフローを教えたり、会社の理念やルールなど

ある特定の価値観や条件を伝えるということ
{3BF38748-887D-48BF-B147-0B9C308618E0:01}



また子育てもその一つです。

仕事のフローなら、こうすればこうなる、これはこうする、など決まった事そこに携わるものが確実に同じことが出来ることは、教えやすいです。

しかし子育ては、仕事のフローの様には行きません。

もし、育児書や子育て教室などで学んでいないなら、自分が受けてきた教育つまり母親からしてもらった事、もしくはされて嫌だったことから『学び』得たものだと思います。

この話をすると、そんな事はない‼️という事を言われる方がいます。

その方は違うのかもしれませんが、私自身、母親みたいな子育てはしない‼️と強く思ってましたが…

現実は…

全く同じ事と、その反対の事しか出来てませんでした、それは私が子育てについて
『学び』を得たのが母親だからそれ以上の
何かを、教える事が出来なかったのです。

私の中にある子育ての知識は母親や父親でしかなかったのです。

つまり『教える』は『学ぶ』という事とも言えるのです。

子供に何かを教えようとする時には、同時に
親も『学ぶ』と言う事をしなければいけない
{62408D7F-BE19-4B13-AE66-F3B77F7B8990:01}



勉強を教えるなら、勉強というものはどういう事か、またそれが楽しいものや、ワクワクするものだという事を学ばねばならない。
{EC777FF8-048F-4BF3-A023-B2C1D6C2111B:01}




ルールを教えるなら、なぜ必要なのかを学ばねばならない。
{9924340F-4E70-47B3-A714-51A9AE2F37EC:01}

強さを教えるなら、許す事、信じる事、我慢する事について深く考えねばならない。


優しさを教えるなら、弱さを知らねばならない


人生を教えるなら、どう楽しむかを学ばねばならない、またその事について深く考えねばならない。
{56BD58F9-FFA9-4899-9F1C-F3A2E9E8FF07:01}



そしてそれらを伝えた時に、生徒や子供からあなたは教えられる



『学ぶ』事の素晴らしさを、教える事の大切さを
{CD336B58-1E77-4D88-9D7E-62B9D7303EB0:01}




さぁ、今日は内面育成塾3回目‼️
今日はどんな学びがあるかな?
楽しんで教えて来ます‼️



パートナーシップカウンセラー
倉橋 誠司