★快晴の芝浦サイドへ | 私の好きな旅行・ウォーキングとミステリ

私の好きな旅行・ウォーキングとミステリ

気ままな旅行、てくてくウォーキング、一転して本格ミステリ。


テーマ:

快晴の芝浦サイドへ

 

 

NEC本社ビルは江戸時代に薩摩藩の屋敷
があったところです。

 

慶応4年、勝海舟と西郷隆盛が江戸無血
開城を取り決めた薩摩藩蔵屋敷のあった
場所に、この石碑が建っています。

 

江戸時代、薩摩藩御用達の造り酒屋だった
若松屋は、現在東京港醸造と名前を変えて
清酒造りを続けています。
ここで、酒かすをひとつかみいただきまし
た。

 

そのあと、東に歩いて運河に出ました。

 

さらに東京税関の近くまでくると、対岸に
豊洲の風景がよく見えます。

 

昨年はレインボーブリッジを歩いて渡りま
したが、今回は渡りません。

 

芝浦南ふ頭公園は、橋を下から見上げると
ころです。

 

 

芝浦は運河の街です。
いくつか橋をわたり、芝浦商店街を歩きま
す。

 

なつかしい思いはあるのですが、建物も店
も新しくなっています。
飲食店が一番大きく変わっていて、以前通っ
た店は、ついに見つけることができません
でした。

 

駅の目の前に、放送記念碑が建っています。
1925年にここから日本最初のラジオ放送の
電波が送り出されました。

 

「灯台もと暗し」で田町に来ていたころは
そんなことも、この石碑も知りませんでし
た。
そういう意味で、ウォーキングは新たな
勉強の機会を与えてくれるんだな、と思い
ます。

 

ゴールはスタートと同じJR田町駅でした。

 

 

約8.5km、2時間15分のウォーキン
グでした。

              (撮影:2018.10.2)

 

 

ほっくんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス