「若乃井」さん  「磐城壽」さんの蔵見学を終え、夕方からは置賜の5蔵が集うイベントに参加させて頂きました。というよりむしろ、このイベントに合わせ蔵見学の日を設定した経緯があります。

主催は置賜の酒蔵を中心に4年前に発足された「おきたま五蔵会」。今年で2回目の開催になります。



会場は置賜郡飯豊町にある「農家レストラン エルベ」さん。
地元食材にこだわった本格イタリアンのお店だそう(^^)


定刻ちょっと前に到着。お店に入ってすぐの場所にディスプレィされたコチラのお酒を斜め見しながら  ややテンション高めに着席する私たち(笑)



会場の端で何やら打ち合わせ中の「おきたま五蔵会」の皆さま。
メンバーは「惣邑」の長沼合名会社(長井市)「日の出加茂川」の加茂川酒造(白鷹町)、「一献」の中沖酒造店(川西町) そして日中蔵に伺わせて頂いた「若乃井」さんと「磐城壽」さんです。

今年2月には同じ原料米を使って、5蔵の違いを飲み比べる純米吟醸酒「伍連者(ごれんじゃ)なるお酒も販売しています。




参考までに私が購入したもの。


「伍連者」という名前には、経歴も様々な30~50代の蔵元杜氏が、観光客の誘致や地域おこしに向けて、5蔵で連携しながら競い合って良い酒を造ろうという思いが込めてあり、今回のイベントはその取り組みの中のひとつになります。




開宴のご挨拶。


乾杯酒は中沖酒造店  羽陽一献スパークリング  。アルコール分 9.5度です。
タンクの中で二次発酵させ、濾過したもので、シャンパンに近い泡立ちと口当たり。乾杯酒にピッタリなお酒ですね。


合わせるのは前菜盛り合わせ
彩りがきれいー。



お次は飯豊産色々カボチャのポタージュ



中沖酒造店  羽陽一献 純米吟醸13と共に。
“日本酒本来の風味を持ちながら、加水なしで通常のアルコール度数(15~16度)よりも低い酒を造る”をコンセプトのもと醸されたお酒。
アルコール度は13度です。


ポルケッタ(自家製ハーブ入り 豚肉のオーブン焼き)のPIZZA
見た目よりもバジルソースがかなり効いていて 個人的にストライクゾーンの味でした。

マッチングさせたのは長沼合名会社  惣邑(そうむら)純米吟醸 羽州誉。
※画像なし



鈴木酒造長井蔵  磐城壽  山廃本醸造原酒  出羽の里
こちらには…



酒米のリゾット 確かお酒の原料米に合わせて、出羽の里を使っていたと思います。


同じテーブルに昨年も参加された方がいらっしゃり、酒米リゾットが非常に美味しかったという事前情報を伺っていたので、期待大で臨みましたが確かに美味しい!
酒米はうるち米より粘り気がないので リゾットに向いているんでしょうね。
かつ「磐城壽」の山廃本醸造原酒ともよく合います!



「惣邑」をサーブする「磐城壽」の大介さん(^^)



いとより鯛の仕込み水アクアパッツァ風



若乃井酒造  特別純米酒  冬宝に合わせて。
お馴染み「若乃井」四季ラベルの冬バージョンです。
大沼さん  せっかくのラベルが見えませんよぉ。。。

しかしながら前職でレストランのサービススタッフをやってらっしゃっただけありサーブが上手。イベント全体も仕切られており、意外な一面を発見してしまいました。



後川さんも盛り上がっちゃってます。いい笑顔 (^^)



賀茂川酒造  純米吟醸 生酛七転八起
もともとは生酛造りを行っていた蔵ですが、先代杜氏が急逝された事もあり速醸造りに。しかしながら今年の造りでついに生酛を復活させたとの事。

銘柄には“8年ぶりの生酛”という旨を込めたそうです。



ローストポーク飯豊産ハニーマスタードソースと一緒に。




終盤はサックス演奏を聴きながら……。良い雰囲気(^^)



デザートは若乃井酒造吟醸酒粕アイスとフルーツ盛り合わせ



お酒はもちろん ひとつひとつのお料理も美味しく、大満足でした!
少し照れながらサーブする各蔵元(「若乃井」の大沼さん以外)の皆さんも微笑ましかったですね。
蔵見学からイタリアンとのマリアージュまで、 濃密な一日をありがとうございました!

……そして 今回の山形・置賜への旅で、実はひとつだけ不可解な事がありました。

それは……

蔵見学を終え、一旦 ホテルにチェックイン。
駐車場に車を入れようと、バックしながら後方を見ると…………










ホテル側のジョークかとも思ったのですが、台数分全てにきっちりとこのプレートが掲げてあるのですよ。至って真面目に。
本来はメインの第一駐車場(そちらは舗装)が表にあり、私は間違って第二駐車場に止めてしまったのですが、その辺も関係しているんでしょうかね。。。
第一駐車場は車用   第二駐車場は馬用???
イヤイヤ それにしても今の時代“馬専用の駐車場”って……。
馬主さんが集う場所が近隣にあるとか…?
馬術競技が盛んに行われている土地柄とか…??
ホテルの方にもとうとう聞けずじまいで………今頃になって 非常にモヤモヤしている今日この頃なのでした(苦笑)


===関連リンク
いいで いい酒 ー山形県飯豊町「若乃井」蔵見学ー
山形県長井市で再起した“海の男酒” -「磐城壽」蔵見学ー