昨日は、高2息子の部屋を

一緒に片づけ・掃除。

 

真面目に一緒にやるのは

1年半ぶりくらい。

 

 

納得いく暮らしのために
"私らしい片付け"のサポートをします

愛知県長久手市

 

ライフオーガナイザー®︎・一級建築士  あさおか まみ

 暮らsing モノコトを整え 暮らしを創る

 

 

 

 

息子の部屋に入った黒猫のココちゃんが

一部、白猫になって出てくるほど

ホコリだらけな部屋。

 

 

最近は、モニターを購入して部屋でゲーム。

部屋で飲み食いすることも増えたので

ゴミの量も半端ない。

 

夏休みの終わりだから片づけようと

約束を取り付けていた(笑)

 

 

まずは、ゴミを部屋から出すところから

 

クシャミしながら掃除する息子。

 

 

最後までやり切るために

自分への課題は以下。

 

 

一緒にやり切るための心得3か条

 

・どんなゴミが出て来ても怒ってはイケナイ。

 

・驚きは隠さなくてもOK。

 

・提案はするけど指示はしない。

 

 

オープン棚を部屋から出して

別の部屋の本棚と入れ替え。

 

要不要を分けてゴミを出す。

 

 

 

「え、なになに?

ペットボトルで工作するの?」

それくらい溜めている。

 

 

出た出た、ゴミが!

 

 

 

中学の頃の学習ものは、

思い出深いようで、とっておくと。

 

高校1年の時の学習のものは

わりとあっさり、要らないと。

 

 

ほんと、判断基準はそれぞれ。

 

 


 

 

要らないと言った、

中学時代に作った裂き織のポーチ。

 

 

縫製はイマイチですが

先入観のない、裂き布の組み合わせが

面白いのでもらいました。

 

 

大きさは、手帳サイズ。

 

 

手帳は入れないけど。

 

 

 

無頓着な息子は

(ポジティブに言うと、おおらか)

不便なことに鈍感。

 

使いにくくないかと聞いても

「うん、まあ別に」

 

もっと快適にしたいと

私の方が気になりせっせと改善。

 

 

 

風が抜けにくいカーテンが不満のようなので

息子希望のブラインドに変更予定。

 

布団カバーも汚れていたので

新しいのを選ばせようと。

 

自分の好みを選ぶことで

少し、部屋にも意識が向くといいけど。

 

 

 

お客さんは「片づけたい」という

意思があって一緒に取り組みますが

息子は、半分は渋々。

 

途中で離脱しないよう

あれこれ試行錯誤しながら

2時間ちょっとで完了。

 

 

夏休みにやりたかったことを

ギリギリで終えました。スッキリ。

 

 

 

 

「片づけやってみようかな」と思ったら

基礎知識を得てからが近道です。

↓↓

 

鉛筆講座情報

それぞれ日程から詳細HPへリンクします

 

【対面講座@愛知県長久手市・文化の家】

ライフオーガナイザー入門講座

・11月7日(日)空間の整理編

 

【オンライン開催】

ライフオーガナイザー入門講座

9月27日(月)思考の整理編

10月11日(月)空間の整理編

 

 

 

 

 

サービスの詳細はホームページへ

下矢印下矢印下矢印

メール mami1010asa@gmail.com

 

 

チェックLINE@暮らsing♪あさおかまみ

コラムや案内、更新情報など配信しています

 1on1のトークもできます。

  下矢印下矢印下矢印

 

 ID:@umr1393r(IDでの検索も可能です)

 

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ